とまこ

孤狼の血のとまこのレビュー・感想・評価

孤狼の血(2018年製作の映画)
3.5
「仁義なき戦い」すら見たことがありません。この手の作品は意識して避けていたのですが、「彼女がその名を知らない鳥たち」が、とても心に刺さった、白石監督の新作という事で挑んできました。

マル暴のベテラン刑事、大上は地元ヤクザの尾谷組と癒着状態にあり、尾谷に敵対する加古村組を追い込むべく奔走する。そんな大上と組む事になった新人の日岡は大上の手段を選ばないやり方に疑問を感じている。しかし実は日岡も広島県警から密命を受けている。
それは大上を処分すべく、尾谷組との癒着の証拠つかむ事だった。警察の掲げる暴力団撲滅は非現実的で、暴力団どうしの抗争を避けさせる事こそ素人を守る事になる、と言う大上の言葉や、警察内部にも敵はいる事に気付く日岡は、大上に対する考えを変えていく。
目を背けたくなる暴力描写にはまいりましたが、ストーリー自体が面白く何より、役者さんたちが素晴らしくて、最後まで集中して見れました。が、ラスト、何か物足りなさを感じます。少し期待値を上げ過ぎていたかもしれませが、思うに、最後に大上が良い人になり過ぎたせいかも。大上にはもっとワルのままで逝って欲しかったかな。