孤狼の血の作品情報・感想・評価 - 5ページ目

孤狼の血2018年製作の映画)

上映日:2018年05月12日

製作国:

上映時間:126分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「孤狼の血」に投稿された感想・評価

しら

しらの感想・評価

2.4
 役所広司が演じるのはヤクザの世界に足を突っ込みすぎてヤクザ色に染まってしまった暴力団担当部署の刑事。そして松坂桃李、演じるは大学卒のエリート候補生である新人刑事。二人の刑事の二つの形のそれぞれ違った正義を描いた作品。

 一度、足を進めてしまったら落ちてしまわぬように、落ちて死んでしまわぬように歩き続けなければならないんだよ
cigarette

cigaretteの感想・評価

3.1
エグッ!
冒頭から韓国映画のような過激なエグさ。
ちなみにR15指定。

役所広司さんも、最近 男くさい気だるい役ばかりで、なんか チェ・ミンシク 化してる気がします (大いに歓迎)。

ピエール瀧氏とか、嶋田久作氏、滝藤 賢一氏 みたいな怪物系?役者も出てて面白い。
しかし、わりとありきたりな展開だったのが残念だし、ラストシーンもイマイチ カタルシスが乏しい。
松坂桃李!あんたすげえよ!(観てないけど)『娼年』とこれを同時期に観られるってすげえよ。話もヤクザ対警察モノとしてとても面白かったです。
主役の2人はもちろん脇が邪魔しすぎずしっかり固めている。いってしまえば潜入捜査もの、仁義なきもの、何処かでみたテイストはふんだんに感じるけどそれを一つの作品としてまとめているのは狐狼の2人の実力ではないでしょうか。
江口洋介の眉間の縦じわにグッとくる
20年後に松坂桃李が大上でリメイクに期待
トレーニングデイ+深作÷4!うーん🤔
終始ハマりきらないこの感じ…
「ワレ」の発音は非常に大事だと感じる126分。グダグダのアウトレイジ3がこの上をいっちゃうのは顔面力のなせるワザなのだなとしみじみ。
思い出したように入ってくるナレーションでコケる。
思わず目を逸らしたくなるような痛いシーンもあったけど
とても面白かった!(*^^*)
役所広司がとにかく渋くてかっこいい!
松坂桃李もいい!!!
正義とはなにか…。
アウトレイジ失調症から堪り兼ねて、極道映画への渇望から観たけど…おおお!おもれぇな!

話の大筋はすげぇ王道でどっかで見たなぁ的な感じやのに
役所広司、松坂桃李、江口洋介たちキャラバリ立ちな演技力か
血生臭いドンパチや拷問尋問か
そこかしこに散らばる昭和な風景か
どれが琴線に触れたのか分からんけど魅入ってしまった。

続編楽しみぃ!
おたば

おたばの感想・評価

4.4
【正義とはなんなのか】

2018年を絞めた作品はこちらの虎狼の血になりました!

広島のマル暴大上が暴力団と繋がってるんじゃねぇかと県警からの指令により所轄配属となった

暴力、恫喝なんのその違法捜査よろしくな大上に振り回され困惑を見せる日岡。

果たして大上の正体は一体…!!!

監督は凶悪や日本で一番悪い奴らを手がけており
脚本家も日本で一番悪い奴らで一緒だったみたいですね。
マル暴だし暴力団を飼い慣らしたりって言うとこでは日本で一番悪い奴らと共通する世界観が沢山ありますね!

ピエール瀧はハズレ無しのキャスティング過ぎて素晴らしい👏

女子の事件は大抵トイレで起きているっていう作品もみたことあります。覚えてないけど←


江口さんや竹野内豊さんのヤクザ役っていうのも中々乙でございますね🤗
江口さんは正統派って感じでいぶし銀感じる装いなんですけど竹野内さんのチンピラ感、小物感がうまい!持ってるものとしてはマフィアのボスレベルでも演じられる素材なのに若頭レベルでも軽いというか頭悪そうな感じを演じてるんだと僕は思ってますよ!

今回キャスティングもとても好きです。今で言うバディとして暴力、犯罪なにやったって黙らせてやるっていう大上と
まだ組っていうものを、その本質や性質を理解してない日岡の対照的だけど本質では共通している正義感のぶつかり合い。
日岡は県警本部とのパイプがあるのでそこからの情報で大上をめっちゃ疑ってるわけで
そのフィルターを外してものを見ることが出来なかったんですよね。

役所さんのこういう役柄めっちゃ好きですね。
なんか色々デカいんだけど実は弱いというか優しいっていう昭和のいい漢っていう感じ。

でも逆に松坂くんの演技もすごく良かった!終盤の徹底してキレにキレた時のアレですね!
今までの映画でもいろんな役をやって来たと思いますがそれが本当に血肉になっているんだと思います!

正直任侠系の映画で感動の涙を流したのは初めてです!

フィルマには何やら狐狼の血(続編)なんてのも表記があるのでもしやと楽しみにしています…!

腐乱死体や土左衛門など遺体は結構よく作り込まれていてグロ描写がそこまであるわけじゃないんだけどそこそこにグロいので苦手な方はご注意ください。

おすすめ度は87点
呉弁のヤクザは怖いノゥ
警察にもかかわらず破天荒な方法で
ヤクザを締め上げるアウトローに生きる男
役所広司はこんな役多くなったね。
普通のお父さんとかやって欲しかったりもする。、キャストはややアウトレイジと
被ってるのが残念。
東映なりのヤクザキャスティングが見たかった。
往年のヤクザ映画たちへのリスペクトを
感じる展開やカメラワークが
再燃を願ってくれるぐらい熱意を感じた。
そんな映画。
「日本で一番悪い奴ら」を観て白石監督の作品に興味を持ったので。新年早々とんでもないものを観てしまった笑 見応えがありすぎる。思わず目を逸らしてしまうシーンもありましたが。役所広司さんが渋いです。酒を飲みながら本音を溢すところ、格好いいなあ。松坂桃李さんの役は、「梅ちゃん先生」や「ツナグ」の印象が強かったため、中々衝撃でした。役幅が広いなと。あと、真木よう子さんがエロいです。何だ、あの色気は笑 「脳内ポイズンベリー」を少し前に観ていたため、こちらも中々衝撃でした。