人生はシネマティック!の作品情報・感想・評価

人生はシネマティック!2016年製作の映画)

Their Finest

上映日:2017年11月11日

製作国:

上映時間:117分

3.8

あらすじ

第二次世界大戦中の1940年のロンドン。コピーライターの秘書として働くカトリンだったが、人手不足で代わりに書いたコピーが情報省映画局の特別顧問のバックリーの目に留まり、新作映画の脚本陣に加わることに。その新作映画とはダンケルクでドイツ軍の包囲から兵士を救出した双子の姉妹の物語。戦争で疲弊した国民を勇気づけるため、この感動秘話の映画化が決まった。しかし製作が始まるとベテラン俳優のわがまま、政府&軍…

第二次世界大戦中の1940年のロンドン。コピーライターの秘書として働くカトリンだったが、人手不足で代わりに書いたコピーが情報省映画局の特別顧問のバックリーの目に留まり、新作映画の脚本陣に加わることに。その新作映画とはダンケルクでドイツ軍の包囲から兵士を救出した双子の姉妹の物語。戦争で疲弊した国民を勇気づけるため、この感動秘話の映画化が決まった。しかし製作が始まるとベテラン俳優のわがまま、政府&軍部の検閲や横やりなどトラブル続出。そのたびにカトリンたちの脚本は二転三転するはめに。それでも困難を乗り越え、ついに撮影は大詰めを迎えるが、ここで最大級のトラブルがカトリンたちを待ち受けていた…。

「人生はシネマティック!」に投稿された感想・評価

filmarksの試写会にて!

なんとなく去年公開された名作『ローマの休日』を生み出した『トランボ 〜ハリウッドに最も嫌われた男〜』を思い出した笑

こちらはちょっと毛色が違うものですけど。

この作品は、
“ダンケルクにて民間船で救出に向かった姉妹が兵士を救ったという記事を見て「よし、これを映画にしよう!」と奮闘する映画会社の脚本家”のお話。

なのでノーラン監督の『ダンケルク』を観た人は是非観よう!きっと奇跡の“ユニバース”体験が出来るでしょう笑

…とは言っても、向こうでは公開はこっちが先なんですけどね。(゚∀゚)
『ダンケルク』が話題になったから日本公開したのかしら?笑


日々、空襲に怯えながら貧困生活を強いられる時代。人々に希望を持たせるために良い映画を作ろうとするその姿、例えそれがプロパガンダ映画だろうといいじゃない、それが活力になって元気になるなら!(゚∀゚)

「そういう風に脚本って作ってんだ」と裏側も観れたり面白い。

脚本をタイプライターで“カシャ!カシャ!カシャカシャ!”と叩いたあと、タバコを“スパ〜…( ´Д`)y━・~~”と吸う。

イイね!👍


なんか観終わった後、酒でも飲みに行きたい気分でしたよ。

映画自体はわりと淡々と進んでいく感じですが、個人的には中だるみみたいなのは感じられず楽しめました!


しかし、主人公に起きたまさかの展開は観ててビックリしたし辛かった。(ノД`)

人生は辛いことばかり、それを映画に救われた経験を持つ人は少なからずいるんじゃないかなと。

映画だけでなく音楽やアニメでもゲームでもバラエティ番組でもなんでも。

そして自分が良いなと思える映画って、何度見てもやっぱ“良い映画だな”と思えるんだよね。


「良い映画だな〜」そして…
「映画ってやっぱ良いな〜」と思わせてくれました。

先日公開された『ドリーム』の女性強し!といった感じの雰囲気と『トランボ』を足したような映画でしたので女性の方も是非観て欲しい作品だと思いました。^_^

特に映画をよく観る人!!笑
一夢

一夢の感想・評価

3.3
めっっっちゃレビュー書くのが遅れてしまった。

第二次世界大戦下のイギリスで、愛国心を芽生えさせるようなガツンと来る映画を作成していく過程での葛藤や人間ドラマを描いた一本。

現代は娯楽が多様化しすぎているからありがたみを感じなくなっているけれど、昔は映画の影響力が今よりも遥かに強かったのだなと感じさせられた。プロパガンダとして機能させるのに最適なメディアって、今だと何に当たるのか…。

終盤のあるシーンの衝撃度は、近頃観た映画の中では断トツかもしれない。
Iman

Imanの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

生きて欲しかった。
boxbox

boxboxの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ダンケルクが好きな人には高評価のようだったこの映画、評判に違わずとても良かった。
特にラブパート、意地っ張りで素直じゃない二人最高かよ、、と最高に悶えてしまいました。相手役の俳優がちょっと若い頃のジュードロウを硬派にした感じでステキだった。脇役達もみんないい味出しててほんと出汁が効いてる。
途中で二人の思いが通じあうシーン、もうっ、二人ともはしゃいじゃってかわいい!ってニヤニヤしてたら突前の悲劇で叩き落された。でもこんな風に映画に振り回される感じ、嫌いじゃない。というか、映画に文句言いたくなる不条理な展開ってあるけど、この映画は「死に意味なんてない」という伏線が張られているから受け入れるしかないし、死んでからすごく特別なイベントが起きるわけでもなく、同僚に励まされたり、自分が頑張ってきた成果を見つめ直したりして、日々の生活の中で立ち直っていくのが良いなあ。人生はシネマティックであり、シネマティックではない。どちらとも言えるんだなって。
あと、映画の脚本って観客が喜ぶよう、あるいはスポンサーの希望に添えるようにこねくり回されたご都合主義なとこあるけど、そのご都合主義を都合するのはけっこう骨の折れることなんだよな…という考えが私は今まで及ばなかったなと気づきました。
見てる間、気が散ることなくどっぷり映画の世界に入りこむことができてとても満足。
aika

aikaの感想・評価

3.7

第二次世界大戦中のイギリスで戦意高揚のために映画を作る人たちのお話。早稲田松竹で、「 ダンケルク 」を観た後にこの映画を観たので本作でダンケルクの救出作戦を取り上げた時におお🤩🤩!とテンションが上がりました( 笑 )

特別派手なシーンがあるわけもなく、淡々と進んでいくけれど決して暗くなりすぎない映画。モノクロの世界にぽつぽつと色が付いていく、そんな雰囲気の映画でした(*˙꒳˙*)
前半は戦場下という大変な時代の中で、恋人に裏切られ、映画作りも難航し、それでも諦めない前向きな主人公。後半、映画を作りた後に現実と向き合ってなにもかも失い現実逃避な主人公。同じ人なのに別人に見えました🤔

この時代の映画作りの裏側を見れて、映画好きにもたまらない内容だなと感じました🙈💓💓
OkaTanishi

OkaTanishiの感想・評価

3.1
見たよ。
NAGA

NAGAの感想・評価

4.5
ラブロマンスなしで仕事ちゃんとしてるとこが良いな〜って思ったところであの展開!すごい少女漫画っぽさを感じました。
空襲も度々ある時代の映画製作、建物が震える中タイプライターに向かうシーンはすごくそわそわした。
ごはん

ごはんの感想・評価

3.5
映画みたいな恋をして、映画みたいな逆境が押し寄せても、前を向いて一歩を踏み出す、その強さ……

名言というか染みる台詞が多い。
恩師がパンフレットの解説書いてたんだけど、観るタイミングが遅くて買えず……
それだけ悔しい!
あみん

あみんの感想・評価

4.8
働く女性のための映画であり映画のための映画でもあった。

泣くシーンでは一緒に嗚咽。
星火

星火の感想・評価

3.2
べたべたの「映画系映画」だった。ただ戦時下の欧米の映画とはかくたるものかーと軽い学びを得た。

自分のタイミングとして、敏感な時期だったので、冒頭の女性の不当な扱いから悔しくて涙が止まらず。でもそこで都合よく理解ある男現れちゃって、仕事というか映画の話で盛り上がっちゃって、障害もなくなって、そして別れを経て生きてくわ!という、それぞれ唐突というか無理矢理お涙ちょうだいしすぎ…?

過去の男を悪く言って自分を売り込もうとする男ってものすごくいやだし、それは怒って当然なのに、時代を理由に無理矢理許させる展開がいやだった。戦争や映画や政治や、女性の地位や同性愛や、そういった社会問題をかるく、とても簡単に解決できるように描いていることが、まさにauthenticity and optimismなんじゃないのかなあ。
>|