ジャコメッティ 最後の肖像の作品情報・感想・評価

「ジャコメッティ 最後の肖像」に投稿された感想・評価

ニシ

ニシの感想・評価

3.6
絵に“完成”なんてないと思う。画家の気持ちもモデルの気持ちもどっちもわかる。よくあのタイミングで筆置かせたなー。すごいことだよ。
満たされることを恐れる気持ち、よくわかるな。ゴールしたくないんだよね。ゴールするとそこで終わっちゃうもんね。
弟さん、いい人。
iii

iiiの感想・評価

-
Armie Hammer!
情緒不安定ジイジの話

2019/91
アーミーハマーって
やっぱずっと見てられる
mikoyan358

mikoyan358の感想・評価

2.0
年老いたジャコメッティのモデルになった男性を通して稀代の芸術家の最晩年を描く...という構図だが、もう正直ジェフリー・ラッシュ演じるジャコメッティの独壇場。タランティーノ映画化と思うくらいのFワード連発で全然絵が描き始められず、ただひたすらに注意力散漫で芸術議論の噛み合わない男(だからこそいったん世界に入った時の爆発力が凄いのだろうが)のご乱心を見せつけられている感じで、それを目の当たりにして困惑するアーミーハマー直子と同じくらいに真顔になってしまった(笑)。ここで顔をしかめている時点で自分は芸術家にはなれない気質だな...と悟るw
bebemama

bebemamaの感想・評価

3.4
ジャコメッティっと言えば、矢内原伊作(映画でもチラッと)がモデルをしたという事と、あの特徴のある彫刻ぐらいしか知らないが、ジェフリー・ラッシュとアーミー・ハマーという事で、興味があって

舞台劇のよう
ほとんど、アトリエで絵を描くシーン

ひたすら、描いては消し、描いては消し
一体いつまでモデルをやるのか
アメリカに帰りたいのに帰れない
ある意味シュールな悪夢

ジャコメッティがモデルを描いているが、映画は逆に、ジャコメッティを描いているという構図
ジェイムズと一緒にジャコメッティを観察

ジャコメッティの性格を、垣間見る事はできたが、そんなに大きな事件が起こるわけでわけじゃなく淡々としていて、重くない
でも、少し淡々としすぎてたかな

最後、完成させる作戦は面白かった

アーミー・ハマーの綺麗な顔を、ジャコメッティと共に眺めてました

ジェフリー・ラッシュは大げさじゃなく、でもやはり、普通の人じゃない芸術家を演じていて、さすが!


あの、色彩を抑えた映像は好き
yuk

yukの感想・評価

-
白髪頭の芸術家が筆持つ度に*uckっていう映画?いや絶対違うけど繰り返されるインパクトがね
画家がモデルを観察し モデルもまた画家を
アタラ

アタラの感想・評価

4.0
制作“中”ってのは幸せだなーって改めて思った

「私は制作をするときはいつも、前の日にしたことを全部抹消することを寸時もためらわない心構えでいる。なぜなら毎日毎日、前よりよく見えるように感ずるからである」
>|