mura

孤狼の血のmuraのレビュー・感想・評価

孤狼の血(2018年製作の映画)
4.0
衝撃。真珠を取り出すとは…笑

第三次広島抗争。昭和63年、広島県呉原市(なぜ「呉」ではまずいのか)における加古村組と尾谷組の対立。五十子組の介入もあって抗争は激化する。これら暴力団の間で暗躍する、まさに暴力団の風貌の刑事・大上。大上とコンビを組まされた広島大学出身の新人刑事・日岡はその捜査手法に疑念を抱きつつ、次第に引き込まれていく…

生きてくのに他の生き物を食うのが人間じゃないんか!…映画はその思想に貫かれるのかと思いきや、微妙に「いい話」に転じていって。そこが少し物足りないような。

なんて考えると、やっぱりゲスな話に惹かれるんだなと、僕は。いや、僕だけじゃないか。

でも、日岡が徐々にワイルドになっていくところは良かった。長回しの撮影のもと、大上とクラブで言い合うところなんてとくに。

で、反発するヤクザとヤクザの間をとり持つ大上が坂本龍馬に見えてしようがなかった。

母性のかたまりのような薬屋の女子がいいなと思ったら、阿部純子というんだ。『2つ目の窓』のあの子だったんだ。この子がいちばん印象的だった。要チェック。

時々入るナレーションがたまらない。でも、全員悪人ではないんだ。『仁義なき戦い』とも『アウトレイジ』ともちょっと違うんだなと。