孤狼の血の作品情報・感想・評価

孤狼の血2018年製作の映画)

上映日:2018年05月12日

製作国:

上映時間:126分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「孤狼の血」に投稿された感想・評価

ビックリ!ドッキリ!ク...な面白さ!

劇場内、角刈りリーゼント率高くないすかねぇ...。
カツマ

カツマの感想・評価

4.2
渡るも地獄、渡らぬも地獄、その綱渡りの先に待っているのは飛び降りるしかない断崖絶壁。修羅を食らわば、また生まれるのは新しき修羅。それは死のスパイラル渦巻く闇の戦争。正義など元々存在していなかった世界にあって、自分なりの正義に近い何かを追い求め続けた、ある孤高の男の物語。

柚月裕子の原作小説を、『凶悪』など人間の負の側面を強調したような名作を生み出してきた白石和彌が映画化。豪華キャストによる任侠映画を越えた容赦なきバイオレンスムービーがここに登場。命を賭けた綱渡り、終わることない仁義なきサーカスの幕が上がる。

〜あらすじ〜

ときは昭和63年。舞台は暴力団対策法成立以前の広島。
呉原金融の経理担当、上早稲次郎が忽然と姿を消した。足取りを追う呉原東署の暴力団係の山上は、配属されたばかりの新米刑事の日岡を伴って近隣の暴力団への聞き込みを開始する。山上は懇意にしている尾高組に接触、日岡はその場で山上が賄賂を受け取る現場を目撃する。
そう、山上の捜査は違法も厭わない強引なもので、広島大学出のエリート、日岡にとっては衝撃の連続だった。
そんな中、尾高組の若手が加古村組の幹部に射殺される事件が勃発。このままでは尾高組と加古村組の衝突は避けられない。全面戦争を回避するために、山上は強引な手口で加古村組の急所を探ろうとするのだが・・。

〜見どころと感想〜

まずはもちろん破天荒な刑事山上を演じた役所広司のインパクトが凄まじい。今年も日本アカデミー賞の主演男優賞にノミネートしているが、受賞しても全く不思議ではないレベルの熱演だ。脇を固める真木よう子、ピエール瀧など、ズラリと揃った壮観な顔ぶれの中で頑張る若手松坂桃李の演技面での成長にも感動させられた。

極道映画のようだが、裏には過去の殺人事件探しの要素もあってサスペンス色も強い。そのため、アクションだけに偏らない重厚なドラマ性がこの作品をより大衆的なものへとビルドアップさせている。
とはいえ、やってることはヤクザ同士の抗争なので、完全R指定のバイオレンスな拷問シーンなどはかなり強烈。明日なき闘争の果てにある本当の優しさとは何か。猛り狂う孤狼の血が、その答えを我々の前に提示する・・。

〜あとがき〜

今年も日本アカデミー賞のノミネーションが発表されましたが、この『孤狼の血』も堂々12部門にノミネートしています!
今年は『万引き家族』『カメラを止めるな!』など強力な作品が多いですが、この作品も本命の一角に上がっているはず。最優秀賞の発表は例年通り3月なので、今年も華やかな祭典を楽しみに待ちたいと思っています。
いやー渋すぎる。
本間ええ時代やなー。
邦画でこんなにビール飲みたなる作品は初めてや。
キャストが豪華すぎて役所広司はもちろん、個人的には中村倫也が良かったな。

髭生やしてハイライト最高やんけ。
badvibes

badvibesの感想・評価

4.3
渇きしかり役所広司にイカレたおっさん役やらせるとマジでカッコいい
なのこ

なのこの感想・評価

4.0
江口洋介に日本刀持たせると狂気の桜思い出すね…hi-liteが泣ける…
も

もの感想・評価

4.6
観に行ったら周りおっさんしかいなかった
私もおっさんたちもめちゃめちゃ泣いてた
Mi

Miの感想・評価

3.5
びっくりどっきり🌰と🐿じゃ!
mal

malの感想・評価

3.0
私は『仁義なき戦い』のようなやくざ映画が好きで、なおかつ白石監督が撮ったということですので、これは見るしかない!原作は読んでおります。


広島の架空の町・呉原を舞台に、二つの組の抗争を止めるために活動する型破りな刑事大上と、大上のやり方に疑問を持ちながらもバディを組む日岡が軸に描かれる。


ストーリーは原作と同じですが登場人物の雰囲気や設定は大きく変わっているという印象を受け、換骨奪胎されています。特に大きく変わっているところは、大上とヤクザの関係性。原作では友情を感じさせる部分もあったのですが、この映画版ではそれは大きく改変されており、結末にも重大な影響を及ぼしています。

何よりも特徴的なのは、えぐいシーンが多いことで、さすが白石監督振り切ったことをするなぁと感じました。オープニングからして豚の糞を人の口に詰める作業から始まっています。主要人物の水死体ですらきちんとカメラに収めるという酷い丁寧な仕様!クライマックスの壮絶さは、韓国映画の『アシュラ』を思い出しました


プライベートではあまりお知り合いにはなりたくないなぁという登場人物で占められており、強いていえば「びっくり、どっきり、クリ〇〇ス」という酷いギャグをおもちな五十子会長かなぁ、親近感湧くの…。 (笑)ひどい人物ばかりで構成されている映画ということで、「全員、悪人」の『アウトレイジ』に通じるところも。


話のテンポの良さ、合間合間に挟まれる過激なシーン、こういったのには満足なのですが、キャラクター造形が弱いと感じました。正直、誰も彼もがテンプレ的。また、物語終盤、日岡が大きな決心をするところがまさに「孤狼の血」という題名たる所以なのですが、どうも描かれ方が弱い!映画を見ていて日岡の心変わりがどうも唐突な気がしました。というのも、大上がなぜ日岡を信頼し、日岡はなぜ大上を尊敬するようになるのかが分かりにくいからでした。むやみやたらに原作と映画版を比較するのはためらわれますが、原作ではさすがにそこは丁寧に描かれておりました。


蛇足ですが、江口洋介さんが劇中「もりたか」、「もりたか」と言われてるところにちょっとニヤニヤしてしまう自分でした。(江口さんが演じる役の名前が「一ノ瀬守隆」)
みかん

みかんの感想・評価

2.8
松坂桃李君、断トツでカッコ良いわー!!
>|