29歳問題の作品情報・感想・評価 - 4ページ目

29歳問題2017年製作の映画)

29+1

上映日:2018年05月19日

製作国:

上映時間:111分

3.7

あらすじ

香港で暮らすヨックワン(クリッシー・チャウ)。化粧品会社でのキャリアも順調、長年付き合っている彼氏もいて、公私ともに順風満帆なはずだった。しかし 30 歳の誕生日をひと月後に控え、仕事のプレッシャーはキツいわ、彼とはすれ違いでギクシャクするわ、暗雲が垂れ込めてくる。 実家の父は認知症で何時だろうが「早く帰ってこい!」と電話を寄越す。おまけに借りていたマンションの部屋を売りに出され、一方的に追い…

香港で暮らすヨックワン(クリッシー・チャウ)。化粧品会社でのキャリアも順調、長年付き合っている彼氏もいて、公私ともに順風満帆なはずだった。しかし 30 歳の誕生日をひと月後に控え、仕事のプレッシャーはキツいわ、彼とはすれ違いでギクシャクするわ、暗雲が垂れ込めてくる。 実家の父は認知症で何時だろうが「早く帰ってこい!」と電話を寄越す。おまけに借りていたマンションの部屋を売りに出され、一方的に追い出されてしまう。急遽借りた部屋は、あるじの女性ティンロ(ジョイス・チェン)がパリ旅行で留守している間の仮住まい。部屋にあったティンロの日記を読むと自分と誕生日も同じ、同い年だった。ヨックワンは日記を読み進め、気ままに暮らす楽天的なティンロのささやかで幸せそうな日常に惹かれて行き…。

「29歳問題」に投稿された感想・評価

確かに受け止め方が全てよね。
辛い状況でもどう捉えるかによって変わってくる。少なくとも日本にいる限りはそこまで悪いようにならないしね。
ダメだと思ったら本当に終了してします。
冒頭の演出が、日本のドラマ的であんまり好きじゃなかったので、少し点は低め

(2018年劇場90本目)
(2018年通算168本目)
Maggie

Maggieの感想・評価

4.0
久々の香港映画。なかなか良かった。どちらかといえばパリに行っちゃう天楽に共感。人生上手くはいかないのよね。でも最後にレスリーの歌はずるいなあ。泣いちゃうじゃん。あの時代の香港エンタメ好きには懐かしい限りでした。
ののの

のののの感想・評価

3.1
全部リセットしなきゃ気が済まない時を経て、どう生きて行くかってのが一番の問題。
ヒントをくれるかと思ったけど、そう簡単にはいかなかった。
もと

もとの感想・評価

-
よかったな、
当事者だから尚更。
励まされて、エンドロール含めてこの映画のメッセージ
さわ

さわの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

はじめましての、香港映画。
はじめましての、キネマ旬報。
リズム感といい、音楽の入れ方といい、表現方法がまたちがった感じでおもしろかった。香港だからとか関係ないかもだけど。

コメディ感はちょっと日本ぽかったり、なんかCMみたいだなーと思ったり、広東語どんな文法なんだろって気になったり。さすが、日常会話にも英語がまじるんだね。名前にさんづけしてるようにも聞こえたし、3万とかそのままサンマンって聞こえたし、なんかそういうの色々あった気がする。
エッグタルトとか、屋台のお菓子とか、漢方とか、バスの感じとか、あー香港こんな感じなんだと文化的な背景も興味深かった。だって日本のオフィスであんな自然に漢方行ってる〜?みたいな話でないよね?笑

土手とか駄菓子屋とかレコード店の感じとか、あずきとか日本ぽすぎてフツーに観ちゃってたけど、駄菓子屋の感じとかほんと日本とそっくりだね!あとは、女子の会話とか、保険のこととか、結婚の価値観とか婚期の話とかもすごく日本と似てるんだろうな。今までの自分の知り合いとか経験値からしか判断はできないけど、とてもアジア的?な印象もした。

メガネの彼女の(名前覚えられない)ビデオで話すシーンのビデオと現実が混じる感じとかすき。彼女の親友との関係性もすてき。個人的にはあの超いい親友同士の関係が好きだったけど、2人が望んだなら恋愛関係的になれてよかったね。
なにより土手での「12の3、ふぎ〜〜!」って笑顔つくるシーンすてきね〜

もともと一人二役でやる舞台みたいだけど、きっとそこにある良さもあるんだろうな。対極なようで繊細な部分が重なりふれあう二人だから。ちなみにキャリアウーマンの彼女は(名前覚えられない)有村架純と桐谷美玲を混ぜた感じがした。


仕事、結婚、身体の不調、親のこと…みたいなアラサー女子が直面し得る問題だけじゃなくて、ガンのこととか自分の夢を叶えてあげることとかそういうのもあって、終わってみたら色んなメッセージを受け取ってた。


普段はアジアのあまり観ないけど、これは香港映画でよかったかも。ほどよく身近に感じられたから。多分これが日本だと、「映画です!」感が強かったり女優さんのイメージの方が強すぎたりしちゃって「まあまあ」な感じになっちゃいそう。女優さんのこと全くわからないし、異国なのに懐かしさも感じる香港がいいね。

ものすごい感化されたというよりは「わたしもがんばんなきゃな〜!」とゆるく思えた感じ。ありがとうございました!


「年齢は関係ない。
毎日が命のカウントダウン。」

「大切なのは楽しかったことを覚えておくこと。人生はそうでないことがたくさんあるから。」

「どんな段階(ステージ)も、まずは一段から。」
aiueo

aiueoの感想・評価

-
カメラ目線で話しかけてきたり、いわゆる「リアルなガールズトーク」がかなりきついけど(30歳女性のリアルってこういうかんじだよねというかんじがどことなく表層的。監督にとっては過去の問題なんだと思う)、中盤から異なる時間と空間をかなりたくみに繋いでいくので驚く。

しかしラストはこれ舞台だったら盛り上がるんだろうけどという感じが拭えず。
そもそも主人公は、難病ものの映画を見る観客のような存在で、いわば難病ものとその消費が構造化されている。
別に悪いわけではないが、そりゃ共感得るだろう。
さっぱりわからない香港の90年代リバイバルに思いをはせる。
ヨックワンとティエンロの2つのパート。ヨックワンは疲れるな〜、ティエンロはかわいいんだけど大丈夫かしら?と勝手に心配。途中明かされる色々に泣かされ、しみじみと自分や家族のことを思ったり。
2018.06.27 恵比寿
shoken

shokenの感想・評価

3.2
笑って乗り越えるっていう精神は大事だと思います。
miku

mikuの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

これは私の界隈でちょっと異常な盛り上がり方をしていて、絶対に見なければいけないなと思いつつも、普通の感動映画じゃないかと予想してなかなか足が動かなかった。重い腰を上げてみれば、、、なんという名作!!

舞台が原作でそれを同監督が映画化したとありましたが、なるほど納得できる表現がいっぱい。キャラクターがカメラ目線で語っちゃう作品ってけっこう嫌いなやり方なのですが、これはうまい!好き!その台詞がすべて現実味を帯びた秀逸なもので、ナレーションではいけない理由がちゃんと分かる。

キャラクターもそれぞれが生きていて最高でした。人生の見せ方がこれもうまいんだなぁ~。クリスティのお父さんの生涯は、『カールじいさんと空飛ぶ家』のオープニングに匹敵する語り方。素敵だ。舞台版を活かしながら、映画として昇華させた見事な例になると思う。インサートも全部が素晴らしかった。ユーモアと涙のバランスも絶妙。

エンド・ロールで舞台版の映像が流れ、キャストが全部で3人だったことに驚き。舞台裏の映像や観客へのメッセージもあり、キーレン・パンが本当にこの作品を愛しているんだなと伝わってきてさらにジーンとした。

これは映画好きな人も舞台好きな人もどちらも興味ない人もみんなにおすすめしたい。ほぼ100パーセントの人が「いい映画だった!」と気持ちよく劇場を出れるのではないでしょうか。