孤狼の血の作品情報・感想・評価

孤狼の血2018年製作の映画)

上映日:2018年05月12日

製作国:

上映時間:126分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「孤狼の血」に投稿された感想・評価

作品自体は安定の白石監督なので楽しませてもらいましたが、このジャンルの作品を劇場で観ると、決まって映画館に慣れていない老人たちに、意味不明のモラルを突きつけられて不快な思いをして帰ります。(ちなみに今回は上映前のライトも消えて居ない時間帯にスマホ閉じろこの野郎!と怒鳴られました…。)本当に迷惑で仕方ない。なので年齢層が高そうだと予想される作品は深夜枠か動画配信で観るかして防御策をとろうと思います。それはさておき作品はまさかの主役がアレで面白かったのと、江口洋介さんの格好良さが異常!いつのまにあんなに色っぽい男になったのでしょう。あぁ、びっくり。松阪桃李さんもこういった役どころは安心して観ていられます。役所広司さん相手に堂々たるものでした。にしても東映がヤクザ映画の本尊です!と主張したいがために作った感は否めなく、いったい誰を抑圧するためなのかとか、余計なことを考えてしまいますね。
まえ

まえの感想・評価

3.9
ハイライト吸ってる役所広司がかっこよすぎる。

破天荒な刑事とエリート刑事のバディものってたくさんあるけど、完全に『仁義なき戦い』を意識した古風な撮り方は面白いし、ヤクザと警察のピリピリした空気感が広島弁と相まってひしひしと感じることができた。

汚いくて痛い描写だらけだけど、必要だからこそそういう描写があるのであって、集客のために全年齢対象にして生温い表現する作品とは完全に一線を画す映画になってると思う。

だからこそ続編は作らなくてもいい気がするけどなぁ…
みわ

みわの感想・評価

-
2019-016

白石監督好き。期待通り。
日アカ取って欲しいな。

松坂桃李さんはこの役、ベストアクトなのでは。
滝藤さんの小物感もハマってた。
お見事。また観たい。
白石作品って、こういうバイオレンス見たいでしょー感があって少し鼻じらむ所がある。
それが作家性だし、そこが良いんじゃんって人もいるのも分かるからそれは好みの問題。
自分もここは好きだけど、これはダサいなって所が半々な感じ。

役所広司と松坂桃李ってそれまで染み付いてしまっていたキャラ(殻)を破ろうと
新しい役柄にチャレンジしている新旧の役者な気がする。
それが役者としても、作品の役としても先輩から後輩へ「継承」されているように見えてそこはもえる。

阿部純子さんって初めて見た役者さんだけどとても素敵だった。
アウトローだけど筋の通った役所広司。あと、桃李くんの変容が見応えあった。おススメです。
松坂桃李の成長が見れた作品
やーさんはこえーな
蒼

蒼の感想・評価

4.2
記録
なざ

なざの感想・評価

3.9
松坂桃李すごくいい
安定の役所広司さん
(役所広司さんはCUREって言う映画を
幼い頃にみて以来ぶっとんでる人ってイメージ)

松坂桃李君がカッコイイ
死んだ目しててゾクっとした
後半なんて最高だよね。

とにかくグロい。ホラー映画並みです。
生首出てくるし!

可愛い豚さん沢山出てきます。ここ重要

広島って怖い。
今は間違う…よね?
ってかフィクションよね?

昔の話みたいなので、
ビールのプルタブ?が外れるの!
小さい頃、コーンスープのアレで怪我したの思い出してほんのり。

女性の胸がモロに出てくるので、
ご家族で観たら気まずいかも。
>|