孤狼の血の作品情報・感想・評価 - 5ページ目

孤狼の血2018年製作の映画)

上映日:2018年05月12日

製作国:

上映時間:126分

ジャンル:

4.0

あらすじ

昭和63年、暴力団対策法成立直前の広島。所轄署に配属となった日岡秀一は、暴力団との癒着を噂される刑事・大上章吾とともに、金融会 社社員失踪事件の捜査を担当する。常軌を逸した大上の捜査に戸惑う日岡。失踪事件を発端に、対立する暴力団組同士の抗争が激化し…。

「孤狼の血」に投稿された感想・評価

sorablue

sorablueの感想・評価

4.8
今のご時世にしてはだいぶ踏み切った悪い人映画。
往年の東映映画ファンは喜ぶのでは。
男臭くてよい。
maaaaached

maaaaachedの感想・評価

4.7
とにかくずっと面白くてしかたなかった!!
白石監督はこのまま日本を代表する監督になっていきそう。
役所広司ももちろんだけど、松坂桃李がハマリ役すぎて超よかった。
このまま松坂桃李が大上二世として成長した後を長期シリーズ化して描き続けて欲しい。シリーズ化してほしい映画no.1って感じ。
Tysuke

Tysukeの感想・評価

4.5
相当なクオリティーで作られてて、役者陣の気合いの入り方が素晴らしい。
目を背けてしまうシーンは挙げればキリがないくらいありましたが、それくらいやってくれた方がお金を払って映画館に来る価値があるってもん!

役所さんの汚れっぷりは、清々しさを覚える程でした。最初から最後まで、警察は何してもええんじゃという台詞通り、違法だろうが何だろうが迷いなく突っ走る。最後あんな姿になっても、絶対に信念は曲げなかった。終盤キツかった。

松坂桃李が1番良かった!本当に良かった!この人をこの映画で大スクリーンでロケ地の広島で観れたことは、忘れはしないでしょう。元スーパー戦隊とは思えない。
ラストの表情は、最高でした。

警察には警察の正義、ヤクザにはヤクザの道、信念と信念のぶつかり合いが見事でした。男臭くて、超臭くて、めちゃくちゃかっこよかった!

とりあえず、仁義なき戦いは未見でしたので、これを機に観てみようと思います!

あと、本題とは逸れますが、自分が今広島に住んでるので、やっぱり住んでいるところが舞台の映画って、テンション上がります!
ナグ

ナグの感想・評価

4.0
この手のアウトレイジ系ヤクザ映画は、組の人物構成や裏の取引、裏切りなどで頭を使い、バイオレンスな映像で体力を奪われる。
まさにこの作品もそんな感じで、見終わった後はゲッソリ💦💦
でも内容は十分面白かった!!

役所広司の広島弁は自然で演技も上手くて言うことないし、その他の役者さんもさすがだった。
中でも中村倫也のヤク中チンピラっぷりはアッパレ!!
懐かしのスリチャンのビルが出て来たり、広島人にはたまらない要素が盛りだくさんでした!!
ばば

ばばの感想・評価

3.9
役所広司がただただすごい。字幕付きだったのは意味わからなかったけど。
soyaryoko

soyaryokoの感想・評価

3.0
江口洋介かっこいい。松坂桃李もいいけど、ラストの説得力が足りない気がした。
OT

OTの感想・評価

3.8
話しは面白かった。
商店街のエキストラがもろ現代で萎えた。しかも頭の方だからまだ物語に入り込めてないし。それからちょいちょい気になってしまったなぁ
MS38

MS38の感想・評価

4.2
書いたつもりでレビュー書いてなかったやつ。ギラギラじっとりとした濃密な空気がスクリーンから溢れててその空気に支配される感じ。すごい好きだった
Mamiiiii

Mamiiiiiの感想・評価

4.1
ヤクザ映画ってスゴイグロくてやる事めちゃくちゃだからあんまし好きくない私でもちゃんと楽しめた!!
確かにちょこちょこ痛い痛い痛い!!!って思わず声が漏れてしまったけども笑笑
やっぱ役所広司と桃李くん!!!
最高すぎるわ!!
2人のシーンとっても良い!!
どんどん関係性が変わってくとことかも◎
めちゃ良い話じゃん奥が深い!!
真木よう子もいい味だしてる。
感動したし、観て損はなし!!
むしろいい意味で裏切られた!!
書庫番

書庫番の感想・評価

4.0
2018年05月24日 シネマシティにて鑑賞。

全体的に見応え有り。
役所&桃李を始めとする主要キャストは申し分ないと思うが、正直 竹野内豊、音尾琢真、勝也辺りはヤクザとしての存在感もその必然性も弱過ぎる。
どうしても『県警対組織暴力』が頭の中に浮かぶが、本作の方が主人公がウエット。
でもそこが良い。

役所広司の広島弁の咆哮はやはりさすがだなぁと思ったけど、それ以上に松坂桃李の”広大”ぶりが良かった。
ギラギラのノワールから、バディものとしての側面を見せたかと思うと、リベンジに突き進む。
作品の見せ方としてはツボを押さえていて良きかな、良きかな。

同じ白石和彌作品の『日本で一番悪い奴ら』に比べると、エロス度は抑え目で残念。(笑)
然し、阿部純子は魅力的だった。
オチも含め、松坂桃李との関係性は微笑ましい。

個人的に感慨深かったのは養豚場のオヤジ役の九十九一。
お笑いスター誕生大好きでした。