孤狼の血の作品情報・感想・評価 - 5ページ目

孤狼の血2018年製作の映画)

上映日:2018年05月12日

製作国:

上映時間:126分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「孤狼の血」に投稿された感想・評価

riesuu

riesuuの感想・評価

3.0
とにかく怖い。原作面白すぎて観たけど、自分がこういうのは苦手なの忘れてた。
型破りな叩き上げベテラン刑事・役所広司と理想に燃える大学出の新人・松坂桃李による、見事なまでのバディもの映画だった。

見どころは松坂桃李であった。宣伝は役所広司の悪ぶりをアピールしていたが、どうにもテンプレート的なアウトローで、うすら寒い感が足りなくて、しかもきっと悪い奴ではないと予想できてしまうものだから、弱く感じてくる。対して松坂桃李は、最初の頼りない青二才がトラブルを抱えるたびに表情を変えてきて徐々に存在感を上げてくる。イイ役者だなあと感じ入った。

さすがに暴力が嫌いな人には観るのは無理だが、やくざ映画だからと敬遠するのはもったいない。
こういう映画を観ると、警察も形を変えた暴力団でしかないということがわかる。裏の世界にも表の世界と同様にルールがあり、そのルールを破ると恐ろしいしっぺ返しがくるということも。
たじー

たじーの感想・評価

4.5
#孤狼の血

@gkh045 と観に行ってきましたよ。


食うか食われるかの世界で命を焼き尽くす男たちのゴリゴリの生き様映画!

グリグリの男クセェ映画!

東映のTheヤクザ映画 !!vs 警察

面白すぎて震えたよ!👏

結構長いこと感想書きますが!!どうぞお付き合いのほど!!カバチタレ!!👼🏻

舞台は広島 昭和最後の夏。
対立する2組のヤクザを監視していた所轄のマル暴に入ってきた新人刑事 日岡(松坂桃李)
彼は マル暴でもきっての腕利き刑事 でヤクザにも恐れられる大上(役所広司)の下に付くよう命じられるが。
この大上は、賄賂、暴行、なんでもありのめちゃくちゃ破天荒刑事。


冒頭から息つく暇などなし。どストレートのパンチをいきなり喰らい、普通に生活して行く上で絶対に知らないであろう恐怖の世界にすごいスピード連れてかれる。

昭和の夏のジメジメ感、汗臭さやタバコの匂いも全て映像から伝わってくるんじゃねーかと錯覚するくらいの描写。
さすがの白石監督(※凶悪や日本で一番悪い奴ら)

暴力的で理性がなくてむちゃくちゃな奴らがたくさん出る中、唯一 まともな松坂桃李。観る側としては桃李君がひとつのクッションとなり度々そこに安堵を求められるから女子もご安心を 笑

とにかく出演している役者の演技がすごい!役所広司は流石の迫力。
松坂桃李も映画の中でどんどんと表情や目が変わっていき、終盤にはゾッとするくらいの表情を見せてくる。松坂桃李、この映画で株がグンと上がりやした!←誰 笑

役所広司の生き様に魅了され、
正義とは何なのかを考えさせられる!

騙し騙され裏切られ
愛もあれば、優しさも、悲しみも、憎しみも、怒りも
映画自体は暴力的でかなりえげつないけど、
まさか任侠映画でホロリと来るとは思わなかったですわい😅

そう!任侠映画だけでなくヒューマンドラマとしても最高じゃけぇのぉ!

#タジマ自己満映画記録 ★4.5
#映画記録
#映画



麦

麦の感想・評価

-
広島弁が焼き付いた。永川恭二という男をもっと知りたい。あの人は目がいってた これを見た日からずっと離れない…
5月に見たやつ。

松坂桃李がルックスだけって思ってるやつの顔をぶん殴れる映画。ストーリーは任侠映画としては平坦かもしれないけど、今の時代だからこそ映えるし暴力描写が天才的な白石監督しか見せられないものがある。
Nibutasan

Nibutasanの感想・評価

5.0
今まで観た白石和彌監督作品の中で一番面白かった作品。
とにかく役所広司と松坂桃李!特に松坂桃李の序盤と後半の表情の変化など、セリフでないところの演技が素晴らしかったと思います。
豚小屋だったり、ヤクザの脅し方だったり、随所に原作からのお下品な改変がありそれが非常にハマっていました。特に五十子会長の決め台詞(?)はサイコー。
続編も楽しみです。
yamato

yamatoの感想・評価

2.5
広島呉の昔のヤクザと刑事の話。ヤクザ同士の抗争…酷い…役所さん最高!
得意なジャンルではないが、それでも目を背けたくなるような描写を前に、ラストまで目が離せなかった。人物描写は濃度が高く、脇を固める一人一人の顔や目に宿る光が強烈。

ヤクザ以上にアウトローな広島県警の大上(役所広司)と、インテリ若手の日岡(松坂桃李)の対照的な正義感の間で心が揺さぶられる。
鑑賞中に勘違いしそうになるのだが、これはヤクザ映画ではなく警察映画。監督の白石和彌節の日本のグレーゾーンに土足で飛び込んでいく視点に震える。

「生かしもせず殺しもせず飼いならしゃええんじゃ!」「警察じゃけえ、何をしてもええんじゃ!」
大上ワードのいちいちがキラー過ぎて、引き笑いしてしまうのだが、物語が進むにつれ、無法すぎる大上の行動が実は彼なりの正義、摂理、ルールによって動いているとわかる。終盤、里佳子(真木よう子)が明かしたある一言で、危うく膝が崩れ落ちそうになった(座っている)

久々に韓国映画を超える濃度の日本映画を見られて大満足。東映の底力、そしてやっぱり白石和彌の監督力。できるだけ多くの人が見られるようにレーティングもギリギリR15まで下げたのだそう。
続編となる『狂犬の眼』が製作決定したようで、こちらも楽しみ。
あゆみ

あゆみの感想・評価

4.5
冒頭から吐き気がしたけど、アドレナリンが出るような映画は最高です。バイオレンスかつシリアスでありながら、ナレーションはじわじわくるし、半笑いできるさじ加減が絶妙。
役所広司渋すぎ。松坂桃李活躍目覚ましすぎ。男臭い作品の中で、真木よう子眼福すぎ!
完全にエロ・エモ・イージーの3拍子。