孤狼の血の作品情報・感想・評価 - 5ページ目

孤狼の血2018年製作の映画)

上映日:2018年05月12日

製作国:

上映時間:126分

4.0

あらすじ

昭和63年、暴力団対策法成立直前の広島。所轄署に配属となった日岡秀一は、暴力団との癒着を噂される刑事・大上章吾とともに、金融会 社社員失踪事件の捜査を担当する。常軌を逸した大上の捜査に戸惑う日岡。失踪事件を発端に、対立する暴力団組同士の抗争が激化し…。

「孤狼の血」に投稿された感想・評価

めちゃくちゃ面白い。

松坂桃李の演技を観るだけでも価値がある。

勿論他のキャストの存在感も言わずもがなだが、松坂桃李がやばい。

ラストシーンはカッコ良すぎて息止まる。
miki

mikiの感想・評価

4.0
気になっていたけど、ヤクザ映画って苦手で、でも続編も決まり周りの反応も良いので、時間があったので観て来ました。
思っていたより、警察側の話で続編も観たいと思いました。ガミさんの後を継いで、日岡刑事がどのような展開になるのか?続編が楽しみです。

このレビューはネタバレを含みます

役所広司が実は裏で…という展開はまあいいんですが、ノートに赤を入れる”泣かせ要素”はさすがにやり過ぎでは…。

ただ、ミステリー部分の推進力もあって娯楽作としてめちゃくちゃ面白かったです。

エロは控えめでしたが、笑っちゃうほど強烈な暴力描写はさすが白石和彌監督。トイレの血みどろシーンは最高ですね!お馴染みの悪趣味ギャグも炸裂してます。

北野組とは違ったヤクザの顔ぶれもワクワクしました。

ところでこの映画、僕はすごく『L.A.コンフィデンシャル』を思い出したんですよね。

警察内部の腐敗を描く点、乱暴な刑事とエリート新入りのバディ要素がある点、ある女性を絡めつつ友情を垣間見せるラストの余韻なんかも似てるなぁと思いました。
痺れた。最高でした。あのラストは格好良すぎ。
とりあえず、是非とも劇場で目撃して頂きたい。汗と血と糞が迸るあの現場を。
kaz

kazの感想・評価

3.8
映画館での放映も終わり間際のため、館内に自分含め二人しかいませんでした。

正義、警察…色んなことを考えさせられた。
やくざよりも身内(警察)の方が怖い、その言葉が印象的だった。
松坂の報告書が添削されていることに気付いた場面も感慨深い。

役所広司ってすごいなと思いながら観てたのに、いつの間にか松坂桃李の役どころに心打たれてた。
江口洋介の決まりようは半端ないが。
お食事中に見ちゃいけない系映画

久々にこんなハードボイルドな作品見ました。

役所広司のギラギラ感、松坂桃李のだんだん染まっていく?な感じとかとても良かったです。

紅一点の真木よう子。
普通の役よりこういう役の方が似合いますね

脇キャストもとても良く、特に中村倫也さんが左江内氏の警官の時のイメージからガラッと変わっててビックリでした。

続編もあるようなので期待しています。
Naoya

Naoyaの感想・評価

2.7
昭和63年、暴力団対策成立方成立直前の広島。所轄署に配属になった若手刑事は、暴力団との癒着を噂される刑事と共に、事件の捜査をすることになる。若手刑事と、過激な捜査するベテラン刑事とのアンバランスさがより描写を際立たせている場面が多々あります。ヤクザ映画であり、暴力描写が多種多様にあり、舞台が広島県呉市なだけあり、広島弁がよりヤクザ映画として際立ってます。警察が組との抗争に介入していくのだが、様々な人間模様があり、複雑さがヤクザものとして楽しめる。過激捜査をするベテラン刑事を役所広司が演じているが、まさにハマり役で熱演。法に従順な若手刑事を演じる松坂桃李も良い役をしており、凸凹コンビさに拍車をかけてます。〝男〟たる映画であり、様々な役者がそれぞれの個性で刑事や組員を演じており、見応えのある内容で、様々な生き様が垣間見える物語。
s

sの感想・評価

-
クレジットでうっちーの名前見つけた!
石橋蓮司の死に様が今作も、最も華あり。

なのだが、なんか作品自体は思ってたのと違った..
どうしてもアウトレイジを並べてしまう。いや当然でしょう。役者も同じだし、なんだか石橋蓮司の言葉を借りれば、皆キャンキャン吠えてたな..って程度。。柴犬..
広島弁が無かったらこれ、さほどおもんないぞ.. 一番許せないのが竹野内豊で、完全に浮ついてた!!子供の頃から大好きな俳優だけど、違う!!!!江口洋介だけが安心したけど、良さがあまりいきてなかったような..

帰りにアウトレイジ借りて帰ろうとなる。役所広司だけが這いずり回ってた。

アウトレイジを借りて再度鑑賞して、何が足りてなかったのか見てたけど、開始早々、重厚感と緊張感、リズムと色味、音楽が格別にアウトレイジの方が上だった...!鈴木慶一やっぱりいいなあ。武すごいなあ。カメラマンも最高だなあ。圧倒されている。こういう映画って、緊張感とユーモアのギリギリのところが大事だよなあ。

このレビューはネタバレを含みます

極道が血で血を洗う抗争をする話かと思ったら、それを食い止める警察の話でした。主人公は基本的に悪い意味でやりたい放題なのに、最終的に美談化されてく展開が少し納得いかなかったですが、不覚にも感動してしまいました。

このレビューはネタバレを含みます

映画館でしか見れないものをものを見せてやるという白石監督の心意気が伝わった。
汗と血と糞。
江口さんの役が一番はまっていた。

劇中に『sicario』みたいな重低音の音楽が流れるのが現代っぽいなと思った。

大上が日岡の報告書にいちいち呉弁で丁寧にコメント書くのはどうなの?と思った。