JIN

孤狼の血のJINのレビュー・感想・評価

孤狼の血(2018年製作の映画)
4.5
冒頭からギラッててドギツいシーンから始まる。
暴対法成立前の時代。
今にも組同士の戦争がおっ始まるぞって時に、役所広司演じる破天荒な警察官の大上と、彼と組むことになった松坂桃李演じる若手の日岡がどう立ち回るか。
ただのヤクザ映画だったらといったことは杞憂に終わる。

この作品を観てると、いかにあちらのギョーカイの人達が面子にこだわり、しょーもないことで争い、命を落としたりするのか、辟易してくる。
縄張り争いをする様は動物と何ら変わりない。
対する警察も警察で国に仕えながらも性質は紙一重。
正義がどうこうとは遠い気がした。
十把一絡げにはできないのかもしれないが。
法律は万能ではないし、人間も不完全だ。
だからこそ、グレーゾーンでバランスをとる役割を担う者も必要なのかもしれない。

大上があちらのギョーカイの人間には生半可な接し方じゃ通用しないというのを承知していて、それはもうメチャクチャなやり方で立ち回る。
一方、相棒の日岡はそんな彼のやり方にドン引き、葛藤しながらも次第に惹き込まれてしまう。
その対比がまた面白い。

今までの白石和彌監督作品の中でも最高傑作になるやもしれない。
出演者の演技も誰もが素晴らしい。
特に役所広司のスゴさたるやもう。
松坂桃李も今後ますます期待できる役者になってるね。
面白かった!