いずみたつや

孤狼の血のいずみたつやのネタバレレビュー・内容・結末

孤狼の血(2018年製作の映画)
-

このレビューはネタバレを含みます

役所広司が実は裏で…という展開はまあいいんですが、ノートに赤を入れる”泣かせ要素”はさすがにやり過ぎでは…。

ただ、ミステリー部分の推進力もあって娯楽作としてめちゃくちゃ面白かったです。

エロは控えめでしたが、笑っちゃうほど強烈な暴力描写はさすが白石和彌監督。トイレの血みどろシーンは最高ですね!お馴染みの悪趣味ギャグも炸裂してます。

北野組とは違ったヤクザの顔ぶれもワクワクしました。

ところでこの映画、僕はすごく『L.A.コンフィデンシャル』を思い出したんですよね。

警察内部の腐敗を描く点、乱暴な刑事とエリート新入りのバディ要素がある点、ある女性を絡めつつ友情を垣間見せるラストの余韻なんかも似てるなぁと思いました。