孤狼の血の作品情報・感想・評価

孤狼の血2018年製作の映画)

上映日:2018年05月12日

製作国:

上映時間:126分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「孤狼の血」に投稿された感想・評価

今のところ今年観た映画の中でぶっちぎりの満足感。

今、喫煙者って肩身が狭いですよねー。
素晴らしいタバコ映画でしたなー。
レディプレイヤー1を見ようか、レザーフェイスを見ようか迷っていたのですが
役所広司さんは裏切らないという想いを胸に見に行って本当に満足でした!!

古いものと新しいもののミックスが、いびつながら新鮮。
バイオレンスや死体なんかもお茶を濁さず見せてくれるあたりも清々しかったなー。
もうこれで話は終わってるんですけどね、続編が見たいなー!!
なんか上手くまとまった話でもないし、見てる側は知ってることを役所広司&松坂桃李コンビがどう追い詰めていくかみたいな事がもう、グイグイでした!!
役所広司さんは勿論裏切らないのですが、松坂桃李さんも凄かったです!!
風貌や目付き一発で、涙ふく木綿のハンカチーフ下さいって思いました!!

あと、役所広司さんの真実が僕は凄く好きでした。
よくある話と言われたら、そうなんですが僕にはしっかり新しいダークヒーローに映りました!!
もう1つ好きなのはクソ親父の下品なギャグのどうしようもなさ、日常で味わってる人も居るのではないでしょうか?!
あれだけで刑務所にぶち込まれてもいいような気持ちになりました。

全然関係ないんですが、映画館は年齢層がかなり高めだったんですが、若者がマナーがないとかいうじゃないですか、僕は若者とはいいがたいですが
100万回言われてきたことだと思いますが、劇中の方々には及ばないですが、おじさんたちのマナー悪い。。。
ジェイ

ジェイの感想・評価

3.4
役所広司のイカツイ顔が本作の暴力性を見た目だけで引き立てている。アウトレイジへの回答とかいう謳い文句があったが、暴力性の酷さは均一してたものの、腐った警察社会の中で保身云々の話を落としどころにしたのは如何なものか。
警察の正義という物の捉え方において、役所は「調教して、戦争を起こさない」という意見なのに対し、部下は「人権を尊守して、正しい捜査をする」という対立関係を築いている。
その部下が物語が進むに連れて、役所へと近づいていく成長物語はどことなくセブンの対人関係と惹かれるものがある。
温八

温八の感想・評価

3.5
役所広司、松坂桃李、80年代後半感、良い。ヒリヒリするバイオレンス。元気が無い時は見れない。
あ

あの感想・評価

3.9
冒頭から豚の糞ぱくり、小指ちょっきん、もうこれだからヤクザ映画は最高、テンションぶち上がる。広島弁もよい、わたしも広島弁で恫喝されたい。
太陽に照らされた額の汗が、血が、眼が、ギラリと光る、たまらんね、わたしのバイオレンス欲はかなり満たされた。
石橋蓮司はアウトレイジでの歯医者ウィ〜ンも素晴らしかったけど今回も素晴らしい死にっぷり、天晴れ。
アメスピもしくはラッキーストライク推しだけど役所広司はたしかにハイライトっぽい、しらんけど。
birdy

birdyの感想・評価

3.9
「彼女がその名を…」を観た時
、白石監督はすごく得意なモチーフと苦手なモチーフがあるような気がしたのですが、今作は得意な方だけでできています
裏社会と警察を描く激しく面白い作品という枠からさらに一歩先の何かに手が届いています
こんな日本映画をもっと観たい!
ですね
具視

具視の感想・評価

3.9
レンタルにて。
何で映画館に観に行かなかったんだろうってくらい面白かった。
泣けたし、観てるの辛くなってしまう事も…

日岡で続編やるなら観たい。
まえ

まえの感想・評価

3.9
ハイライト吸ってる役所広司がかっこよすぎる。

破天荒な刑事とエリート刑事のバディものってたくさんあるけど、完全に『仁義なき戦い』を意識した古風な撮り方は面白いし、ヤクザと警察のピリピリした空気感が広島弁と相まってひしひしと感じることができた。

汚いくて痛い描写だらけだけど、必要だからこそそういう描写があるのであって、集客のために全年齢対象にして生温い表現する作品とは完全に一線を画す映画になってると思う。

だからこそ続編は作らなくてもいい気がするけどなぁ…
みわ

みわの感想・評価

-
2019-016

白石監督好き。期待通り。
日アカ取って欲しいな。

松坂桃李さんはこの役、ベストアクトなのでは。
滝藤さんの小物感もハマってた。
お見事。また観たい。
白石作品って、こういうバイオレンス見たいでしょー感があって少し鼻じらむ所がある。
それが作家性だし、そこが良いんじゃんって人もいるのも分かるからそれは好みの問題。
自分もここは好きだけど、これはダサいなって所が半々な感じ。

役所広司と松坂桃李ってそれまで染み付いてしまっていたキャラ(殻)を破ろうと
新しい役柄にチャレンジしている新旧の役者な気がする。
それが役者としても、作品の役としても先輩から後輩へ「継承」されているように見えてそこはもえる。

阿部純子さんって初めて見た役者さんだけどとても素敵だった。
アウトローだけど筋の通った役所広司。あと、桃李くんの変容が見応えあった。おススメです。
>|