孤狼の血の作品情報・感想・評価

孤狼の血2018年製作の映画)

上映日:2018年05月12日

製作国:

上映時間:126分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「孤狼の血」に投稿された感想・評価

全てがカッコよかった。
とてつもない恐怖とグロから始まるこの映画のやり方。間違いなく、この映画の遥か先に存在した『仁義なき戦い』、もっと言えば「今の日本映画は攻めないし、つまらない」という絶望に対して、冒頭で、喧嘩を売ったんだと思うんです。それは観客に対してもそうで、「この映画を見る覚悟はあるのか?」と問われているような。本気で作って日本映画界に本気の喧嘩を売って来るのがまずカッコよくて、グッと掴まれました。
でもって、ヤクザ映画でありながら、警察映画の要素が入ってるだけでもまあお腹いっぱいなのに、そこに、バディの要素を入れて来るの見応えがありすぎます。
となると、キャストを讃えずにはいられない。役所広司と松坂桃李。大上(これ、狼とかかってたんですね)と日岡。この日岡というキャラクターがいることがこの映画を一番共感、最後の感動に導いてくれるんですよね。もう、2018年は松坂桃李イヤーですよ。『娼年』のレビューにも書いてたんですけど、『孤狼の血』で確信に変わりました。
個人的に松坂桃李はちょっと狂い始めてからがたまらなく好きです。
で、観客と同じ目線(ヤクザを知らないところ)に日岡がいるので、日岡に共感しながらこの映画を観ていくと、大上がどんどんどんどんよく分からない人になっていく。でも、どんどん立体的に膨らむ。役所広司にしか出来ない。
あと、中村倫也が、カッコ良すぎ。えげつない。オープニングのあれ、彼だったんですね。
ところどころ陸王っぽいキャスティングもありつつ、真木よう子の存在感もたまらなかった。真木よう子カムバックがなんだかんだで嬉しかったり。江口洋介が「もりたか」と呼ばれてるのに少し反応してみたり。とことん表情がカッコよくて。ただ、竹野内豊もうちょいみたかったかな。

大上と日岡のバディ映画だから、孤狼の「血」なんだな。
血は自分の中で流れるだけじゃなくて、次につなぐためのものでもあるから。
大上の守ろうとしたものが分かった途端に、一気にこの映画が鮮やかになって、そして、悲しくなった。

とんでもないすごい映画でした。
さや

さやの感想・評価

4.0
Japanese Film Festival にて

グロいシーンで何回か目を覆ってしまったけどそこを加味してもなお観てよかったと思えた。こわい、だけで終わらんのはストーリーと役者さんのうまさの両方のおかげやろうなあ。いいレビューを読んでかなり高まってた期待を裏切らずふっつーに越えてこられた。

世界でいちばん悪い奴ら、彼女がその名を知らない鳥たちの監督さんやったんや、今知ったけど即ファンになりました次のも観ますって感じ

日本にいたら怖そうやしわざわざ映画館で観るほどではないか、ってなってたと思うからこっちでも上映してくれてよかった
ちょっと懐かしくてカッコ良かった!
新米刑事の成長と顔つきが変わる瞬間が素晴らしかったです。
昭和の香りムンムン。今まで全く興味の無かった松坂桃李の演技が素晴らしくて驚いた。役所広司は言わずもがな。あの書き込みは本当、愛しいわぁ。
他の役者さん達も総じて良かったので、ただ一つ江口洋介の声だけが残念…ルックスはカッコいいんだけど…今回の役だともうちょい声に深みがあったらなぁ。
HORI

HORIの感想・評価

4.7
たぶん今年ベスト1なんじゃないかな。

東映実録映画を新文芸坐で観まくっていた大学時代を思い出した。

とにかく熱量がすごいし、映画の持つ空気感が一貫していた。

白石和彌、恐るべし。
5月に映画館で鑑賞。
素晴らしい。
白石和彌って監督の作品、今までのはちょっと鑑賞後感が悪すぎて嫌だったけど、これはサイコーだった。
ちょっと豚がかわいそうだった。
松坂桃李くんの演技力が素晴らしい!
他のキャストも豪華で見応えがありました。
201809新文芸坐
「県警対組織暴力」と二本立てで観てしまったから、近年の邦画の衰退ぶりを見せつけられただけの作品となってしまった…
TuCasa

TuCasaの感想・評価

5.0
役所さん、青い松坂君、ストーリー、とにかく素晴らしかった❗広島の80年代、匂いたつような暑さ、役者さんの演技、広島弁、全てが面白かった。続編があるようなので是非見たい
>|