29歳問題の作品情報・感想・評価 - 5ページ目

29歳問題2017年製作の映画)

29+1

上映日:2018年05月19日

製作国:

上映時間:111分

3.7

あらすじ

香港で暮らすヨックワン(クリッシー・チャウ)。化粧品会社でのキャリアも順調、長年付き合っている彼氏もいて、公私ともに順風満帆なはずだった。しかし 30 歳の誕生日をひと月後に控え、仕事のプレッシャーはキツいわ、彼とはすれ違いでギクシャクするわ、暗雲が垂れ込めてくる。 実家の父は認知症で何時だろうが「早く帰ってこい!」と電話を寄越す。おまけに借りていたマンションの部屋を売りに出され、一方的に追い…

香港で暮らすヨックワン(クリッシー・チャウ)。化粧品会社でのキャリアも順調、長年付き合っている彼氏もいて、公私ともに順風満帆なはずだった。しかし 30 歳の誕生日をひと月後に控え、仕事のプレッシャーはキツいわ、彼とはすれ違いでギクシャクするわ、暗雲が垂れ込めてくる。 実家の父は認知症で何時だろうが「早く帰ってこい!」と電話を寄越す。おまけに借りていたマンションの部屋を売りに出され、一方的に追い出されてしまう。急遽借りた部屋は、あるじの女性ティンロ(ジョイス・チェン)がパリ旅行で留守している間の仮住まい。部屋にあったティンロの日記を読むと自分と誕生日も同じ、同い年だった。ヨックワンは日記を読み進め、気ままに暮らす楽天的なティンロのささやかで幸せそうな日常に惹かれて行き…。

「29歳問題」に投稿された感想・評価

haomei

haomeiの感想・評価

-
18/6/26 ジャック&ベティ
creamp

creampの感想・評価

4.8
すごく心に響いた。
登場人物たちがいいキャラしてた。
2018年76本目
hyak

hyakの感想・評価

-
これからの人生で得るものと失うもののことを思うともう推しの口座に全財産振り込んで飛ぶしかねえなってなるけど、冷静に考えて仕事以外で自分の気持ちを共有できる人ってどこかで売ってないのかな(錯乱)
アリサ

アリサの感想・評価

3.7
29歳、最近20歳を迎えた自分にとってはまだ先の話。同じ29歳でもクリスティとティンロは全く別の生き方をしていて、クリスティはいわゆるできる女で働く姿とかその他共感できるところはたくさんあったけど、だからこそ私はティンロの人生が素敵だなあと感じた。人生をどう受け止めるか、かあ。人生やり直したいと思う日々の中で、この映画を観て良かったなあと思う。

始まりのテンポ感というかそれはめちゃくちゃ好きな感じだったけど、ラストシーンにかけての構成?はちょっとうーんと思ってしまった、、でも素敵な映画だった。
十六夜

十六夜の感想・評価

3.2
丁寧な作りで、女性の気持ちをよく表していてよかったです。

あまりにも疲れていて寝てしまいそうになり、作品をきちんと鑑賞出来ていないかも…。なので結局どうしたのか?が自分の中で整理できていない。また観て理解したい。
テーマやストーリーはまあ良かった。
あまり香港映画はわからないので、初めましての演者さんでしたが、とても好感持てました。

しかし、全体的に話がサイドチェンジしまくり。決して効果的ではない謎のロングパスがちょいちょいある。
監督が、普通の構成を嫌がるというか、ちょっと捻った映画への憧れがあるけど、腕が伴っていないという感じ。

理解力の低い自分には、よくわからない構成でした。
Aya

Ayaの感想・評価

3.5
なんの話かはわかんなかったけど、グッとくるとこが多かったですね。

元々は「29+1」という舞台があるそうで、エンドロールに映画の撮影模様と舞台版が映るんですけど、美人な監督だなーと思ったらこの人が舞台版の主演女優をやってるんですね。
だからこの映画も舞台の始まった2005年に設定されています。
日本語タイトルの「29歳問題」って結構いいですよね。

でもこの映画で描かれるテーマとしてはあまり年齢は関係ないです。

自分の人生とは?
生き方、考え方の話なので。

容姿端麗、仕事もバリキャリ、数分ごとにタイマーをかけるまさにできる女のクリスティとぽっちゃりレコード屋店員でいつも明るいティンロ。
何の接点もなさそうな同じ生年月日の二人。
30歳の誕生日をひと月後に控え、焦りまくりのクリスティ。仕事は順調だが彼氏とはすれ違いばかり。

そんな彼女をさらに追い詰める突然のマンション退去命令。
昇進して仕事しまくりで部屋を探す時間がない!とのことで元大家の姪であるティンロの部屋を一時的に借りることに。
部屋に行くとビデオが置かれており「私は念願のパリ旅行に行って来るから自分の部屋だと思ってくつろいで!」というティンロからのメッセージが。

仕事でもプライベートでも大変なクリスティ。
そんな中、部屋で見つけたティンロの日記a.k.a自伝に目を通すと・・・。

まあオープニングのクリスティの朝の出勤準備がもはや爆笑&共感でして。
テンポも良く、身に覚えしかねえ!
あれ、表にしてくれたら時計とかアクセの付け忘れなくなるのに・・・。

傍目にはクリスティは美人で友達も多くて仕事もできて、あまりパッとしない容姿で友達は幼馴染のイケメンだけ。仕事もレコード屋のバイト、というティンロに比べると超エリートでいいじゃん!って感じなんやけど、実はクリスティも彼氏との問題や大好きな父親が認知症だったり昇進して変に周りと距離ができたり・・・あまり彼女は幸せそうに見えない。

それに比べてティンロはバイト先のレコード屋の店長は家族のようだし、唯一の友達のイケメンはティンロとはバディレベルの仲良し。
そして常に笑顔を絶やさない。楽天的で何でも楽しめる。
そんなティンロにはある秘密が・・・。

日記a.k.a自伝には
「自分に劣等感を抱く時ってない?」と書かれているが、クリスティはきっぱり「ない。私は常に努力してきたから」
と答えたり、考え方そもそもがこの2人結構違うんですよ。
でもね、考え方ってね、変わるんだよ人間。

ティンロは終盤にこう言います。

「人生には自分ではどうにもならないことが起こる。でも受け取り方は自分次第でどうとでもなる」

と。
すげえいい言葉だな、って感動した。

いや、途中はこの2人のあまりの格差とティンロのイケメン友達とかクリスティのいー!!って感じとか含めて、これちょっと待て!
実は同じ人物でどちらかが妄想だったとかそういう女のヤバいやつじゃね?って背筋が冷たくなりましたが、そうではなかった。

いきなりシリアスになったりファンタジックになったり、えっ・・・と戸惑う場面もありますがw

あのティンロがイケメンに秘密を打ち明けて、あるお願いをするのですが、そのくだりが爆笑でした。
「今?」
今じゃなかったら何だってんだよww

私はこの映画を見て、いろんなことに少し前向きになれたし、普段は興味もない家族に会いたくなりました。

全然関係ないけど、これと台湾映画の「53Hzのラブソング」を続けて見たのですが、広東語と北京語が全く違うのに驚きました。
まあどっちもビタイチわかんないんですけどw


日本語字幕:鈴木 真利子
29歳の行く末は、フランスか花様年華ベッドルーム
面したものが真面目に人生に取り組んでいるか或いは救いようのない類いの楽観主義者であるのか、を判断するリトマス試験紙みたいに感じたんですけれども。

共感を覚えてもらうべくにエピソードを選び抜き、それを受け手にしっかり届ける為に台詞一つまで大事にしている事が真摯な姿勢に覗え、更に共通言語としてカルチャー用語をぶち込むチャーミングさまで見せて呉れて。

果たして、他愛ない自分語りに物語としての面白さを加味しようとする工夫がもう十分に判る訳ですよ。

だけども、それでもやっぱりどうしても、刺さらない相手ってのが居るじゃないですか、届かない場合ってのがあるじゃないですか。

なんかもうほんとすみませんでした、分かってあげられずに申し訳ありませんでした。
結構面白かった。テーマを詰め込みすぎ感はあったがほどよくお腹いっぱいになった。明日から頑張ろうと思えた。