人生はシネマティック!の作品情報・感想・評価

人生はシネマティック!2016年製作の映画)

Their Finest

上映日:2017年11月11日

製作国:

上映時間:117分

3.8

あらすじ

第二次世界大戦中の1940年のロンドン。コピーライターの秘書として働くカトリンだったが、人手不足で代わりに書いたコピーが情報省映画局の特別顧問のバックリーの目に留まり、新作映画の脚本陣に加わることに。その新作映画とはダンケルクでドイツ軍の包囲から兵士を救出した双子の姉妹の物語。戦争で疲弊した国民を勇気づけるため、この感動秘話の映画化が決まった。しかし製作が始まるとベテラン俳優のわがまま、政府&軍…

第二次世界大戦中の1940年のロンドン。コピーライターの秘書として働くカトリンだったが、人手不足で代わりに書いたコピーが情報省映画局の特別顧問のバックリーの目に留まり、新作映画の脚本陣に加わることに。その新作映画とはダンケルクでドイツ軍の包囲から兵士を救出した双子の姉妹の物語。戦争で疲弊した国民を勇気づけるため、この感動秘話の映画化が決まった。しかし製作が始まるとベテラン俳優のわがまま、政府&軍部の検閲や横やりなどトラブル続出。そのたびにカトリンたちの脚本は二転三転するはめに。それでも困難を乗り越え、ついに撮影は大詰めを迎えるが、ここで最大級のトラブルがカトリンたちを待ち受けていた…。

「人生はシネマティック!」に投稿された感想・評価

filmarksの試写会にて!

なんとなく去年公開された名作『ローマの休日』を生み出した『トランボ 〜ハリウッドに最も嫌われた男〜』を思い出した笑

こちらはちょっと毛色が違うものですけど。

この作品は、
“ダンケルクにて民間船で救出に向かった姉妹が兵士を救ったという記事を見て「よし、これを映画にしよう!」と奮闘する映画会社の脚本家”のお話。

なのでノーラン監督の『ダンケルク』を観た人は是非観よう!きっと奇跡の“ユニバース”体験が出来るでしょう笑

…とは言っても、向こうでは公開はこっちが先なんですけどね。(゚∀゚)
『ダンケルク』が話題になったから日本公開したのかしら?笑


日々、空襲に怯えながら貧困生活を強いられる時代。人々に希望を持たせるために良い映画を作ろうとするその姿、例えそれがプロパガンダ映画だろうといいじゃない、それが活力になって元気になるなら!(゚∀゚)

「そういう風に脚本って作ってんだ」と裏側も観れたり面白い。

脚本をタイプライターで“カシャ!カシャ!カシャカシャ!”と叩いたあと、タバコを“スパ〜…( ´Д`)y━・~~”と吸う。

イイね!👍


なんか観終わった後、酒でも飲みに行きたい気分でしたよ。

映画自体はわりと淡々と進んでいく感じですが、個人的には中だるみみたいなのは感じられず楽しめました!


しかし、主人公に起きたまさかの展開は観ててビックリしたし辛かった。(ノД`)

人生は辛いことばかり、それを映画に救われた経験を持つ人は少なからずいるんじゃないかなと。

映画だけでなく音楽やアニメでもゲームでもバラエティ番組でもなんでも。

そして自分が良いなと思える映画って、何度見てもやっぱ“良い映画だな”と思えるんだよね。


「良い映画だな〜」そして…
「映画ってやっぱ良いな〜」と思わせてくれました。

先日公開された『ドリーム』の女性強し!といった感じの雰囲気と『トランボ』を足したような映画でしたので女性の方も是非観て欲しい作品だと思いました。^_^

特に映画をよく観る人!!笑
ryoto

ryotoの感想・評価

3.6
時間を無駄にすんなって映画多いけど、じゃあ自分に明日何ができるだろって考えると難しいっていっつも思いつつ、、
もやし

もやしの感想・評価

4.9
なんかまとまりのない映画だなあなんて思ってたけど、見終わってみると本当に良い後味。
特に終盤にかけてなんてもう…



二次大戦中のイギリスでプロパガンダ映画の制作を依頼された脚本家達の奮闘を描く。

プロパガンダ映画って色々制約があって大変なのね。
国にマイナスのイメージになるニュアンスのシーンは絶対許されないし、むしろ過剰なまでのプラスイメージを要求してくる。

最初完成した脚本が様々な界隈からの口出しでどんどんどんどん歪な脚本になっていくのはギャグみたいだった。

それでも可能な限り良いものにしていこうとするのがプロフェッショナルだなあと思う。



映画制作の映画とはいえ、やはり二次大戦中。
戦争の影響はかなりある。
悲しいこともいっぱい起こる。


それでもなんとか前を向いて励む登場人物達に否が応でも励まされる。
最後の完成した映画が流れるシーンは必見。

月並みだけど、映画って良いなと思わせてくれる映画。
マ帆

マ帆の感想・評価

3.8
‘‘手放したく無いもの’’が
3秒後一瞬で奪われるかもしれない世界で
人はそれをどう乗り越えたのか
考えた事もなかった💭
爆撃で天井から落ちてくるススを払いながら
前向きに映画作りに励むカトリン達
そこに挟まれる無情な爆撃シーン
‘‘明日をも知れぬ命よ
時間を無駄にしないで’’
.
思ってたよりもラブストーリー寄りで
もっと違うものを想像してたから
途中真顔だったけど
戦争下 満席の映画館で
映画を観ながら微笑み 涙し ウットリし
スクリーンに向かって野次を飛ばし
コロコロと表情を変える人達を見て
この表情そのものが
映画の存在意義だよね と
映画の映画にハズレはない😌ちょっとズルい。
.
愛すべきおダサ邦題 私は大好き
ダンケルクの後に観ると一層良いのかも
WWⅡにまつわる観ておきたいイギリス映画シリーズのひとつ
michinori

michinoriの感想・評価

3.7
第二次世界大戦中、国民を躍動させるための、プロパガンダ的、映画作りの物語。
本筋は、映画作りにまつわる話だけど、ロマンス有り、コメディー有りで割と幅広な印象。
ストーリーが良く、特にこの映画の肝である随所に散りばめられた''名セリフ''が際立っていて良かった…
YR

YRの感想・評価

3.7
記録
ゆに

ゆにの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

メモ
クリストファーノーランのダンケルクはみたけど、こういう姉妹もいたのかな?面白い

おじいちゃん俳優の長年の経験と演技力かっこいい
芝居へたすぎる
台車?のとこでじゃれあうシーンかわいい
下敷きシーン悲しすぎる、、、
戦時下じゃなくてもいつ死ぬかわからない

よい映画が人生に与える影響を再確認できた
映画のつくり手側の気持ちも垣間見ることができたようで、映画をすきな気持ちが増した
DD

DDの感想・評価

4.0
ピカピカのケトル
ツヤツヤのケトル
ケトル 取らなきゃ
ケトル 取らなきゃ

ビル・ナイさん
最高
>|