地球へ

孤狼の血の地球へのレビュー・感想・評価

孤狼の血(2018年製作の映画)
4.1
男たち(警察&ヤクザ)の狂気を描いたバイオレンス映画

主なプレイヤーは叩き上げの刑事と相棒(新人エリート刑事)、警察幹部、そしてヤクザとその女。
それぞれが、それぞれの正義を貫きそこに激突(抗争)が起こる。

先ずは対立するヤクザ組織の抗争が勃発。
そして抗争を止めようとする警察、ただしヤクザとの癒着があり違法行為も平気で行う叩き上げの刑事が次に激突する。
それぞれの正義(欲望)を貫いて泥沼の報復合戦へと発展していく。

叩き上げの刑事には問題があるのだろうが、いなければいないで抗争が拡大していく(正義のための矛盾でしょうか)。
そこに警察幹部の複雑なズレ(不正)も絡み、三つ巴の抗争が延々続く。
そしてヤクザの女も絡んでくる。
ヤクザも警察も、男も女も全員が「飢えた狼=孤狼」でした。

とにかくバイオレンス描画がスゴイ、最初から最後までまたまた延々と続く。

結局、それぞれの「狂気」を描いた、良く言えば「熱き男たちの生き様」を描いたバイオレンス映画でした。
それから下ネタもオンパレードで、エログロ満載でした。


最後に、新人エリート刑事の成長(狂気の覚醒)も見所です、ぜひ劇場で確かめて下さい。
これがメインかも・・・

観客は中年の男性と女性が圧倒的に多かった。
原作(小説)未読で鑑賞。