孤狼の血の作品情報・感想・評価

孤狼の血2018年製作の映画)

上映日:2018年05月12日

製作国:

上映時間:126分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「孤狼の血」に投稿された感想・評価

kocharo

kocharoの感想・評価

4.5
グロいしイタいしエロいし。
広島が舞台のヤクザ映画。
ヤクザ映画ってくくっていいのか分からないけど、とりあえずめっちゃ怖い。
役所広司、本当怖い。

役所広司の圧倒的なボス感。
負けず劣らずな迫力の松坂桃李。

いやー いい映画観たな。
松坂桃李って可愛い顔してるのにあんな役も出来るんだなぁ、と感動。
単純に見応えのある作品でした。
菅原文太作品をかなり網羅しているので呉を舞台にしたヤクザ映画はあまり期待していない感で見始めました。
もちろん何の知識もなかったので役所広司はヤクザ役とばかり思ってました。
アウトレイジが新感覚ヤクザ映画とすればこちらは過去の話と言えども昭和感を上手く味として残して飽きる暇も与えない作品に仕上がってます。

いやいや楽しめました 面白かった。
michiko

michikoの感想・評価

3.6
松坂桃李演技上手いな
mayu

mayuの感想・評価

3.8
原作とは少し捉え方や展開は異なっていたけれど、よくまとまってて途中からは夢中になって見てしまえた感じ。

冒頭の豚小屋の場面が乗り越えられれば、あとの残虐シーンは問題ないかと。

多く見てるわけではないけど、
任侠映画は静と動のバランスが肝だと思うのですが…
静が強すぎると眠たくなるし、
動が多すぎるとお腹いっぱいとゆうかそれだけなの?って印象になりがちだなと、個人的に思う。
そうゆう点で、よい塩梅だなと。
ただ原作で語られてないところもあるので、そこらへんが続編で少し触れられて、ストーリーが厚みを増すかなぁと期待してます。

こんなマッチョな作品の原作が
数年前までは主婦だった柚月先生が描かれたことに、とにかく震える。
KeithKH

KeithKHの感想・評価

4.0
ヤクザ映画の本家本元の東映が満を持して送る、『アウトレイジ』に対する答えと銘打ったバイオレンス大作にして、原作者の柚月裕子氏自らが認めるように、日本映画史上の名作『仁義なき戦い』へのオマージュを高らかに謳い上げた作品です。

ただ筋立ては、警察と暴力団との癒着と確執に置かれており、一人の外道刑事の常道を逸脱した傍若無人の生き様と、その下に就く若手正義漢刑事の葛藤と相剋のドラマに仕上がっています。
専らヤクザ社会の内紛・割拠の抗争劇だった『仁義なき戦い』とは構成が異なり、寧ろ同じ実録ヤクザ映画の一作である名作『県警対組織暴力』(1975)を模した作品といえそうです。本作の彼方此方に、『県警・・・』のコピー・シーン(それも残酷なシーンが・・・)が用いられています。

但し『仁義なき戦い』を意識したシーンは随所に現れます。逃走・暴行シーンでの手持ちカメラ撮影、血走った表情のアップの多用、凄惨な暴力シーンのリアルな挿入。けれど手持ちカメラでの揺れ動く映像は、『仁義・・・』の頃と異なりカメラの技術向上によってピントは全てボケておらず、観る方は楽でしたが、残念ながら、あの伝説的なドキュメンタリータッチにはなりませでした。

外道刑事役の役所広司は、その安定感と高い演技力、巷間言われているような名演で安心して観られたのですが、裏腹に清濁併せ呑んで全て手の内にあるというスーパーヒーロー感が満ちており、何とは無く予定調和臭が感じられました。
受刑中の組長の留守を預かる若頭の江口洋介、対抗する組の凶暴な若頭の竹野内豊、豪華な配役ですが、迫力ある演技を熟しつつも一本調子の荒々しく猛々しいだけの言動が多く、特に江口洋介は、この役が持つ、蹶起への強迫観念と一方での組織の長としての抑制意識との狭間で悩む複雑な立ち位置を表現しきれておらず、また竹野内豊は、『仁義なき戦い 広島死闘編』で千葉真一が演じた大友勝利を準えたのでしょうが、その粗暴さはともかく、野卑さ、下品さ、強欲さ、好色さでは到底及ばず、率直に言って数多の組員の中に埋もれて存在感が極めて希薄でした。
思うに、本作中で重要な位置を占める主役級の三人は、何処か善人の空気が漂い、東映伝統の“不良性感度”は極めて低く思います。何よりも、“目”が常人的でまともな人間の目であったことに因るのでしょう。

一方で若手刑事役の松坂桃李。彼の役者としての成熟度合いには目を瞠ります。多彩な役柄を堂々と見事に演じ切ることで益々磨きがかかってきたようです。今回の、当初のインテリ正義漢からの、理想と現実との乖離に苦悩する姿と、その過程を経て徐々に成長し、次第に狂気に侵され変貌していく、この作品で唯一、人としての喜怒哀楽を表現し、この映画のテーマを集約・凝縮した役どころを、説得力を以て演じていたと思います。
映画のクレジットでは主役は役所広司となっていますが、私は寧ろ松坂桃李が真の主役だったと思っています。何故なら、彼の“目”は、先の三人と違い明らかに終始狂っていました。

『仁義なき戦い』は、高度経済成長只中の時代の熱気が生んだ傑作であり、現代にあの毒々しさ過激さ粗雑さを求めても詮無いですが、『アウトレイジ』シリーズにしても本作も、何処か洗練された手際良さ、まとまりの良さが感じられます。
今時では、先ず睨みの効いた威圧感ある面構えの役者が抑々いないことが大きいですが、ただ本作では、音尾琢真の野蛮で獰猛なチンピラ感、中村倫也の狂気と憤怒に満ちた目の色と狂犬のような暴虐な振る舞いは、『仁義なき戦い』の後にピラニア軍団に連なる川谷拓三・室田日出男・志賀勝に通じる、共にリアルなヤクザの鉄砲玉感が120%満ちていました。今後凄味のあるチンピラ役、鉄砲玉役として大いに期待したいと思います。

幾つかの難点を論いましたが、終始観客にワクワク感ドキドキ感を与え続けてくれ、総じて完成度の高い仕上がりであり、やはりこの種の映画に醸し出される、過激な暴力描写によるカタルシスは禁じ得ません。
私なりに思う真の主役である、松坂桃李演じる日岡を主人公に続編の制作を希望するしだいです。
アウトレイジ以来のヤクザ物観賞(^-^)/

結論、最高でした(^-^)/😆

役所広司、あいかわらず良い演技(^-^)/
松坂桃李、予想外に良い演技(なめてました、ごめんなさい)
江口洋介、あいかわらずカッコいい(^-^)/
竹野内豊、もうちょい活躍してもよかったかな?!

その他のキャスト陣も最高級(^-^)/

広島弁もスゴくよかった(^-^)/

最後の墓場でのシーン、「ウチのオ⚪コ」って言わすんや〰(笑)

原作者が女性と知ったときはおどろきでした!!
Ojigi

Ojigiの感想・評価

4.0
うわぁ、、疲れた😵
まさか畜産ムービーだったとは🐖
食事中に見ちゃダメ!ゼッタイ笑
エグいところまで見せてくるから結構目を覆いたくなるシーンあり。ただ1ミリくらい開けて耐えました!笑

みなさんタガの外れた演技が凄まじい。
反社会勢力映画おなじみのゴルァ合戦。
役所広司は流石の存在感だけど、松坂桃李のマッド演技も凄かった。真木よう子もハマり役でした。

役所広司演じる大上が暑苦しくて仕方なかったけど、その暑苦しさに後半ぐっとくる。
悪と渡り合うには自分も悪に片足突っ込むしかないのかとか、警察は正義なのかとか、正義と悪について考えさせられる映画。
これ原作者女性なんですね。小説は読んでないけれど、意外でした😦
ハードボイルド過ぎた。

役所広司も松坂桃李も演技すごー!
脇を固める俳優陣も素晴らしい。

先日観た『検察側の罪人』とは対照的で、法律が全く意味をなさない時代。
「警察じゃけえ、なにをしてもええんじゃ」の言葉通り拷問しまくりで、そこも現代とは全く逆だったんだなと思いました。

情熱と真面目さだけじゃ刑事が務まらない様に見えつつ、実はそういう刑事が一番力を発揮していた時代でもあったのかな。

阿部純子という女優をこの映画ではじめて知ったけれど、他の作品も観たくなるような、個人的には好きな演技でした。
SUNSHOWER

SUNSHOWERの感想・評価

3.8
目を覆いたくなるようなエロや暴力を描くと総じて評価が上がる、日本映画の現状が少し苦手。そりゃ「殺し屋1」「凶悪」と言った世に出る1本目のインパクトは絶大だったし、生ぬるい邦画界に一石を投ずる役割があったかもしれないけど、その後も同じようなことを延々と続けられるとさすがにお腹いっぱい。もうこういう繰り返しは「ディストラクション・ベイビーズ」で終わりにしましょう、というのが私の考え。

とは言え、白石監督の安定した演出の巧さは流石というもの。ただの暴力映画にせず、昭和の任侠映画をリスペクトした形になっていたのもとても良かった。結局、こういう作品を撮ることで、竹野内さんや中村倫也くんの普段見れない演技が観れるのも嬉しいとこだし、くやしいけどおもしろかったんだと思う (●’ᴗ’●)✧
hinazo

hinazoの感想・評価

3.9
【昭和感溢れるナレーションで語られる男男男祭】
中村倫也って結局良い。
そこ再確認。
役所広司&松坂桃李は間違いなく上手い。
気合い入りまくり。
ピエール瀧もいい。
石橋蓮司と江口洋介は安定
竹野内豊、ええーー!あれそうだったの?
そして、みんな忘れないで!
駿河太郎&勝矢相当いいから。
というわけで俳優ばかりで見る映画かと思いきやストーリーもしっかりしてるし、感動もするし、地に足のついた大作って感じ。(実は地に足のついてない大作って多い。特にSFを駆使してたりテレビの人気者を使ってる場合)
落ちてる雑誌、ポケベル細部にこだわりまくったからかな。(これは64、沈まぬ太陽にも感じた。あの時代独特な熱量みたいなものがよく出ていた。)
ただ警察ってこんなに悪いの?

グロ耐性のない人は「ヒーッ」ってなるけど、好きな人はたまらない。
しかし、松坂桃李よ。いわゆる汚れ役、性的な役、社会派な作品。色々挑戦する姿勢。すっかりファンになりそうよ。
>|