グラッデン

孤狼の血のグラッデンのレビュー・感想・評価

孤狼の血(2018年製作の映画)
4.2
警察だからのう、何してもええんじゃ。

「ヤクザ映画」のジャンルを作り上げた東映が仕掛けた王政復古の大号令。犯罪・暴力・SEXの三拍子揃った内容に喜びと困惑が交錯しながら鑑賞していました。

以前、時代劇研究家・春日太一さんの名著『あかんやつら 東映京都撮影所血風録』を拝読した時、ヤクザ映画作りに関する異様なまでの熱量が源泉にあったことが頭に残っていましたので、本作に対する東映の決意と覚悟を感じました。

実際、時代設定はともかく、今の時代によく作ったという達成感もある徹底ぶりには驚かされました。白石監督は『日本で一番悪い奴ら』で実録モノを徹底して描いていたので鑑賞するのを楽しみにしておりましたが、目を背けたくなる描写をバンバン描いてくれてよかったと思います。

また、年齢・経歴も異なる2人の刑事が奮闘するバディムービーとしての魅力も感じましたので、刑事ドラマ全盛の現代的な要素を含めて良いエッセンスだったかと思います。役所さんの凄みは言うまでもなく、青さの残る若手刑事を演じる松坂さんの変貌も非常に良かったです。白石監督作品である『彼女がその名を知らない鳥たち』の記憶も新しい松坂さんでしたが、本作もカオスの先にある漆黒の側面を映し出すポジションがハマっていたと思います。

あと、余談ですが、使い方次第で暴力度も、かわいさを表現できる広島弁の最強方言ぶりを改めて実感させられました。その意味では、阿部純子さん演じる薬剤師は非常に重要な役割を担っていたと思います(前のめりになりながら)