ぺー

孤狼の血のぺーのレビュー・感想・評価

孤狼の血(2018年製作の映画)
4.0
映画は落とし所が大切である。観客はストーリーや結末を予測しながら観る。その予測通りでは観客には何も残らない。予測を良い意味で裏切る事で、観客は我を忘れその世界に引きずり込まれる。予期せぬ結末が余韻となる。

今作はその落とし所が途中見えなくなる。どこに行き着くのか分からないまま話しは進む。これはヤクザ映画であり、グロいシーンもありR15指定ではあるが、決してドンパチ映画ではない。主人公はあくまでも刑事。その刑事を演じる役所広司が何とも言えない。体重を変え、特殊メイクをすれば別人になれる。しかし彼はいつも風貌は同じ。だれが見ても役所広司なのに、役所広司に見えない。大上(主人公の名前)がそこにいる。大上にその世界に引き込まれ、我を失う自分がいる。そんな役者は多くはない。「三度目の殺人」でも同じ感覚を味わった。

今作の醍醐味が失われるのでストーリーは語れないが、様々な点がすべてつながった時一つの真実が見えてくる。こんなにも心打たれ、胸が熱くなるとは思わなかった。間違いなく今年度を代表する一作!

久しぶりのレビューであまり中身がなくてすみません。