たいてぃー

孤狼の血のたいてぃーのレビュー・感想・評価

孤狼の血(2018年製作の映画)
3.5
本作の冒頭、東映の例のマークが出て、それが消える頃にバックで動物の鳴き声が聴こえてくる。そして、豚の軍団が登場して、鳴き声の正体がそれと分かる。駿河太郎が何の役なのかわからないが、豚の糞や剪定バサミで痛め付けられる。エグい、ホントにエグすぎる。こんな調子で続けられたら、持たんわ。
でも、その後は警察がでてきて、警察VSヤクザまたはヤクザ同士の抗争って、まあよくあるネタだけど、これは面白くなるって感じていたら、そこで真珠抜きシーンの登場。おいおいおい。その他、ラスト近くのトイレでの惨殺シーンや卑猥な言葉もちょっとムリ。インパクトが強いネタじゃないと昨今の映画界では勝負できないのか?
でも主演の二人は、いいね。役所広司演じる大上が語る、綱渡り。どちらへも傾けないから、歩き続けるしかない。ズシンとくる。人生をも語っているのか。それとピエール瀧。白石監督では常連だけど、本作では右翼団体の代表役。妻役の町田マリーとのコンビがユーモラス。
もう一人、薬剤師桃子役の阿部純子。どこか頼りなさそうで、可愛らしいけど、芯は強そうって感じが、スゴく魅力的に映った。松坂桃李演じる日岡とのコンビがこれまたいい。最近の松坂桃李なら、濃厚なラブシーンが出てきそうだが、さほどでもなくて。ラストが二人のシーンで爽やかに終わるんで、濃厚にはしなかったかも。そのラストでの桃子のセリフが、ドキッとするけど、いじらしくて、お気に入り。
どうも続編の製作が決定した模様。楽しみではあるけど、エグいのは抑えておくれでないかい?