29歳問題のネタバレレビュー・内容・結末

29歳問題2017年製作の映画)

29+1

上映日:2018年05月19日

製作国:

上映時間:111分

3.7

あらすじ

香港で暮らすヨックワン(クリッシー・チャウ)。化粧品会社でのキャリアも順調、長年付き合っている彼氏もいて、公私ともに順風満帆なはずだった。しかし 30 歳の誕生日をひと月後に控え、仕事のプレッシャーはキツいわ、彼とはすれ違いでギクシャクするわ、暗雲が垂れ込めてくる。 実家の父は認知症で何時だろうが「早く帰ってこい!」と電話を寄越す。おまけに借りていたマンションの部屋を売りに出され、一方的に追い…

香港で暮らすヨックワン(クリッシー・チャウ)。化粧品会社でのキャリアも順調、長年付き合っている彼氏もいて、公私ともに順風満帆なはずだった。しかし 30 歳の誕生日をひと月後に控え、仕事のプレッシャーはキツいわ、彼とはすれ違いでギクシャクするわ、暗雲が垂れ込めてくる。 実家の父は認知症で何時だろうが「早く帰ってこい!」と電話を寄越す。おまけに借りていたマンションの部屋を売りに出され、一方的に追い出されてしまう。急遽借りた部屋は、あるじの女性ティンロ(ジョイス・チェン)がパリ旅行で留守している間の仮住まい。部屋にあったティンロの日記を読むと自分と誕生日も同じ、同い年だった。ヨックワンは日記を読み進め、気ままに暮らす楽天的なティンロのささやかで幸せそうな日常に惹かれて行き…。

「29歳問題」に投稿されたネタバレ・内容・結末

めちゃめちゃ共感しました!
ヨックワンが涙するところは、本当に共感できて胸が苦しかった…!ティンロは、可愛かった!あんな素敵な考えができる女性になりたいなと思いました。
女の人って男性よりも年齢による分岐点がたくさん、あるし、世の中も年齢で判断される事が多い。なので、ティンロのセリフがすごく心に刺さりました。
『年齢は、関係ない。毎日が命のカウントダウン。大事なのは、楽しいことを覚えておくこと。人生は、思い通りには、いかない。だからこそ、自分の受け止め方次第。』
はじめましての、香港映画。
はじめましての、キネマ旬報。
リズム感といい、音楽の入れ方といい、表現方法がまたちがった感じでおもしろかった。香港だからとか関係ないかもだけど。

コメディ感はちょっと日本ぽかったり、なんかCMみたいだなーと思ったり、広東語どんな文法なんだろって気になったり。さすが、日常会話にも英語がまじるんだね。名前にさんづけしてるようにも聞こえたし、3万とかそのままサンマンって聞こえたし、なんかそういうの色々あった気がする。
エッグタルトとか、屋台のお菓子とか、漢方とか、バスの感じとか、あー香港こんな感じなんだと文化的な背景も興味深かった。だって日本のオフィスであんな自然に漢方行ってる〜?みたいな話でないよね?笑

土手とか駄菓子屋とかレコード店の感じとか、あずきとか日本ぽすぎてフツーに観ちゃってたけど、駄菓子屋の感じとかほんと日本とそっくりだね!あとは、女子の会話とか、保険のこととか、結婚の価値観とか婚期の話とかもすごく日本と似てるんだろうな。今までの自分の知り合いとか経験値からしか判断はできないけど、とてもアジア的?な印象もした。

メガネの彼女の(名前覚えられない)ビデオで話すシーンのビデオと現実が混じる感じとかすき。彼女の親友との関係性もすてき。個人的にはあの超いい親友同士の関係が好きだったけど、2人が望んだなら恋愛関係的になれてよかったね。
なにより土手での「12の3、ふぎ〜〜!」って笑顔つくるシーンすてきね〜

もともと一人二役でやる舞台みたいだけど、きっとそこにある良さもあるんだろうな。対極なようで繊細な部分が重なりふれあう二人だから。ちなみにキャリアウーマンの彼女は(名前覚えられない)有村架純と桐谷美玲を混ぜた感じがした。


仕事、結婚、身体の不調、親のこと…みたいなアラサー女子が直面し得る問題だけじゃなくて、ガンのこととか自分の夢を叶えてあげることとかそういうのもあって、終わってみたら色んなメッセージを受け取ってた。


普段はアジアのあまり観ないけど、これは香港映画でよかったかも。ほどよく身近に感じられたから。多分これが日本だと、「映画です!」感が強かったり女優さんのイメージの方が強すぎたりしちゃって「まあまあ」な感じになっちゃいそう。女優さんのこと全くわからないし、異国なのに懐かしさも感じる香港がいいね。

ものすごい感化されたというよりは「わたしもがんばんなきゃな〜!」とゆるく思えた感じ。ありがとうございました!


「年齢は関係ない。
毎日が命のカウントダウン。」

「大切なのは楽しかったことを覚えておくこと。人生はそうでないことがたくさんあるから。」

「どんな段階(ステージ)も、まずは一段から。」
これは私の界隈でちょっと異常な盛り上がり方をしていて、絶対に見なければいけないなと思いつつも、普通の感動映画じゃないかと予想してなかなか足が動かなかった。重い腰を上げてみれば、、、なんという名作!!

舞台が原作でそれを同監督が映画化したとありましたが、なるほど納得できる表現がいっぱい。キャラクターがカメラ目線で語っちゃう作品ってけっこう嫌いなやり方なのですが、これはうまい!好き!その台詞がすべて現実味を帯びた秀逸なもので、ナレーションではいけない理由がちゃんと分かる。

キャラクターもそれぞれが生きていて最高でした。人生の見せ方がこれもうまいんだなぁ~。クリスティのお父さんの生涯は、『カールじいさんと空飛ぶ家』のオープニングに匹敵する語り方。素敵だ。舞台版を活かしながら、映画として昇華させた見事な例になると思う。インサートも全部が素晴らしかった。ユーモアと涙のバランスも絶妙。

エンド・ロールで舞台版の映像が流れ、キャストが全部で3人だったことに驚き。舞台裏の映像や観客へのメッセージもあり、キーレン・パンが本当にこの作品を愛しているんだなと伝わってきてさらにジーンとした。

これは映画好きな人も舞台好きな人もどちらも興味ない人もみんなにおすすめしたい。ほぼ100パーセントの人が「いい映画だった!」と気持ちよく劇場を出れるのではないでしょうか。
もったいない映画。テンポが良いし、ときどき観客に話しかけるメタな感じもおもしろい(被観察者と観察者の協会が曖昧になる今風な感じ?)。香港の都会の生活も素敵に描かれていているし(女子トーク)、年始カウントダウンの若者の開放感も楽しげだ。しかし最後の10分で台無しにした。いやーその手法は、元々劇作品というのはよくわかるのだけど、映画に持ち込んでもうまく完結していない。
あと数ヶ月もすれば、同い年になってしまう私にはとても他人事とは思えない内容で。いつまで戻ればいいのか、どうすれば過去に戻れるか、とかそんなことばっかり考えてる暇があったら残りの人生を生きなければ。

胸を触るシーンとか切なくて泣けた。

みんな残りの人生のカウントダウンをしながら生きてるんだよなと改めて気づかされる。
主人公29歳。後1ヶ月で30歳を迎える化粧品会社に勤めているクリスティ。所謂、意識高い系女子?キャリアウーマン?仕事は社長からも認められ充実してるかのようだけど、一体自分が何のために仕事をしているのか?お金を貯めるため…でもその先は何?お金を貯めてどうする?長年付き合ってる彼はいるけれど、結婚するわけでもないし、彼は仕事で出張が多くてすれ違い。

実家の父は痴呆でこちらの都合関係なく四六時中電話をかけてくる。

毎日毎日、あなじことの繰り返し。友人同士の女子会は楽しいというよりも、もはや義務みたいな感じだったりする。まあ、そういうことも大事ではあるからって感じ(自社の化粧品を愛用してくれてる顧客だったりもするし)?そんな友人に映画「花様年華」のポスターをプレゼントしたり、お付き合いもななかなか大変。しかしそんなある日突然、大家から家を出て行ってくれと言われる。

困ったところに、大家の甥の友人が1ヶ月家を留守にするからと仮住まいさせてもらうことに。

この大家が硬軟天師の林海峰、そして、よく利用するタクシーの運転手が硬軟天師の葛民輝と何とも私的には嬉しいキャスト。

仮住まいの部屋はとても雰囲気がいい部屋で、そこの主人は黄天樂という女性。生まれて初めてパリに旅行に行くからそのあいだ、部屋を使って良いと。彼女の部屋には2匹の亀が同居しているけれどその名前がマギーとチェリー(笑)これもすぐ反応してしまったよ。

そしてパリに行きたい理由も大好きなレスリーのドラマ「日落巴黎(この作品に出演してるのがマギーチャンと、チェリーチェン)」が大好きだから。仲のいい幼馴染の漢明(男性)がくれたぬいぐるみと一緒に旅立った。

全く違うクリスティと天樂だけど、偶然にも生年月日が同じだった。彼女が残していった彼女の日記(生い立ちが書かれている)を読むクリスティ。

自分はキャリアも見目も天樂よりも充実しているはずなのに、なぜかなんでもない日常を生きている天樂の方が幸せに感じてしまう。

徐々にそんな生活が苦しくなって行くクリスティ。中古レコード屋さんで働いていた天樂。そこの店主が鄭丹瑞。

80年大90年代の香港の音楽や映画が好きだった世代にはたまらない伏線がたくさんあって、後半に実はクリスティと天樂はお互いを知らずに繋がっていたことがわかる。(バスでの会話から保険のチラシを渡すシーンも後々凄いなぁと)

クリスティの父の死、そして天樂のことを知れば知るほど、今の自分とは何なのか悩むクリスティ。

クリスティのシーンは結構、無機質なトーンって感じなんだけど、天樂のシーンになるととにかく、カラフルで、どんな時も笑顔で、なんでもないことでも楽しく生きているように見える。大切な漢明と楽しい日々。でも本当は彼女にも過酷な運命が待っていた。

天樂のシーンになると涙が溢れてきてしまう。悲しいシーンではなくても、なんだか心が揺さぶられてしまう。彼女が初めて行ったコンサートの回想シーンにビヨンドの黄家駒の映像と音楽が、映像の中のワンシーンの家駒の姿だけで、もう私にとっては涙モノ。そして天樂の初恋の人と再会のシーンで流れるビョンドの「早班火車」にまた胸熱で涙しながら、初恋の人がいつの間にか本物の張國強になっていたり(初恋の人が彼女には張國強に見えていた)小憎い演出がいたるところにあります。

天樂が乳がんだとわかって、それを聞かされた漢明に天樂が胸を触ってとか、セックスしようというけれど、それは旅行から帰って手術が成功してからでと優しく言う漢明とのシーンにまたも心で号泣。

仕事ができても心が満たされないとそれは幸せじゃないと感じたクリスティ、彼女のその後はどうなっただろう。後半のクリスティと天樂の出会いの数々のシーンを見ると、改めてもう一度見直したいと思いました。

別に29歳と30歳に何か違いがあるのかどうか私にはわからないけれど、人それぞれ何か分岐になる年齢ってあるのかなぁ。

黄天樂を演じたジョイス・チェンはあの肥姐「リディア・サム」と「アダム・チェン」の娘だったのにはびっくり。(リディアはレスリーと親交もあつかったですから)そして張漢明演じたベビージョン・チョイが素敵でした。(かっこいいと言う感じではないけれど、佇まいが)

香港の意識高い系女子たちとそうでないと天樂と漢明の何気無いただ笑顔で笑ってる毎日の人たちとの対比なども楽しめるし、決して悲しい物語ではありません。でも私は心揺さぶられで、心も号泣という素敵な作品でした。
20代の私にとって、心がふっと軽くなるような作品でした。

洋画って文化違いすぎてあまり感情移入できないけど、アジア系の顔もあってか、楽しめました。

はじめのテンポのいい朝の支度らへんも効果音がマッチしててワクワクした。

元が舞台なのかな?
笑顔が眩しい✨
途中、入れ替わった感じの演出に混乱しかけたけど..

待ち受ける29歳.
自分に正直に、明るく迎えたい!
間に合った💦

私は30歳は少しだけ過ぎているけど
27くらいかな、それくらいから多分今現在も、この主人公と同じような悩み、気持ちになることがある。

多分年齢に関係なく
誰もが何かしら抱えてるものだとは思うのだけど、年が近い分リアルに感じるものが多くて、主人公が少しずつ壊れて心のバランスが取れなくなったあたりからエンドロールに至るまでずっとハラハラと涙を流し続けてしまった。

ティンロの日記と出会ってからの彼女はさらに心のバランスを崩して行くんだけど、これってすごくリアルで
劣等感、自分なにしてんだろ、なんで自分ばっかりこんな目に?

相手にマウンティングの意思がなくとも
自分からマウント取られにいっちゃってる感じの。うまくいえないんだけど。
世界中の全部が自分を邪魔してるみたいに感じるの。

途中途中そんな主人公が痛々しく辛く、そして思い当たり過ぎて泣けて泣けて。

でも途中のティンロの日記に本気でハッとさせられたんだ

思い通りにならないことはたくさんある。
だけど、受け取り方だけは自分で決められる。

ほんとその通りだなって
自分の幸せは自分で決められるし
自分の機嫌も自分で取るしかない

あてにならない彼氏や
周りの幸せになっていくひとたち
出世を喜ばない周りや
老いていく親。

自分を不幸せな気持ちにする材料はたくさんあるけれど
それは受け取り方を変えて人生を幸せに生きていくための材料なのかもしれない。
まだ、気づいていないだけで。

気づいた時から
人生で起きるその全てが宝物。



苦言を言うなら
病気絡みなのがちょっとね。
結局そういうことが起きないと人間は気づけないものなのかしら。


舞台オタクとしては、ぜひ監督が一人二役で演じていたという舞台版「29+1」を見たいのですが、どちらかで見れるよ!という情報をお持ちの方いらっしゃいましたらよろしくおねがいいたします。
珍しく香港映画を

予告が良く、
作り手が女性だったので

いやー大当りでした
もっと公開館を増やすべき

タクシーの運転手も
レコード店の店主も
彼女の男の親友も
素晴らしい言葉を放つ

ここちよい生き方に向けて
いろんなヒントがあった

後半は
胸が締めつけられる場面が多く
いくつかの出来事を巧く繋げていく

エンドロールは
また違った
生きざまを感じてしまった

ただちょっと長かったかな(笑
一人芝居が原作の香港映画。主人公の一人、林若若(クリスティ)はバリキャリ。始めの方は仕事のできる優秀な人の話…という感じで取っつきにくかった(仕事終わりに観たので疲れもあったと思う)。けれど、日々生きていれば、様々な問題に巻き込まれます。この作品で言うと、パートナーとの不和、父親の事故、仕事で出世した一方責任も増す……などなど。その中で“どうにか生きていく”感じに、共感できた。ここ自分自身のこの2, 3年振り返ってみても色々なことがあった(ように思う)。
それから、もう一人の主人公、黄天楽の存在でとても楽しくなった。
事前に情報を仕入れることなく観ていたのですが、冒頭の床で悪夢にうなされるように寝返りを打つシーンを観た瞬間から、演劇っぽいと思っていた。その直感が鑑賞後当たっていると分かり嬉しかったです!🙌
>|