くり

5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生のくりのレビュー・感想・評価

4.1
10代で網膜剥離になってしまい突然視力が常人の5%しか見えなくなってしまった男が、ホテルマンになる夢を追いかける話。

ここまでだとよくありそうなストーリー。ただここからがすごい。障害の事を言うとどこも門前払いだと悟った青年は、目が見えるふりをして5つ星ホテルの研修を受けに行くという実話。

見えない人の視点から映像を映す事で何気ない行動の難しさがすごい伝わってきて全ての行動が緊張の連続だった。

そんな日常のあらゆる行為が大失敗に繋がりかねない世界で、それを補う為の努力の量が異常。その努力にふざけながら付き合う友人も超かっこよかった。

死人が出ない映画を見るのは本当に久々。荒みきった心を浄化してくれるからこういうハートフル系たまに見たくなる。

気になったのは基本的に登場人物善人ばかりなのに父親だけなんであんなクズ?そこも実話に忠実なのだろうか。