ミヤケン

孤狼の血のミヤケンのレビュー・感想・評価

孤狼の血(2018年製作の映画)
4.2
先日、ホテルの宴会場へ足を運ぶと、和太鼓が鳴り響いていた。
「やっちゃれ会・・・。」
自然と口ずさんで、映画を思い出して嬉しくなった。

映画でないとできない問題作。確かにそれはわかる。
最近の日本のドラマは生ぬるいから、それに警鐘を鳴らす良い作品にはなったと思う。
ただ、問題作というのは単に「グロい・エロい」だけではない。
そういったある種の「鋭さ」「切れ味の良さ」というものがもうひとつ欲しかったという印象。

しかし、「男たち渇望の映画」という意味では、的を得ていた。
日岡の日誌に書き込まれた大上のコメントには、男なら感涙するだろう。
アツくて、暑苦しくて、忘れられない映画となった。