ジャコメッティ 最後の肖像の作品情報・感想・評価

ジャコメッティ 最後の肖像2017年製作の映画)

Final Portrait

上映日:2018年01月05日

製作国:

上映時間:90分

3.4

あらすじ

パリ、1964年。 アルベルト・ジャコメッティ(ジェフリー・ラッシュ)の個展が開かれている。友人で作家のジェイムズ・ロード(アーミー・ハマー)は肖像画のモデルを依頼される。アメリカに帰国寸前だったロードは、彼の「2日で描き上げる」との言葉を信じて、イポリット=マンドロン通り46番地にあるアトリエへ向かった。作家であるロードにとって、巨匠の仕事を間近で見られるチャンスと張り切るが、18日にも及ぶ地…

パリ、1964年。 アルベルト・ジャコメッティ(ジェフリー・ラッシュ)の個展が開かれている。友人で作家のジェイムズ・ロード(アーミー・ハマー)は肖像画のモデルを依頼される。アメリカに帰国寸前だったロードは、彼の「2日で描き上げる」との言葉を信じて、イポリット=マンドロン通り46番地にあるアトリエへ向かった。作家であるロードにとって、巨匠の仕事を間近で見られるチャンスと張り切るが、18日にも及ぶ地獄のセッションになるとは予想もしていなかった。 当時すでに名声を得ていたジャコメッティだが、自宅兼アトリエは狭く汚く古びており、そこに妻のアネット(シルヴィー・テステュー)と右腕的存在の弟ディエゴ(トニー・シャルーブ)の3人で暮らしている。アトリエに乱雑に置かれた未完成の作品の数々に圧倒されるロードの心中なぞ気にも留めず、ジャコメッティは真っ白なカンバスをイーゼルに立てかけた。ロードの顔の角度を微妙に調整し、パレットに絵の具を出し、たばこをくわえながら描き始める。「肖像画とは決して完成しないものだ」と不吉な言葉を発しながら……。

「ジャコメッティ 最後の肖像」に投稿された感想・評価

作る人というのは、やはり狂っていないと駄目なのだ。個人的に、とても刺さる台詞に出合えて嬉しかったし、「それでいいのだ」と背中を押してもらえた気がした作品。

ジャコメッティの作品に初めて出合ったのは、結構昔だ。中学生とか高校生の時に、母に教えてもらった。あの異常に細長い人たちは妙に物哀しくて、とても印象に残った。

でも不思議と、彼がどういう人だったのかはこれまで知らずに過ごしてきた。
例えばピカソなら彼のキャラクターはいろんなところで目にできるし、モネ、ゴッホ、ゴーギャン、ポロック、モディリアーニ等は優れた映画化作品も多数あるから、それらの作品を通して人となりをつかめてきたと思う。

この作品を知ったのは、元々キノフィルムズのラインナップ発表だった。
キノは良い作品を多数手がけていて、個人的に今熱いレーベル。最近だと「ハクソー・リッジ」「パディントン」「パトリオット・デイ」あたり。面白い洋画をたくさん配給してくれるところだ。

そこで知って、自分で調べて、ジェフリー・ラッシュとアーミー・ハマーじゃないか! ジェフリーがジャコメッティやるのか!と興味が湧いた。そういう流れで本作に出合った。
だから、ジャコメッティ本人のことが知りたくて本作に行き着いた訳ではないのだ。僕の中ではキノフィルムズが手がけるんなら面白いだろう、という信頼があって、キャストを見てあらすじを読んで予告を見て、という流れで作品に近づいていった。

そして、見た。
話の構造としてはかなりシンプルだ。どこか演劇的でもある。時間は逆行せず、淡々と進んでいく。フラッシュバックもない。モノローグもほぼなかったように思う。ジャコメッティの絵のモデルになった作家が奔放な彼に振り回される、言ってみればそれだけだ。ある意味、とても手堅い。

観客は椅子に固定されて、淡々と続く作品を見る。一緒になって笑うとか泣くとか、そういう役割はいらない。ただ、ジャコメッティその人を観察するだけ。感覚的には、美術館や博物館、資料館なんかのライブラリにある記録映像を見る時みたいな。みんな無言でじっと見る、あの感じだ。映像で語られる情報を得る、そのことに観客が注力するというか。

ただ、この作品においては、多分ものを作る人とそうでない人で、受け取り方が変わる。

これは区別とか差別とかではなく、ものを作る人というのは他者とどこかズレている。僕はそれがある種授かりものだと考えていて、自分に才能があるかはわからないけど、ものを書く仕事に就けたのはこの「異常性」があったからだと思っている。
例えば何かに対する異常なこだわり、目の付け所、そういった部分、協調性や社会性と引き換えにして得たある種の「才能」。

自分が高い能力を有しているとは思えないけど、本作でとても嬉しかったのは、「おかしくていいんだ」と言ってもらえたこと。そして自分もあっち側だと思えて、すごくほっとして勇気をもらえた。

劇中のセリフで、「アイツは異常な時こそ正常だ」的なものがある。ジャコメッティの弟が言うセリフだ。
ジャコメッティは「死にたい」みたいなことをよく言うし、「こんなんじゃ駄目だ!」って周りを振り回す。自分の中の「美意識」ってやつが彼自身を振り回して、納得できないのだ。

あぁ、わかる……と思った。
才能があるにしろないにしろ、感性と美意識は誰しもに備わっていて、ものを作る人はそれが異常に高い。高いというか、おかしい。普通の人であれば納得したり受け入れたりすることが、できない。そのせいで周りからは煙たがられたりする。

自分も、よく「なんでそんなにこだわるの?」と言われる。社会に出て、受け入れて折り合いをつけることが必要なスキルだと学んだけど、それは仕事を円滑に進めるための「型」として大事だというのはわかったけど、本音を言えばずっと窮屈だ。もっといいものを作りたい、それをみんなに見せたい。その欲望は、なかなか簡単に収まるものじゃない。

だから、ジャコメッティに対して僕は共感するところがすごく多かった。そしてそれは、自分がまだ、社会に歯車の1つとされながらも、大切なものを失ってないってことなのかなって思えて、それは本作からもらえた救いの1つだと思う。

作り手であることの功罪をしっかり描いてくれた作品だった。
ジャコメッティの晩年、死の二年前の肖像画制作騒動を18日間にわたって描く、淡々と退屈に。
ちゃん

ちゃんの感想・評価

3.7
ジャコメッティが愛嬌のある偏屈じじいとして描かれているのが救いで、それは俳優の力量によるところ。
周囲の妻や弟が、絶妙な距離感で接している様が妙にリアルだった。
モデルとして翻弄される記者も、凡人の感覚をうつしていてとてもよい。
そしてイケメン。
maomei

maomeiの感想・評価

3.4
90分フルでアミハマの瞳から鼻梁をじっくりじっくりどアップで堪能できるおまけ付き! 画家ジャコメッティ最後の肖像にまつわるエピソード。偏屈おじいちゃんを演じると右に出る者がいないのではと思わせる、ジェフリー・ラッシュの力量はさすがである。描いては消し、気分次第でハイにもローにもなる気難しい画家との奇妙な18日間。光の陰影が美しく、しかしながら母体としてはシュールなコメディ。
藍沢悟

藍沢悟の感想・評価

3.0
少し色あせた画面と、お洒落な音楽、煙草を美味しそうに吸うキャラクター達。
面白そうな要素がこれでもか!と詰め込まれているのに、ジャコメッティのある日の日常を淡々と映すところに重きを置くなんて、大胆だなー!!と驚いていた。
面白いとは言えないが、ジャコメッティってどんな人なの?と彼を知りたくなった時点でこの映画は成功していると思う。

ジェフリー・ラッシュが煙草を片手に絵を描いているところが死ぬほど観られただけで1億点あげたい。
スタンリー・トゥッチ監督、今後が楽しみ!
偏屈芸術家と懐疑的物書きの話

描く側と描かれる側、2人の精神的対峙を中心に、偏屈じいさんの周囲の人間模様をも含んだただの18日間を切り取ったような話
iidayo

iidayoの感想・評価

3.4
芸術家の産みの苦しみが垣間見える
SanaGoto

SanaGotoの感想・評価

2.0
外見からアトリエ、喋り方、しぐさ、性格も個性的、、

女癖もなかなか悪い、、笑
でもこの映画はジャコメッティの癖が強いから面白くなってる所もあるのかな??笑

ただの才能ある?画家のストーリーってだけじゃ確かに物足りなさがでてくるかも、、


俳優さん(ジェフリーラッシュ)はパイレーツオブカリビアンシリーズのバルボッサでイメージが強かったのですが、ジャコメッティの独特な雰囲気を演じてるのも見れて新鮮でした〜!
しかしFACK何回叫んだかな?笑



そしてアーミーハマー💕
ドアップありがとうございます。毛穴までも繊細に写ルンです(笑)
スーツ姿が良く似合ってました😍


同じ場所、同じ服装同じシーンの繰り返しが多かったです!
観に行きそびれたこの映画を飛行機でやっと観れた!

作品がなかなか完成しないし女性問題ありの画家をジェフリー・ラッシュが演じている。

こういった面倒くさい人間がメインのストーリーだと見ていられなくなるのだけれどジェフリーが演じたからなのか可愛いげのあるおじいちゃんに見えて最後まで映画を観れた。面白かった。

ジェフリー可愛い
Nimet

Nimetの感想・評価

3.0
芸術家って、やっぱり面白い。
一流は一筋縄ではいかない、と他人事なら思えるけど、近くにいたらムリかも。
>|