4歳の女のコ

ルージュの手紙の4歳の女のコのレビュー・感想・評価

ルージュの手紙(2017年製作の映画)
3.6
原題:Sage Femme(英題:The Midwife)=助産師👶🏻…直球過ぎなのでコレは良い邦題かな?本作は監督自身が2人の名優に役柄を当て書きしただけあって『オトナのオンナ向け💋』の人生賛歌でつ📽✨女性であれば”堅物の助産師☕️クレール(シングルマザー)”か”自由人🍷ベアトリス(余命わずか)”のどちらかに多少でも共感できるハズ。繰り返しカットインされる出産シーン(リアルだそうでつ)など演出が美しくて🎞派手な展開はないけれど『自由を謳歌する』🇫🇷フランスの国民性/粋なオンナの生きざま👠を描いた良作でつ👍🏻✨鑑賞後の余韻もたっぷり味わえますた。アタシは長い介護経験があるのですが、観る側の経験値で評価も変わるのかしらコレ?闘病中の方、シングルマザーの方、出産を控えた方…きっと何かヒントが見つかると思いま🙌🏻

【余談】序盤ずーっと主演2人の関係性がワカランチンで調べたアタシ(;´Д`)💦なので予備知識でお伝えしておくと『30年間疎遠だった義母と娘』でつ。不倫か再婚か明確に示されていないけれど継母=義母(ギボアイコさん💡懐かしい)