睡蓮

孤狼の血の睡蓮のレビュー・感想・評価

孤狼の血(2018年製作の映画)
4.6
あー、めっちゃ面白かったーーーー!エンターテイメント!
アウトレイジも白石監督の過去作品も大好きだから楽しみにしていたけど、やっぱりバイオレンスものは大好きだわ。で、アウトレイジ好きすぎてつい比べてしまうのでそれはごめんなさい。
最初の1時間くらいはどこに焦点を当てて見るべきかわからなくて、やっぱりアウトレイジの方が全然面白い!とか思いながら観てた。でも後半はめちゃくちゃ面白くなっていって、最初と最後ではまるで印象が変わる脚本。ただの暴力団の抗争だけでなくて、その先のドラマがちゃんとあった。三度目の殺人のレビューにも書いたけど、役所さんはやっぱりとんでもなくうまい。桃李くんはどうだろうと思っていたけど、変化していく様がすごかった。大好きな石橋さん、でもアウトレイジとだいぶキャラ被ってたなぁ…端役の人たちもけっこう印象に残った。
アウトレイジはやっぱりスタイリッシュで、対するこちらの圧倒的な昭和感。でも音楽とかエンドロールとか逆にかっこよかった。
アウトレイジ完結の今、こちらのシリーズ化を期待!