5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生の作品情報・感想・評価

5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生2017年製作の映画)

Mein Blind Date mit dem Leben/My Blind Date with Life

上映日:2018年01月13日

製作国:

上映時間:111分

ジャンル:

3.9

あらすじ

先天性の病気で95%の視覚を失った青年が、「5つ星ホテルで働きたい!」という夢を叶えるために一世一代の“大芝居”を打つ!なんと目が見えないということを隠して、一流ホテルで見習いを始めるのだ。持ち前の明るさと機転を利かせ、周囲からの助けも借りながら、ホテルの研修課題を次々とクリアしていく。ところが、ある女性との出会いにより、完璧だった偽装計画が徐々に綻び始めてしまう。果たして、無謀とも呼べる夢は叶…

先天性の病気で95%の視覚を失った青年が、「5つ星ホテルで働きたい!」という夢を叶えるために一世一代の“大芝居”を打つ!なんと目が見えないということを隠して、一流ホテルで見習いを始めるのだ。持ち前の明るさと機転を利かせ、周囲からの助けも借りながら、ホテルの研修課題を次々とクリアしていく。ところが、ある女性との出会いにより、完璧だった偽装計画が徐々に綻び始めてしまう。果たして、無謀とも呼べる夢は叶うのか、そして恋の行方はー?本作は驚くべきことに、10代の時にほぼ全盲に近くなってしまった将来有望な学生サリヤ・カハヴァッテの実話に基づく物語。

「5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生」に投稿された感想・評価

kazu1961

kazu1961の感想・評価

3.9
「5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生」
原題「Mein Blind Date mit dem Leben」
2018/1/13公開 ドイツ作品 2018-013

素敵な作品ですね。
幸福とは?それは結果ではなく、夢を諦めずに苦しみながら進んだ人生そのものだとこの作品は訴えてきます。
それは本人の努力だけではなく、心温まる友情と周囲の人々の善意が主人公サリーを支え、そしてサリーを支える人々もまた成長していく、そんな素晴らしいメッセージを与えてくれます。
笑って泣いて、明日からも頑張ろうと元気が沸いてくるそんな作品ですね。

95%の視力を失いながら「5つ星ホテルで働きたい」という夢のために大芝居を打った学生の実話を、「白バラの祈り ゾフィー・ショル、最期の日々」のマルク・ローテムント監督のメガホンにより映画化。主人公サリー役にコスティア・ウルマン。サリーを支える研修生仲間のマックス役のヤコブ・マッチェンツのほか、ヨハン・フォン・ビューロー、アンナ・マリア・ミューエらが脇を固める。
ぽっぽ

ぽっぽの感想・評価

4.5
良い人の周りには良い人が集まるんだなと…
KMD

KMDの感想・評価

2.8
良くある自暴自棄を経てウルトラハッピーエンドへ真っしぐら、お陰で薄っぺらい仕上がりに。決してつまらなくはないけど、障害を受け入れた時点で本人の成長は達成したから、そこで終わっても良かったかと。試験結果や恋人は別に重要じゃない。
外さないヒューマン系
出てくる人に悪い奴はいないし、試験官みたいな人のツンデレも鉄板

実話なのがすごいというか根性が凄まじい。

いい友人が描かれている映画は大体好き
騙し騙しやってもバレるときはバレるのよ。
そういう時に助けてくれる人がいるかいないかの差はでかい。
zogli

zogliの感想・評価

3.1
不幸じゃないドイツ映画久々に観たのでおすすめ出来る
全体的にはハートフルなお話なんだけどなかなかシビアな現実が降りかかって来るし思ってたよりダイレクトな描写があって(セックスとお薬)高齢のお客さんヒいてたけども…

意地になることと無理をすることと現状を受け入れることってどれも違うよね、でも仲間に恵まれて良かったし、努力をおしまず研鑽を重ね、かつ理解ある環境と条件が得られれば少し違った形でも夢は実現できるよね、私らも頑張ろ、って感じの元気出る映画

予想可能なハプニングがわりと主人公の身に起こるので共感性羞恥発揮しまくってしまった 身に覚えのある方は注意

主人公はドイツとスリランカのミックスという設定なのだけど、主演がちゃんとインドとのミックスのドイツ人俳優さんだそうで(ラミマレクにガエルくんを足して2で割ってガラムマサラふりかけた感じのオリエンタルなイイ男)説得力もあったし、舞台がホテル、名目は研修なので次々に代わるユニフォームも素敵!
相方になる軽薄な兄ちゃんも憎めないいい奴で、主人公と持ちつ持たれつ足りない部分補い合ってたのが良かったしそういう意味ではバディムービーなの、かも? でもあいつの親父さんがレストラン経営じゃなかったら完全に途中で話終わってたと思うからせいぜいサリー君は感謝すべきだと思う

アフガンのドクターと料理長が好きだけど厳格なドイツ人然としてて好ましかったレストラン主任の最後のデレにもヤられた
somebody

somebodyの感想・評価

3.8
ユナイテッド・シネマ #180224
movieman

moviemanの感想・評価

4.5
夢を追いかける強い気持ち。
そしてかけがえのない仲間の存在。
その二つの大きさと大切さをテンポよく描いた本作品。
登場するそれぞれのキャラがとても素敵で、終始ハラハラする映画なのだが心温まるという、そんな体験ができる映画
2018年残り半年あるが自分の中の年間ベスト5には必ず入ってくるであろう!
shio

shioの感想・評価

3.8
よかった〜〜!人生何度でも立て直せる!
@シネマチュプキタバタにて
視覚障害で5%の視力しか持たない主人公が、障害を持つことを隠し一流ホテルで働こうとするお話。
どんな困難にも諦めず努力する姿がかっこよかった。友人もいい人で、足りない部分はお互いが補って生きていく2人のコンビが良かった。最後に実在した人物のモデルだと知ってびっくり。
>|