孤狼の血の作品情報・感想・評価

孤狼の血2018年製作の映画)

上映日:2018年05月12日

製作国:

上映時間:126分

あらすじ

昭和63年、暴力団対策法成立直前の広島。所轄署に配属となった日岡秀一は、暴力団との癒着を噂される刑事・大上章吾とともに、金融会 社社員失踪事件の捜査を担当する。常軌を逸した大上の捜査に戸惑う日岡。失踪事件を発端に、対立する暴力団組同士の抗争が激化し…。

「孤狼の血」に投稿された感想・評価

今のところ今年観た映画の中でぶっちぎりの満足感。

今、喫煙者って肩身が狭いですよねー。
素晴らしいタバコ映画でしたなー。
レディプレイヤー1を見ようか、レザーフェイスを見ようか迷っていたのですが
役所広司さんは裏切らないという想いを胸に見に行って本当に満足でした!!

古いものと新しいもののミックスが、いびつながら新鮮。
バイオレンスや死体なんかもお茶を濁さず見せてくれるあたりも清々しかったなー。
もうこれで話は終わってるんですけどね、続編が見たいなー!!
なんか上手くまとまった話でもないし、見てる側は知ってることを役所広司&松坂桃李コンビがどう追い詰めていくかみたいな事がもう、グイグイでした!!
役所広司さんは勿論裏切らないのですが、松坂桃李さんも凄かったです!!
風貌や目付き一発で、涙ふく木綿のハンカチーフ下さいって思いました!!

あと、役所広司さんの真実が僕は凄く好きでした。
よくある話と言われたら、そうなんですが僕にはしっかり新しいダークヒーローに映りました!!
もう1つ好きなのはクソ親父の下品なギャグのどうしようもなさ、日常で味わってる人も居るのではないでしょうか?!
あれだけで刑務所にぶち込まれてもいいような気持ちになりました。

全然関係ないんですが、映画館は年齢層がかなり高めだったんですが、若者がマナーがないとかいうじゃないですか、僕は若者とはいいがたいですが
100万回言われてきたことだと思いますが、劇中の方々には及ばないですが、おじさんたちのマナー悪い。。。

このレビューはネタバレを含みます

ドス黒い様で底の底は真っ透明な東映産ヒロシマ風味のフィルムノワール。

豚の糞、〇〇チョンパ、ドンパチ、アレから真珠、屍蝋だの漂着だの死体遊戯、松坂桃李覚醒、決めに行った江口洋介の斎藤一っぷり、なるほど狐狼とはお前だったのかよ…と。脈々と受け継がれる狐狼の血なんだと。

決してエロには逃げず、グロも程よく、痛さは十分、そしてガミさんの人間味にホロリさせられる。この平成最終章に古き良き昭和ノスタルジーが身にしみる。

故あって原作を読み放ってそれっきりだったこの作品、映画にして大正解。

あとこの映画は、死体がリアル… 注意です…
前半はもっぱら役所広司に惚れ込んでたけど後半は桃李くんに惹きつけられた。

かっけえわ。かっこよすぎるよ役者陣。渋いイケメン俳優やヤクザ面が揃いに揃ってた。

豚が印象的。豚がこんなに脳内に残っている映画は初めて。
過激なグロさはないけど痛そう…な描写はある。足りないけど。

役所広司は「渇き。」の時のクズっぷりが救えなさ過ぎてて今回はそれを上回ってはくれなかったけど、気怠げで汚い広島弁がこんなにグッとくるのは役所広司ぐらいだと思った。

「娼年」以来の桃李くんだったけど、やっぱり演技が別格に上手い。なんであんな表情できるんだ。最高。狂気。愛してる。
日本映画を舐めていた。
去年の全員死刑を彷彿とさせる、傑作バイオレンス超大作!

開始1分いきなり豚のクソを喰わせ拷問シーンで始まり、生半可な思いで作ってません、ホンモノを見せますとガツンと宣言、もうここで一気に心を掴まれ、後はそこか息つく暇なく血の煮えたぎる濃密な120分。

バイオレンスのリアルな描写も、笑いを混ぜ込みちゃんと抜きどころを作っている一方、覚醒後の松坂桃李が圧倒的な暴力を振るうシーンなど、見ていて背筋が凍るシーンも多数。
俳優の演技の素晴らしさはもちろん、撮り方や演出全てを用いて暴力をどう描くかに対して非常に拘っているんだと感じた。

細部をとことんリアルに描くからこそ、鉄砲玉としていいように利用される末端の若者たちへの無念な気持ちが込み上げてくる。
かつての仁義なき戦いで描かれていた、上の者が下の者に責任を押し付ける組織的な構造は、この映画の中でも描かれているのと同時に、現在の日本社会全体に未だに蔓延している。
がみさんは日岡に、正義とは何か?と問う。
がみさんの行為が全て正しいとは思わないが、彼が彼自身の正義を貫き通したことは事実であろう。
そしてその意思を受け継いだ日岡刑事が今後どんなどの様に成長していくのか、続編が非常に楽しみ!!

2018-97
stne

stneの感想・評価

4.5
見終えたあと、思わず拍手をしてしまった。一人、新宿のど真ん中の劇場で。

昨今の表現規制の流れを諸共せず、ここまで警察組織、権力組織をこけおろす。なおかつ今旬の俳優陣と、そしてこの全国規模での上映。「東映の本気を見た」と随所で言われているが、映画といえば洋画の僕にとっては、日本映画の本気を見た、である。そこから出た喝采だったのだ。


ヤクザの抗争、警察の欺瞞、暴力と性、男と女。映画としてのエンターテイメント性を確立させながら、それでいて社会に浮上している問題にしっかり観客を向き合わせる。
「凶悪」「日本で一番悪い奴ら」「彼女がその名を知らない鳥たち」白石監督の作品群には総じて、エンタメとしての映画を作りながら、観客に考える幅を持たせる。本作もそれに漏れない。いや彼の作品のクオリティや規模感はどんどん向上してるように思える。

責任転嫁する大人、隠蔽気質、大義なき社会といったテーマたちは、今まさに問題になってる内閣の隠蔽問題や、本当のことを話さない日大アメフト部の大人たちと重なりをみせる。真の大人がおらず、目指すべき指標がない社会。今、この日本という国で見るべき作品だろう。

ストーリーは強烈な熱量を持って進んでいく。
役所広司演じる大上の思惑と十数年前の事件、そして犯罪同等のやり方で捜査を進める彼を監査する日岡(松坂桃李)の視点を軸に物語がズンズン前に行く。広島の夏の蒸し暑さと、暴力、エロスそして罵倒に怒号が館内を圧倒する126分だ。


警察としてあり得ないようなことをしつつ捜査を進めていく大上の、隠れた部分が明らかになった時、考えさせられる部分があった。大義などなく、正義もない中で、それでも大上が持つ一つの指標を知らされる時、そこには彼なりの生きる理由がある。インタビューで監督が「彼こそ本当のヒーロー」と言っていたのが印象的だったが、まさにそういうことだったのだ。

「男達よ 命を 焼き尽くせ」という宣伝広告のコピーを随所で目にした。今僕たちは正直なんのために生きているのか掴めてない。何に命をかけることができるのか。そんな世の中だから、自分の正義のために死すら辞さない彼らの生き様に強く惹かれてしまう。決して肯定される生き方ではないことを前提においても、だ。

劇場を出て、外を歩くといつもの新宿とはどこか違う気がした。強力な映画は時に世界の見方を変えてしまう。それこそが映画がただのエンターテイメントに収まらない理由である。
帰りの山手線で様々なことが頭を巡る。自分たちはどう生きるか。映画の熱量に押されて、その余韻は数日続く。
佐藤

佐藤の感想・評価

-
大上さんはみんなに愛され、日記に添削までしてくれるいい人だっていうのを説明するには長すぎるよ。
東映実録志向でやってるわりには湿っぽいし、こんなもんアウトレイジ以降に撮っちゃダメ。
雨宿りする男女を切り返しで撮ることが冒涜的だとかそんなことは置いといて話自体がつまらない。
めぐ

めぐの感想・評価

4.5
生まれ変わったら役者さんになりたいと思った!ぞくぞくした!
途中で、あれ?娼年観に来たんだっけ?ってなりましたけども
茅

茅の感想・評価

-
エンターテイメントとして2時間超、飽きなかった。
題材も、色々と考えさせられる。
是枝監督が言ってた「大人になるとは、社会が不完全で、かつ、自分が不完全であることを知ること」的なことを思い出した。
カオ

カオの感想・評価

-

レイトショーにて鑑賞。
東映久しぶりの極道に、役所広司江口洋介滝藤賢一真木よう子に加えて、中村倫也音尾琢真駿河太郎などの新興勢力も豪華。

話は県警と極道の相関図がややこしくて、詳細をまとめたくなるけど見ながら何となくは理解できた。

極道らしく、血生臭い描写にすごくこだわっていることがわかる反面、松坂桃李の美人局役で出てきた女の子がたまにアテレコ風になっていたのは謎

血生臭い作品はそれはそれで良いけれど、この作品は要所要所で緊張する糸をいきなりバサリと切る"お笑いポイント"が散りばめられていた感覚があって、それがまた余計この物語に入り込む要素にもなっていました。

日本映画はこういう路線を目指したほうがいいとレビューで多く見ましたが、やっぱり松田優作や石原裕次郎とかあの時代を実際に生きていない人たちが演じる作品の限界はいつか来ると思う。
だったらいっそ、極道でも血生臭い昭和のヤクザじゃなくてカタギに紛れて全く区別がつかない今のインテリヤクザの怖さを不気味に描く映画があってもいいかなと。
地球へ

地球への感想・評価

4.1
男たち(警察&ヤクザ)の狂気を描いたバイオレンス映画

主なプレイヤーは叩き上げの刑事と相棒(新人エリート刑事)、警察幹部、そしてヤクザとその女。
それぞれが、それぞれの正義を貫きそこに激突(抗争)が起こる。

先ずは対立するヤクザ組織の抗争が勃発。
そして抗争を止めようとする警察、ただしヤクザとの癒着があり違法行為も平気で行う叩き上げの刑事が次に激突する。
それぞれの正義(欲望)を貫いて泥沼の報復合戦へと発展していく。

叩き上げの刑事には問題があるのだろうが、いなければいないで抗争が拡大していく(正義のための矛盾でしょうか)。
そこに警察幹部の複雑なズレ(不正)も絡み、三つ巴の抗争が延々続く。
そしてヤクザの女も絡んでくる。
ヤクザも警察も、男も女も全員が「飢えた狼=孤狼」でした。

とにかくバイオレンス描画がスゴイ、最初から最後までまたまた延々と続く。

結局、それぞれの「狂気」を描いた、良く言えば「熱き男たちの生き様」を描いたバイオレンス映画でした。
それから下ネタもオンパレードで、エログロ満載でした。


最後に、新人エリート刑事の成長(狂気の覚醒)も見所です、ぜひ劇場で確かめて下さい。
これがメインかも・・・

観客は中年の男性と女性が圧倒的に多かった。
>|