孤狼の血の作品情報・感想・評価 - 250ページ目

孤狼の血2018年製作の映画)

上映日:2018年05月12日

製作国:

上映時間:126分

ジャンル:

4.0

あらすじ

昭和63年、暴力団対策法成立直前の広島。所轄署に配属となった日岡秀一は、暴力団との癒着を噂される刑事・大上章吾とともに、金融会 社社員失踪事件の捜査を担当する。常軌を逸した大上の捜査に戸惑う日岡。失踪事件を発端に、対立する暴力団組同士の抗争が激化し…。

「孤狼の血」に投稿された感想・評価

「竹野内豊の正しい使い方を知りたかったら白石和彌監督に聞け!」と言わんばかりのハマりっぷり。
『彼女がその名を知らない鳥たち』でも人間性ゼロの最悪なヤツを、地なんじゃないか?と思うくらいにドンピシャで演じきっていた。
"カッコイイのに情けない男"は阿部寛に任せておけばいい。竹野内豊には、日本人離れしてるくらい"臭み"がない。サラッとどうしようもないヤツを演じきれる稀有な存在である。背中の佇まいが高倉健のように憂いを帯びているのではなく、「どうしよう?」という途方に暮れたもので、そういう人間が追い込まれた挙げ句に味方をもぶち殺してしまうとき、狂気を孕んでいるものなのだが、それが全く見えてこない。
これから何本も続くであろう白石監督とのタッグのスタート地点に、ワタシは立ち会えているような気がしてならない。

『オー・ルーシー!』で元刑事役だった役所広司がここでも凄まじい刑事として登場。もうこうなると、勝新やらミフネやらと同じで、出てくるだけで「待ってました!」と声をかけたくなってくる。

松坂桃李は本当にいい鉱脈を掘り当てた模様。若手の中で確実に頭一つ抜けてる存在。もう少しみっともなきゃ言うこと無し。

作品に関しては白石監督"渾身の一作"と言ってもいいんじゃなかろうか?
とにかく飽きませんでした。
Taka29

Taka29の感想・評価

4.3
ずっと楽しみにしてました(*≧∀≦*)
やっと鑑賞です( ˘ω˘ )
役所広司流石の演技力‼️松坂桃李君も良かった(*≧∀≦*)
邦画でこんなに楽しみにしてたことないのにw
組の抗争とかリアルでしたし。広島のマル暴の刑事はこういう人多いのかな(。-∀-)ちょっと思ってしまったw
キャストも豪華だったしね。
王道のヤクザ映画って感じで、ストーリーもいい意味で裏切られて面白かった。
higa

higaの感想・評価

4.5
『孤狼の血』は、かつての東映のヤクザ映画を思わせるかのような実録的な映画でドキュメンタリータッチでありながら、東映映画に敬意を払っている映画でもある。

現代のエフェクト効果を取り入れたロゴではなく、旧式のロゴから本作は始まる。(これが、またフィルムのザラザラ感もあって素晴らしい)オープニングはいきなりの拷問シーンだ。この拷問シーンは、ただの暴力ではなく、目をそむけたくなるような汚らわしい場面もあり、そこがまた1970年代の映画っぽい。また、状況を説明するナレーションも『仁義なき戦い』っぽく、妙に昭和的でもあった。小池朝雄がまだ生きていたらなと思った。

しかし、この映画の舞台は昭和がやがて終わる1988年が舞台である。そのため、この映画に登場するいくつかの登場人物は昭和が終わることを嘆く人が出てきており、当時の空気感ってこういうものであったのかと素直に感じた。

1980年代の日本を表現する為の工夫もちゃんんと行っている。当然、劇中は1980年代に製造されたトヨタのクラウンなどが走っているが、背景の後ろではなぜが現在の車が走っていたりするという事は一切無かった。

2004年に作られた某恋愛映画では、時代設定が1980年代であったのにも関わらず、その当時には存在しないはずの車が写っていて、不自然さを感じた事があった。慎重に撮影を行っているのも評価のポイントである。

しかし、残念な箇所もある事も事実だ。それは、カメラワークである。1960年代の終盤から1980年代くらいまでの映画は、ズームを異様に多用する映画が多い。香港映画は勿論の事、ルキノ・ヴィスコンティの『地獄に堕ちた勇者ども』やセルジオ・レオーネの『夕陽のギャングたち』、そして、東映映画もズームを多用した映画は多い。『孤狼の血』も当然、ズームを使った演出はあるのだが、それは非常に少ない上に荒々しいズームではなく、ゆっくりとしたズームであった。クエンティン・タランティーノは『キル・ビル』で所謂「香港ズーム」と呼ばれるズームを再現している。『孤狼の血』も折角、当時の東映のロゴを使用したのだから、そこもしっかりと頑張ってほしかったではある。

しかし、その反面、そういう演出に慣れていない人にとっては違和感なく鑑賞する事が出来るし、後半はある映画のような展開になっていく(その映画のタイトルをここで書いてしまうと面白くなくなるので伏せておく)ので、意外なカタルシスを得る事ができた。

そして、阿部純子、可愛かったな。
原作のある仕掛けを早々に明かし、絶妙に改変することで、“継承”という物語のエモーションを一気に高める機能を果たしており、実に見事な脚色。
その代わり映画オリジナルの一捻りを加えるという抜かりのなさ。
行き過ぎとも言えるバイオレンス場面は実に楽しく、観客を楽しませようというサービスに満ちている。
キャスト、スタッフ共に完璧な布陣。これで面白くないわけがないと思っていたが、予想以上に期待を上回る出来でした。
悪徳敏腕刑事と正義の新米刑事。新米刑事の苦悩がヴィルヌーヴのボーダーラインを思い出させました。
暴力あり、人間ドラマあり。

ドンパチ怒号が思ったより少なかったですが、邦画にしか出せないんじゃないか、と思わせるエグい且つ綺麗な暴力シーンもありました。
今後東映さんにはこれくらい気合いの入った映画を、どんどん作っていってほしいです。
KG

KGの感想・評価

4.1
終盤の怒涛の展開に時間を忘れた。アウトレイジ最終章が物足りなかった人にオススメ。
jijiko

jijikoの感想・評価

3.8
名優の中にいる松坂桃李さんが、まったく遜色ない存在感があり、驚いた。
ヤクザ映画といわれるものは、どうも苦手でアウトレイジも見ていないけれど。
一部目をつぶりながら最後まで鑑賞。

午前中に地獄の黙示録をみたので、
こんばんは悪夢をみないことを願ってます。。。
アウトレイジとは対を成すヤクザ物です。
とにかく登場人物全員が生々しいです。セリフも生々しいです。
昭和63年が舞台というともあってか血気盛んなヤクザが多く出てきます。演技力如何によってはチープになりがちなところですが、役者さん全員が素晴らしく、ちゃんと血の通った人物になっていました。
主役のお二人も言わずもがな。役所広司さん演じる大上のキャラクターそのものは途中までは結構既視感のあるキャラクターに感じましたが、ある展開から一気に見方が変わりました。大上の表面上の危うさとその内に秘めたるところは役所広司さんでないと出せないのかなと思いました。松坂桃李さんも最初と最後のシーンで全く「表情」が異なり良かったです。
音楽が些かくどく感じましたが、今の時代に珍しいタイプの映画なので続編も実現して欲しいです。
Kohri

Kohriの感想・評価

4.3
白石和彌のヤクザ映画ってこうなるのかぁ、って妙に納得のエロ・グロ満載男気刑事モノ。

正直、滑稽と言えるぐらいの演出。ブタのウンチから女性のオッパイまでがてんこ盛り。
拷問・殺人シーンも凄い。
目を覆いたくなる時もあれば、笑っちゃう時もある。

過激な演出に対してストーリーの軸は意外にも爽やかで驚く。
「義理と人情」とはまた違う。

白石作品はここで終わるかなって思ったらまだ続くという印象があるけど、今作は話自体が凄く面白いので長く感じなかった。

極上のエンターテイメント作品。
帰り道にハイライト吸いたくなりました(笑)