kinishiki

孤狼の血のkinishikiのレビュー・感想・評価

孤狼の血(2018年製作の映画)
4.5
俳優の色気と、痺れるようなクールなカットと、映画的なカタルシス。面白い映画の条件みたいなものが見事に詰まってて、終始テンションあがりっぱなしだった!とにかく最高……広島弁超かっこいい…(月並み)

役所広司のすごさがもう振り切るところまで振り切ったという感じで、顔面のど渋さと、演技の鋭さの双方から見ても、今の役所広司がおそらく彼の俳優人生の中で最も輝いてる時なのではと思う。ぐらいにこの映画のクオリティを背負っている。
でもその圧倒的に存在感に対して、食らいつく松坂桃李もとても素晴らしかった。彼の演技がどんどん変わっていって、特に終盤、ある展開が分かり真実が判明してからの松坂桃李は目の色を変えたようだった。この映画で一気に松坂桃李ファンになりました…

何が悪で何が正義か、その狭間で揺れ動く日岡の葛藤と成長。最後の彼の行動は、大上の真似だけではない、彼なりの正義が見れた。
劇中あるモチーフが場面ごとにキーとなるアイテムとして出てくるんだけど、最後のあそこであれが出てくるのとかもう、テンションぶち上がり!最高!フゥーー!!

あと、しっかりした時代設定描写も良かったなあ。"昭和"って感じがして、エモかった。

良いところ挙げだしたらキリないので、今すぐ映画館観に行ってください!!