RYUYA

孤狼の血のRYUYAのレビュー・感想・評価

孤狼の血(2018年製作の映画)
4.0

脂汗とタバコが足りない日本映画界に返り咲いた東映のラフレシア。

健さんの武骨な任侠映画から、深作さんのソウルフルな仁義なきシリーズ、たけしの冷たく尖ったニューヤクザなアウトレイジ3部作...

『孤狼の血』は、深作時代にガッツリ回帰したという意味では、残念ながらヤクザ映画の新時代を築く一作にはなり得なかったが、この暗くジメジメとしたクソ映画界に1度リセットをかけるナイスな爆薬であることは間違いない。
東映のロゴのパワーがその意思表示にも見えたし。

冒頭の時事説明と燻し銀なナレーション、斜めに構えたカメラ、役者が吠える瞬間のズーム。
それらは全て『仁義』への大リスペクト(流用)だが、安川午朗の劇伴や、余計なセックスシーンの省略、葬式のシーンで終わらない感じ、江口洋介が日本刀で...の殺り方に期待を裏切られて、素晴らしかった。
全シーンに何かしらのアクションがあって、とにかく気の利いた、見た目の割にカワイイ映画でした。

そして何より、役者陣っすよねー。
みんな好きになっちゃった。

こうゆう凶暴な映画を通った役者さんがその後演じる「普通の人」が自分はすごく好きで、背中に死生や叙情を帯びるようになる、そんな変化がハッキリと目に見える気がして。

それは健さんの『鉄道員』であったり、ヤクザ映画出身ではないけれど松田優作の『それから、』であったり...
技術という服をどんどん重ね着するようにして成長する役者も否定はしないが、こうゆうエッジの効いた役は逆に、その纏われた化けの皮をバリ剥がして丸裸にさせる
効果があって、それが芯のある人間クサイ役者さんを作るんじゃないか...という自論なのですが...。

揃いも揃って、皆さんとにかく粗暴ですが、それは凶悪ではない、という辺りに懐かしさを感じさせてくれる。
とにかく役所広司はあっぱれ、カメラワークも手伝って“顔面3D俳優”ここにあり、という凄み。
松坂桃李の新たな真顔パターンや、救命病棟24時と何も変わらないのにクソかっこいいブレない男・江口洋介、久々の谷間・真木よう子、ロマンポルノ女優の雰囲気を再現してるのに朝ドラ感もある阿部純子、「おいっ!」の言い方だけで凄腕さが分かる滝藤さん、以下同文で、出演箇所の少ない役者さん含めとにかくみんな素晴らしかった。


今作は、良くも悪くも「キングスマンパターン」であったが、続編に期待。

若手俳優が出たがるシリーズになる予感がビンビンですが、窪塚洋介とか草彅剛が出たら面白そうとか思っちゃったりして。とろサーモン村田は濃厚。

ヤクザ映画じゃけぇ、誰が出てもええんじゃ。