孤狼の血の作品情報・感想・評価

孤狼の血2018年製作の映画)

上映日:2018年05月12日

製作国:

上映時間:126分

あらすじ

昭和63年、暴力団対策法成立直前の広島。所轄署に配属となった日岡秀一は、暴力団との癒着を噂される刑事・大上章吾とともに、金融会 社社員失踪事件の捜査を担当する。常軌を逸した大上の捜査に戸惑う日岡。失踪事件を発端に、対立する暴力団組同士の抗争が激化し…。

「孤狼の血」に投稿された感想・評価

作品自体は安定の白石監督なので楽しませてもらいましたが、このジャンルの作品を劇場で観ると、決まって映画館に慣れていない老人たちに、意味不明のモラルを突きつけられて不快な思いをして帰ります。(ちなみに今回は上映前のライトも消えて居ない時間帯にスマホ閉じろこの野郎!と怒鳴られました…。)本当に迷惑で仕方ない。なので年齢層が高そうだと予想される作品は深夜枠か動画配信で観るかして防御策をとろうと思います。それはさておき作品はまさかの主役がアレで面白かったのと、江口洋介さんの格好良さが異常!いつのまにあんなに色っぽい男になったのでしょう。あぁ、びっくり。松阪桃李さんもこういった役どころは安心して観ていられます。役所広司さん相手に堂々たるものでした。にしても東映がヤクザ映画の本尊です!と主張したいがために作った感は否めなく、いったい誰を抑圧するためなのかとか、余計なことを考えてしまいますね。
まさお

まさおの感想・評価

3.8
媚びない演出!
mkszk

mkszkの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

とんでもないものを目撃してしまった。
エンドロールを「全部やくざか暴力団に見えるなあ」なんて眺めながら、ただただ呆然とした。
そのあとどうやって帰ったのかよく覚えていないし、観終わってから締めて2時間ほど途方に暮れていた気がする。
大上をはじめ、いい男たちが揃い踏み。むせかえるくらい暑苦しいけど、これは劇場で見なきゃいけない。
勿論原作とは違うストーリー展開だが、圧巻。間違いなく傑作です。
matsuitter

matsuitterの感想・評価

4.8
警察対ヤクザというやり尽くされた設定にも関わらず非常に練られた脚本、そこに昭和ヤクザ映画の画作りとBGMがこの上なくハマっており、東宝がシンゴジラで達成した遺産オマージュを東映がその十八番でやり切った。演技も全員がベストアクト。白石監督は新たな金字塔を打ち立てた。傑作。

以下ネタバレ。

好きなポイントは昭和ヤクザ映画オマージュ、脚本、そして役者陣の存在感の3点。

まず第1に、画面の色遣い+BGM+ナレーションであえて昭和のヤクザ映画感を演出する手法は完璧に大成功している。昭和63年の設定だからそりゃそう寄せるだろって言う以上に、日本の往年の東映ヤクザ映画へのセルフオマージュを感じずにはいられないこの空気感。東南アジアの映画かよっていうぐらいのドギツイ配色と夜の暗さが際立つ画作りと、他ではなかなか聴けない絶妙にレトロなテーマ曲がその時代性を非常に効果的に再現していた。

2点目、昭和ヤクザオマージュの上で、警察をメインに添えた原作アリの脚本が既存ヤクザ映画との差別化をしっかりと印象づけている。実態としてヤクザは決して主にならずあくまで主人公は刑事2人である。

そして失踪事件の謎を追う刑事バディものの体をなしておきながら、それ以上に松坂桃李が役所さんの謎を追うという伏線が実質的な本筋で、そこで桃李くんの葛藤と成長を描くというのが主題となっている。

今回松坂桃李はある種の狂言回しも兼ねており、いきなりぶっこまれた状況を充分理解できず動揺しながら本筋に食らいついていく(観ていた私は悪い意味でキャラの名前がわかりづらく誰が誰だか理解がけっこう大変だったけど)。ある意味前半の桃李君は我々観客と同じで枠を外から見続けるしかない状況、映画を観る行為自体と同じ状況に置かれている。

さらに言えば、彼は観客と同じ目線で役所さんがかき回す場を客観的に観つつも、最終的に実質主役へ成長しクライマックスを〆る。これが観客の心理と完全一致しており、本作の最高の妙技であった。

白石監督は視点スイッチがとてもうまい。前半に主人公はこういうキャラだろうっていうのを充分印象づけたあとに、うまくその思い込みを切り返して映画的な魔法を炸裂させる。まさに今回は役所さんの得体の知れない強さとそのギリギリ感。桃李くんはドン引きしつつも彼を微妙に裏切れない、ここが映画の後半でどうスイッチするかが面白さの根幹になっていた。警察とヤクザの戦いだけでは新しいインパクトとしては不十分で、役所さんの正体を理解したあとの桃李くんの成長を描いたからこその2018年のヤクザ映画と言えるのではないだろうか。

3点目、演技面だが、正直役者は全員がベストアクトに相応する存在感が素晴らしい。役所さんは「渇き」のような屈強でぶっきらぼうな役どころにものすごい惹かれたし、江口洋介のヤクザ演技は激レアだし、真木よう子のママさんぶりもハマっていた。「かの鳥」に出た竹野内豊のチョイ役とか常連の瀧さんとか、存在だけでうれしくなる面々がしっかり顔を出しており、白石ファミリーがさらに強くなったラインナップ笑。

ただそれでも個人的なベストアクトは中村倫也の血走った目だ。初回の喧嘩から血走りまくりで尋常じゃない雰囲気。後半の鉄砲玉もやるべき仕事をやりきっていた。

ネガティブな点。

上でも触れたが人の名前が覚えられないw 顔でどっちの組の者かはなんとなくわかっているけど会話で出てくると結構ハテナマーク。

ナレーションがホント昭和の映画っぽくて面白いんだけど、ただこの説明は話が一気に進むのでついていくのが精いっぱいだった。

余談。

東宝が「シン・ゴジラ」で成し遂げた遺産へのオマージュを、東映としてやり切った点は手放しで絶賛したい。いやーほんと白石監督は彼の持ち味とファンの期待に正面から答える最高の仕事をしました。本作こそはタランティーノがパルプ・フィクションに投影した日本ヤクザ映画の正当な継承者と言えるのではないでしょうか。昨今のバイオレンスを牽引する韓国ノワールに対して日本らしい緊張感で一矢報いた映画でした。
saba

sabaの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

キレイに撮った仁義なき戦い。

TOP
豚小屋の裸電球。拷問シーン。
END
墓参り刑事、タバコに火をつけニヤリ。
名言
ビックリ、ドッキリ、クリトリス。

○暑苦しい美しいルック
濃ゆい肌色。
刑事部屋のバキバキの陰影。
繁華街ネオン、キャバクラの色彩。
ラブホテルの極彩色。

○オジサンがスタイリッシュ


○品行方正の新人演出
初々しい戸惑い演技からの、
キレた時の一点の光なき腐った眼球
マシンのごとく殴り続ける所作

○グロ描写
ちゃんと豚肛門からブリブリッ
ちゃんとチンコから真珠プリッ

○なぐる描写
寸止めのパンチ、拳の握りが殺す気満々

ヒキでデブのパンチのモーション
ヨリでインパクトから壁に激突

上司パンチをいなして、無意識の反撃

○ラストのラストでの師弟愛
報告書の添削カット。字キレイ。


●もう少しガミさん目線の思想も欲しい
断片でも、関節でも

●ナレーション唐突すぎ

●生首描写って、今更、、、

●ズームからの止めゴマ
仁義なき愛、興味わかない、、、

●ラストのトイレ
カメラが壁抜け、壁外し、がダサい
悪女や、アシュラ、見た後だとショボい
2018/5/25@UC浦和
ゾロ

ゾロの感想・評価

4.2
面白い!

役所さんの演技好きだなぁ
シリアスだけでなく、ちょっとお茶目な演技も素敵

ストーリーと展開はありきたりだけど、
吸い込まれる感じあっと言う間に終わった
もっと、個人の設定などがありそうなので、原作が気になる

昭和の茹だる様な暑さが画面から滲み出ていたり、スローモーションの場面とか、映像も良かった

松坂さんの怪演も惹かれた
dosukoi

dosukoiの感想・評価

3.9
ギラッギラッ!!

痺れたぜ!!
ピエール瀧海にタバコポイ捨てしてたけどあの後ちゃんと拾ったんだろうな?
大味ヤクザ群像劇!という仁義なき系譜かと思ったら、終盤、意外としっとり仁義あるドラマ回収を見せていた。
比較対象として、たけし映画のヤクザ演出の恐ろしさを再認識できた。やっぱたけしすげえや。
>|