孤狼の血の作品情報・感想・評価

孤狼の血2018年製作の映画)

上映日:2018年05月12日

製作国:

上映時間:126分

ジャンル:

あらすじ

「孤狼の血」に投稿された感想・評価

ひろ

ひろの感想・評価

5.0
これ系好きならめちゃくちゃ良い!役所広司さんは流石の暴走っぷりだし、松坂桃李さんの内包された純真さと狂気の切り替えは本当に上手です。昔の仁義なきを感じさせつつも、こちらはあくまでもスター揃いのエンターテイメントだという安心感がある!2時間あるけどもっと見たい!

「孤狼の血」観ました。


いやはやなかなか見応えたっぷりでした。兎にも角にもギトギトでエネルギッシュ。

大上(役所広司)も非常に狂っててパワフルだったけど、もっと強かったのが日岡(松坂桃李)です。物凄かった。大上が陽なら日岡は陰。彼の心の中で静か〜に核が爆発しているかの如く、フツフツとしててグツグツとしてて。ドッカンドッカンしてました。

そこへ後半のある出来事によって、日岡がもたらす陰に陽が射していくわけなのですが、そこが、それこそがこの作品の一番の深みや奥行きの部分。まさにカタルシスと呼ぶに相応しい展開でした。脚本が素晴らしいのでしょう。


ほかの役者陣に関しては思ったほどのではなく、アウトレイジで存在感出しすぎた石橋蓮司がいちばん力を持っているポジションというのは、もうちょっと無理がありました。残念ながら威厳を感じられない笑
ピエール瀧の右翼代表役もちょっと笑
江口洋介や竹野内豊もちょっとちがったなー。イケメン過ぎてピンとこない!てらえてない奇でした。


久々にジャケ借りした作品でしたがよかったです。
daichan

daichanの感想・評価

4.2
広島人としては言葉もしっくりきてよかった
たち

たちの感想・評価

4.0
かっけえ

このレビューはネタバレを含みます

前半どうかなと思ったけど後半おもしろかった。ただ役所が死んだ後、松坂桃李にはもうちょっと活躍してほしかった。あっさり終わった感じが。役所の跡を継いでやっていく、的なのがほしかったなぁ。
hirari

hirariの感想・評価

3.6
難しいなあって思いながら観てたけど、後半で泣いて、そこからはクライマックスってかんじ。おもしろかった。終わり方がかっこいい。
Yagi

Yagiの感想・評価

4.0
・毒を以て毒を制す
・昭和の街並み感◎
・石橋蓮司さんの役が“探偵はbarにいる”の時とダブる
>|