いわやん

孤狼の血のいわやんのネタバレレビュー・内容・結末

孤狼の血(2018年製作の映画)
3.7

このレビューはネタバレを含みます

映画仲間が、私は絶対に見ないといけないと言われ続け、やっと鑑賞出来た作品。

普通に面白かったです。

最初のくだりで豚小屋のシーンは、「仁義」を期待させる迫力を感じたのですが、終わってみれば「仁義」と言うよりも「その男、凶暴につき」の方がテイスト感じました。

あと、平成時代劇の感じも。

広島弁のヤクザ映画で、「仁義」を意識してるのは分かるけど、「仁義」は青春群像劇の要素を持っていて、それほどヤクザ側のインパクト無いし、時代設定を江戸にしても、山田洋次監督の時代劇と相通じる感じで。

今、ヤクザ映画を作ると、どうしても語りすぎて本質を見失ってると思いました。

役所さんは、上手かったのですが、過去のヤクザ俳優と比べると器用過ぎて、回りのヤクザを活かせてなかった感が。

でも、これが平成のヤクザ映画と考えれば面白かったと思いますね。