孤狼の血の作品情報・感想・評価

孤狼の血2018年製作の映画)

上映日:2018年05月12日

製作国:

上映時間:126分

ジャンル:

あらすじ

「孤狼の血」に投稿された感想・評価

ずっと見たかった作品。
レンタル開始されたので、颯爽とツタヤへ。冒頭いきなり、眼を塞ぎたくなるシーン。始まり方がえげつない。

本当の正義ってなんぞや。と考える。
予想通りの結末って感じだった。
うーん、、、、映画館で見なくても良かったかもしれない…私がグロいのあまり得意じゃないっての含めて笑
chanshino

chanshinoの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

物語の冒頭から終わりまでノンストップのバイオレンスが連続する映画。物語の終盤にかけて、荒唐無稽でめちゃくちゃなキャラクターであるはずの大上が劇中最もまともな存在に思えてくる不思議。大上が退場した後の展開はありきたりな印象を受けた。東映映画の伝統なのかは分からないが、途中流れるナレーションは無い方が良かった。一番強く印象に残ったのは、中村倫也演じるの三下ヤクザの演技。ベテラン俳優が居並ぶ中で、ギラギラしたチンピラヤクザの役が映画にリアリティをもたらしている。
普通のVシネ。キャラクターは魅力があったけど、内容があまりにも普通過ぎた。
うーん、、、、、
内容がなんとなく予想できてしまった・・・
なんか胸熱。
役所広司がワイルドでかっこよすぎ。
松坂桃李と自身の気持ちがシンクロしてく一体感。
仁義なき戦いを彷彿させる高揚感。

自身が舞台である呉人ってことで各所のロケ地を見るたびテンション高ぶります。知ってるエキストラの人出てたり、ちょっと手の加えてある呉を見るとそれだけでひいき満点あげるでしょ。

作品としても重厚でありながら見やすく、そして人間としての生き様ってもんを感じたけぇの。わしゃホンマ呉人でえかったと思うとるけ。
ホンマいっぺんでええけ見てみんさい。
警察とヤクザの話し。


エグいまでの暴力とカタルシス。

正義とは?

役所さんカッコイイの一言っすわ。
>|