クレミ

孤狼の血のクレミのレビュー・感想・評価

孤狼の血(2018年製作の映画)
5.0
今年見た中では完全にNo. 1。最高すぎる、余韻が半端じゃ無い。

かつての東映ヤクザ映画を見てきた人間ではないので、パロディについては分からないのだが、この綺麗にまとまった造りが逆にエンターテイメント性を上げていて、最高の娯楽ヤクザ映画になっているように思う。

バディものとしてもかなりの完成度。
全体の展開はまあ読めてしまう部分もあるが、それを補って余るほどの演出の細やかさ、熱量、役者陣の熱演。
今の時代の邦画でもこんな熱いヤクザ映画作れるんだな。

最近激推ししている中村倫也が、ぶっ飛んだ番犬キャラでサイコー!タイプ。見た目もキャラもタイプ。
超豪華な役者陣の中でも埋もれずなんなら1番輝いていた松坂桃李。馬鹿真面目なエリート気質の青年がブツっとキレる演技がめちゃくちゃ良い。近年松坂くんはいろんな役に挑戦しているけれど、ちゃんとハマっているし、役者としての幅が出てきたなと。
そして安定の役所広司。役所広司が出てくると安心して見れるな。

泥臭いわりにヤクザ映画にしては丁寧にまとめられた作品でもあるので、万人ウケはしそう。
そこの感覚も「平成のヤクザ映画」として監督が意図的にブラッシュアップしている気もするし、そうして見てみるとかなりバランスが良く出来た作品だと思います。



余談ですが、伊吹吾郎と松坂桃李の共演は侍戦隊シンケンジャーをリアルタイムで見ていたオタクにとって涙モノでした、あの頃の松坂桃李の大根っぷりを知っているとその成長ぶりにまた泣ける…
さらに、松坂桃李と役所広司の同僚として登場するのは特捜戦隊デカレンジャーのレッド・載寧龍二。うわ〜〜!ってなる。