柏エシディシ

孤狼の血の柏エシディシのレビュー・感想・評価

孤狼の血(2018年製作の映画)
3.0
「東映じゃけぇ、なにしてもえぇんじゃ」
と聴こえてくるようですw

仁義なき戦い。東映実録路線。この手の任侠ものが好きだった死んだ親父が観たら喜びそう。もしくは、なんだこのバッタもんは!?と怒るかのどちらかだなw
ナレーションの挿入をはじめ、あざといぐらいのオマージュに溢れまくってます(さすがに人物名表記はやらなかった。今やるとシンゴジラっぽいからかな)。
しかし、テイストは最終的に真逆にオチます。そこが評価の分かれるところか。

個人的にはガミさんの造形自体は大好きなんですが、最後まで清濁混じったどちらとも言えないところに決着させて欲しかった所。あくまで好みの問題ですが。報告書のくだりのところは上手いとは思いますけど、個人的には手品のタネ明かしの様で、そこから映画としての緊張感やスリリングさを感じなくなってしまったもので。それが残念。
(そいう意味では、「トレーニングデイ」のデンゼル・ワシントンを思いだしてみたり)

しかし、それを差し引いても、深作欣二や北野武の影響を受けた骨太なノワール映画の力作を香港や韓国から次々に生み出させるのを羨ましく思いながらも複雑に感じていた身としては、ついに!白石監督さすが!という痛快な気持ちはあります。
余計なお世話ですが興収はどうなんだろう、、。原作は続編もあるということなので、是非とも作って欲しい。

追記 ピエール瀧こと銀次さんの事務所のある建物って、広島の某単館映画館ですよね?広島に住んでいた時通ってたよなぁ。すごく懐かしくなった。広島訛りの荒っぽくも親密な響きも含めて、またすごく広島に行きたくなった。こんな血みどろの映画だけれどw