孤狼の血の作品情報・感想・評価

孤狼の血2018年製作の映画)

上映日:2018年05月12日

製作国:

上映時間:126分

ジャンル:

4.0

あらすじ

昭和63年、暴力団対策法成立直前の広島。所轄署に配属となった日岡秀一は、暴力団との癒着を噂される刑事・大上章吾とともに、金融会 社社員失踪事件の捜査を担当する。常軌を逸した大上の捜査に戸惑う日岡。失踪事件を発端に、対立する暴力団組同士の抗争が激化し…。

「孤狼の血」に投稿された感想・評価

全てがカッコよかった。
とてつもない恐怖とグロから始まるこの映画のやり方。間違いなく、この映画の遥か先に存在した『仁義なき戦い』、もっと言えば「今の日本映画は攻めないし、つまらない」という絶望に対して、冒頭で、喧嘩を売ったんだと思うんです。それは観客に対してもそうで、「この映画を見る覚悟はあるのか?」と問われているような。本気で作って日本映画界に本気の喧嘩を売って来るのがまずカッコよくて、グッと掴まれました。
でもって、ヤクザ映画でありながら、警察映画の要素が入ってるだけでもまあお腹いっぱいなのに、そこに、バディの要素を入れて来るの見応えがありすぎます。
となると、キャストを讃えずにはいられない。役所広司と松坂桃李。大上(これ、狼とかかってたんですね)と日岡。この日岡というキャラクターがいることがこの映画を一番共感、最後の感動に導いてくれるんですよね。もう、2018年は松坂桃李イヤーですよ。『娼年』のレビューにも書いてたんですけど、『孤狼の血』で確信に変わりました。
個人的に松坂桃李はちょっと狂い始めてからがたまらなく好きです。
で、観客と同じ目線(ヤクザを知らないところ)に日岡がいるので、日岡に共感しながらこの映画を観ていくと、大上がどんどんどんどんよく分からない人になっていく。でも、どんどん立体的に膨らむ。役所広司にしか出来ない。
あと、中村倫也が、カッコ良すぎ。えげつない。オープニングのあれ、彼だったんですね。
ところどころ陸王っぽいキャスティングもありつつ、真木よう子の存在感もたまらなかった。真木よう子カムバックがなんだかんだで嬉しかったり。江口洋介が「もりたか」と呼ばれてるのに少し反応してみたり。とことん表情がカッコよくて。ただ、竹野内豊もうちょいみたかったかな。

大上と日岡のバディ映画だから、孤狼の「血」なんだな。
血は自分の中で流れるだけじゃなくて、次につなぐためのものでもあるから。
大上の守ろうとしたものが分かった途端に、一気にこの映画が鮮やかになって、そして、悲しくなった。

とんでもないすごい映画でした。
劇場鑑賞!

サボった採点!
na

naの感想・評価

2.5
いやあ、観る前からわかってたけどエグかったあ、、、想像を遥かに超えてきたエグさだった。。怖かったあ。。松坂桃李くんとかああいう役やって精神的におかしくなったりしないのかな、、なんか心配になった。。広島弁?はちょっとかわいかったけど平和が1番じゃけえ。。。最後の最後に田中トモロヲさん見つけた!田中さんみるとどうしてもGANTZ思い出しちゃうの。あのときの印象が強すぎて。ヤクザものだからアレだけど、やっぱすぐ頭に血がのぼる人苦手。というか怒ったり喧嘩したりする人とは一緒にいられないよなあ。。殴って何になるの?って思っちゃう、殴った方も殴られた方も痛いやん。。ってね?
原作がすこぶる面白かったので映画化が決まってから一番公開を楽しみに待ってた作品かもしれません。 その甲斐あってか、期待通りで今のところ今年のNo.1。 気付いたら涙が出てた。 原作に無い所も違和感無く作品に溶け込んでたと思います。 朝ドラから注目してた阿部純子さんが更に良くなっていました。是非、次作の「凶犬の眼」も映画化して欲しい。
あおい

あおいの感想・評価

4.0
面白くて、テンポも早くて、広島弁がカッコよくて、暴力苦手でも仁義なき戦い観たことなくても、怒涛の2時間であっという間!

凄いオールスターキャストで、あの人もこの人も出てます。朝ドラのスーパー大納言の店長が、加古村組の組長でした^^;
特に役所さんは物凄く楽しそうに振り切って演じてて、観てる方も楽しくなる!

最初の5分の鶴瓶の息子さんのシーンは、目を覆ってたのは、内緒^^;

暴力団の抗争に警察の内部偵察が入る三つ巴の内容。松坂君の目線で話が進むので、この手の話の初心者でも付いていけます。

真珠のくだりは、最高です。
Kodama

Kodamaの感想・評価

4.6
オープニングの豚の・・・。
すげぇ映画だったな〜。

アウトレイジよりこっち派。

役所広司、松坂桃李、真木よう子、江口洋介、石橋蓮司、ピエール瀧・・・みんな上手くてお腹いっぱいっす。 竹野内豊はちょっと小物感が・・(笑)

「ガミさ〜ん、やっぱりそうなるって〜」って思ったけど、
そんな生き方しかできない男の生き様を、役所広司が物の見事に演じ切ってくれてます。

松坂桃李もやっぱり上手いな〜。
わぎ

わぎの感想・評価

-
当時見忘れてたのだけれど大当たりだった。役所広司はもちろんのこと松坂桃李が本当に凄い。あと中村倫也も印象に残った。
総じて迫力が出てたし全く退屈しなかった。
竹野内豊だけハマってない感じ。
薬屋のねーちゃん好き。
もず

もずの感想・評価

3.8
昭和の広島の雰囲気が印象的
フォロワーさん平均値4.1。

あれ?乗れない。
なんでだ⁈
キャスティングにワクワクしない。
桃李パートは良い。
あ、死んだ。
桃李覚醒。
あ、終わった。

オンタイムでスクリーンで観てない時点で分が悪かった。

〜〜〜

東映実録ヤクザ映画を云々語るのは無粋なんでよしておきます。

ピエール瀧にしろ、石橋蓮司にしろ、既視感しかないキャスティングは絶対NGだと思う。
抜群の集客力があるんならともかく…
アウトレイジ一作目二作目は、意外性と適材適所がドライブ感を産んでいた。
続編やるんなら、仁義よろしく役所広司を全く違う役どころで出しちゃっても面白いと思う。
本作は役所広司と桃李の対峙が全てだから。

皆さんの"私のキャスティング"アイディアをうかがってみたいですね〜

私見を思いつくまま、
腹黒大物枠で唐沢寿明、
クレイジーキャラ枠で松ケン、
お笑いの人怖い枠で東京03豊本(メガネなし)
脱げる枠で伊藤沙莉、
シャブ漬け枠で岸井ゆきの、
素人考えです(^^;;
kocharo

kocharoの感想・評価

4.5
グロいしイタいしエロいし。
広島が舞台のヤクザ映画。
ヤクザ映画ってくくっていいのか分からないけど、とりあえずめっちゃ怖い。
役所広司、本当怖い。

役所広司の圧倒的なボス感。
負けず劣らずな迫力の松坂桃李。

いやー いい映画観たな。
松坂桃李って可愛い顔してるのにあんな役も出来るんだなぁ、と感動。
>|