人生はシネマティック!の作品情報・感想・評価

人生はシネマティック!2016年製作の映画)

Their Finest

上映日:2017年11月11日

製作国:

上映時間:117分

3.8

あらすじ

第二次世界大戦中の1940年のロンドン。コピーライターの秘書として働くカトリンだったが、人手不足で代わりに書いたコピーが情報省映画局の特別顧問のバックリーの目に留まり、新作映画の脚本陣に加わることに。その新作映画とはダンケルクでドイツ軍の包囲から兵士を救出した双子の姉妹の物語。戦争で疲弊した国民を勇気づけるため、この感動秘話の映画化が決まった。しかし製作が始まるとベテラン俳優のわがまま、政府&軍…

第二次世界大戦中の1940年のロンドン。コピーライターの秘書として働くカトリンだったが、人手不足で代わりに書いたコピーが情報省映画局の特別顧問のバックリーの目に留まり、新作映画の脚本陣に加わることに。その新作映画とはダンケルクでドイツ軍の包囲から兵士を救出した双子の姉妹の物語。戦争で疲弊した国民を勇気づけるため、この感動秘話の映画化が決まった。しかし製作が始まるとベテラン俳優のわがまま、政府&軍部の検閲や横やりなどトラブル続出。そのたびにカトリンたちの脚本は二転三転するはめに。それでも困難を乗り越え、ついに撮影は大詰めを迎えるが、ここで最大級のトラブルがカトリンたちを待ち受けていた…。

「人生はシネマティック!」に投稿された感想・評価

filmarksの試写会にて!

なんとなく去年公開された名作『ローマの休日』を生み出した『トランボ 〜ハリウッドに最も嫌われた男〜』を思い出した笑

こちらはちょっと毛色が違うものですけど。

この作品は、
“ダンケルクにて民間船で救出に向かった姉妹が兵士を救ったという記事を見て「よし、これを映画にしよう!」と奮闘する映画会社の脚本家”のお話。

なのでノーラン監督の『ダンケルク』を観た人は是非観よう!きっと奇跡の“ユニバース”体験が出来るでしょう笑

…とは言っても、向こうでは公開はこっちが先なんですけどね。(゚∀゚)
『ダンケルク』が話題になったから日本公開したのかしら?笑


日々、空襲に怯えながら貧困生活を強いられる時代。人々に希望を持たせるために良い映画を作ろうとするその姿、例えそれがプロパガンダ映画だろうといいじゃない、それが活力になって元気になるなら!(゚∀゚)

「そういう風に脚本って作ってんだ」と裏側も観れたり面白い。

脚本をタイプライターで“カシャ!カシャ!カシャカシャ!”と叩いたあと、タバコを“スパ〜…( ´Д`)y━・~~”と吸う。

イイね!👍


なんか観終わった後、酒でも飲みに行きたい気分でしたよ。

映画自体はわりと淡々と進んでいく感じですが、個人的には中だるみみたいなのは感じられず楽しめました!


しかし、主人公に起きたまさかの展開は観ててビックリしたし辛かった。(ノД`)

人生は辛いことばかり、それを映画に救われた経験を持つ人は少なからずいるんじゃないかなと。

映画だけでなく音楽やアニメでもゲームでもバラエティ番組でもなんでも。

そして自分が良いなと思える映画って、何度見てもやっぱ“良い映画だな”と思えるんだよね。


「良い映画だな〜」そして…
「映画ってやっぱ良いな〜」と思わせてくれました。

先日公開された『ドリーム』の女性強し!といった感じの雰囲気と『トランボ』を足したような映画でしたので女性の方も是非観て欲しい作品だと思いました。^_^

特に映画をよく観る人!!笑
ゆか

ゆかの感想・評価

3.7
ミセスコールからミスピューへ依存型の女性から独立した女性へ!
Rick

Rickの感想・評価

4.7
戦意高揚のため、そして銃後の人々に希望と娯楽を与えるために作られるプロパガンダ映画。国の思惑や、企業の要望、過去の栄光にすがる名優からの希望といったもののみならず、ほぼ毎日続く空襲の脅威にさらされながら、製作が行われる。
しかもイギリスのアイデンティティにとって大きな意味を持つことになる「ダンケルク撤退戦」を題材に。

日々の破壊や喪失に対し、「創作」によって抗う姿が胸を打つ。映画には、創作には、それほどの力が秘められていると信じたい。
mochikun

mochikunの感想・評価

3.2
映画のテーマは最近の時流に乗った女性の地位向上、極々わずかですが同性愛者のことも描かれていましたね。
ですが、男を失うことによって前進する主人公はあまりにもあんまりな話だなと。別にサムフランクリン死ななくても良かったんじゃないでしょうか。

主人公が観客に混じって映画を見ているシーンでウルウルきてしまったんですんが、その理由は単純にみんなが映画を楽しんでいたからです。映画って良いよなぁとしみじみ思いました。

ビルナイが歌うまかったですし、ちょっとオッパイも見れました。
映画製作に携わる人たちと、あとは誤解を恐れずに言えば女性への讃歌。

チャンスに背を向けるのは"死"に"生"を支配させているようなもの。

喪失や環境を恐れて足踏みしている人たちの背中を押してくれる言葉。

でも現実には障害も辛いことも喪失もあるってとこまで描いてるとこがいいな。
k0batar011

k0batar011の感想・評価

4.0
タイトル通りの良作。
ひでG

ひでGの感想・評価

3.9
良作!
という言葉がぴったりの映画ですね

オーソドックスで、ドラマチックに進行する中で、映画愛に満ちた結末へと向かう。

映画作りを題材にする作品はよくあるが、
本作の特徴は
①主人公が女性
②シナリオライターから見た映画作り
③時代が第二次大戦真っ只中

この映画は上記の条件を見事に生かしている。

まず、戦争中の映画制作。
1940年戦火のイギリスが舞台。

映画は、国威発揚の道具。
国民に戦いの勇気とモチベーションを保つ与えるものとして、内容にも政府が口を出してくる。

「アメリカ人を出演されてくれ!」というエピソードは、面白かった!
なるほどね〜、

アメリカ人を出演されることによって、アメリカにこの戦いに本気になってもらう。

「ダンケルク」や「チャーチル」などの名作とも結びついていく。

②について、
駆け出しのシナリオライターの女性が、事実で何か映画にできる題材はないかと取材をする。

見つけたのが、あの「ダンケルク」
しかも、双子の姉妹が船を出す。

しかし、、、

政府の横やり、出演者のプライド、戦火の広がり、予算、、

次々に起こる難題を台本をその都度変えながら乗り越えていく。

①女性の地位もまだ低い時代。
台本作りを通して、時代を切り開いていくところもいいですね。

とてもよい映画!
派手さはないけど、観てくださいね!
ISEYA

ISEYAの感想・評価

4.0
優♪
石鹸が目に入るよ。
はる

はるの感想・評価

3.7
俳優がみんな素敵だったり映画内の映画と呼応するセリフやシチュエーションににやりとしたり制約や困難にもめげずに映画を作り上げる情熱、愛情を感じたり、ロマンスにキュンとなったりするんだけど
とあるシーンがなんとも好きで
好きと言うのもなんか違うような気がするのだけど、戦争映画、反戦映画を観るよりよっぽどマジで、戦争糞ったれだな!と自分は感じるのでした……。
映画と人生と脚本が、程よい塩梅で交わる良い作品でした。
>|