ひじい

孤狼の血のひじいのレビュー・感想・評価

孤狼の血(2018年製作の映画)
5.0
“ヤクザ”刑事役所広司に振り回される新米刑事松坂桃李。

舞台はハードコア広島。
「警察じゃけぇ、何をしてもええんじゃ!」と正義不在のハードコア映画にありがちなセリフを言い放ち、役所広司は今日も戦う。

ワンシーンワンシーンがかなり作り込まれていてめちゃめちゃカッコいい。
ここぞというタイミングでくるスローモーションがシビれる!

個人的に映像のかっこよさ、脚本は「トレーニングデイ」や「新しき世界」を超えている。
バイオレンス度は「新しき世界」の方が好みだが、シンプルに戦慄するシーンが多くて楽しめた。

そしてすごく臭そう。カタギが全員臭そう。
役所広司の長髪でベタつく髪、顔テカテカの松坂桃李、脇汗のやばい脇役刑事から綺麗なお姉さんまで全員臭そう。
対してヤクザが全然臭くなさそう。
暴力団幹部、竹野内豊は凄く良い匂いがしそうだし、チンピラも丸刈りくんで清潔感がある。

どうでもええなとか思ってたけどこういう違いも物語と繋がってる匠さ。すごい。






くそどうでもいいけど「脇汗のやばい脇役」好き。言葉が。