水曜日

孤狼の血の水曜日のレビュー・感想・評価

孤狼の血(2018年製作の映画)
3.5
広島の呉原東警察のベテラン丸暴刑事(大上)と新人エリート刑事(日岡)が、知力を尽くして暴力団と相対する。

前半は役所広司、後半は松阪桃李が中心となって動く。『アウトレイジ』と違い、殺されるフラグが立ちまくり、予定どおりに殺されるので安心。多分東映やくざ映画の基本を押さえてあると思われる。

役所広司は顔を浮腫ませたのか、マジで不健康な感じになっていて…型破り刑事を体現している。また松阪桃李の後半は『不能犯』でも見せた冷酷なアーモンド眼で、すべてを処断していく。

江口洋介の若頭やくざは…凄んではいるが、見てて「いや違う…」感がいっぱいで(若頭なら椎名桔平!)、竹野内豊はエンドクレジットまで出演を知らなかった。ピエール瀧は、既に安定のやくざっぷり。このあたりの俳優起用は『アウトレイジ』のほうが先行してるだけに、苦しかったのではないかと思った。※松重豊や中尾彬とか使えないし…

でも、例によって石橋蓮司さんが、“嫌味な組長”を演じてくれます。その嫌味な組長が、どんな最後を迎えるのか(ワクワク)…ええ、冒頭の残酷シークエンスが浮かびましたが、結果は違いました。