きょっぺ

孤狼の血のきょっぺのレビュー・感想・評価

孤狼の血(2018年製作の映画)
4.0
昭和が舞台だけど演出はけっこう現代っぽくてどこかチグハグさがあって、その中でも松坂桃李だけが現代人が紛れ込んだかのような違和感があった

1番まともな彼だけが異質の存在

物語が進むにつれて彼もまともではなくなり、映画の世界に溶け込んでいく
昭和の汗臭い時代に

その変化が見てておもしろかった
役者の力というよりは世界観と演出で持ってってるって感じだ
松坂桃李は好きだがまだ役者としてはあまり好きにはなれない


ってか他の役者陣がすごすぎる
なんだ役所広司ってやつは
ほんとに役者か?
同じようなことやってるだろ?笑


役所広司が死んでからの日記の添削シーンが泣けましたけどなんか今っぽいシーンで少し萎えたりもしました


あと、ヤクザ映画をアウトレイジくらいしか見たことないにわかなので組とか登場人物の名前を覚えきれなくて話しについていくのが大変だった
2回目見たらもっと楽しめそうです



熱量!!