フリーズ

孤狼の血のフリーズのレビュー・感想・評価

孤狼の血(2018年製作の映画)
3.5
白石監督作品ということで少し期待が高すぎたかもしれませんが、見応えある骨太のバイオレンス作品でした。一つの独特の世界観を作り上げています。しかしどうしても比較してしまうのですが、人間の怖さ、凄みでは「凶悪」、どうしようもない行き詰まり感、胸がゾワゾワする感覚では「日本で一番…」に及ばず。また主に怒鳴る時のセリフが、とても聞き取りづらくてフラストレーションがたまります。「関ヶ原」の時もそうでしたが…。
石橋蓮司は同じような役回りが多くて、ちょっとかわいそうかもしれません。