マッサージ屋2号店

孤狼の血のマッサージ屋2号店のレビュー・感想・評価

孤狼の血(2018年製作の映画)
4.0
昭和時代に作られまくったヤクザ映画を思わすノリな作品でしたね!
まぁヤクザ映画というより警察主体なものでしたけど。
昨今のわりとスマートになった警察映画を敢えてドロドロに戻したような作り。
そっち寄りなので見終わった後に見る側がオラオラな感じになる事はない(笑)

役所広司のイカれた刑事役ってのは『渇き。』がありましたし太鼓判モノでしたけど、松坂桃李がなかなか良かったと思います。
最初はエリートな役柄だが徐々に壊れていく様は素晴らしい。
石橋蓮司が親分役って事で最期は期待してましたけど…もう期待通りでしたね(笑)
残虐なのに笑えるというか。

バイオレンス映画の代名詞が北野映画に取って代わられた昨今に東映が意地を見せたようです。
毛色が違うし、そこは見る側の好みでしょうけどね。
個人的には何回も見たい映画ではないですけど、“滾る”映画なのは間違いないです。

【大垣コロナシネマワールド】