紅孔雀

孤狼の血の紅孔雀のレビュー・感想・評価

孤狼の血(2018年製作の映画)
3.9
皆さん、そして意外にも女性レビューワーさんの評価が軒並み高い、不思議なヤクザ映画。多分、現在邦画界の最高水準と言うべき、監督、撮影、そして出演者陣と揃って評価が高いのは肯けるのですが、スイマセン、私はちょっと不完全燃焼でしたぁ。役所広司の悪党ぶりが、実は「カタギを守るため」であるという理由付けが甘く、そして、後半部分もちと肩透かしを食らった感じです。
伏線の見事な回収、江口洋介・竹之内豊といったイケメン俳優の堂に入った極道ぶり、そして何よりもご贔屓・松坂桃李の危うい魅力など長所は多々あるのですが、もう一歩突き抜けてリアルな筋立てであれば、と思いました。かつての東映ヤクザ映画の実録故の迫力(と厭〜な感じ)に、フィクションが及ばなかったということでしょうか?(でも原作は日本推理作家協会賞なんか取って、それなりに評価されたんですけどねぇ)
というわけで、“豚に真珠”のオチに納得しつつも(笑)「不完全燃焼」の感は拭えないのでした。