5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生の作品情報・感想・評価 - 10ページ目

5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生2017年製作の映画)

Mein Blind Date mit dem Leben/My Blind Date with Life

上映日:2018年01月13日

製作国:

上映時間:111分

ジャンル:

あらすじ

先天性の病気で95%の視覚を失った青年が、「5つ星ホテルで働きたい!」という夢を叶えるために一世一代の“大芝居”を打つ!なんと目が見えないということを隠して、一流ホテルで見習いを始めるのだ。持ち前の明るさと機転を利かせ、周囲からの助けも借りながら、ホテルの研修課題を次々とクリアしていく。ところが、ある女性との出会いにより、完璧だった偽装計画が徐々に綻び始めてしまう。果たして、無謀とも呼べる夢は叶…

先天性の病気で95%の視覚を失った青年が、「5つ星ホテルで働きたい!」という夢を叶えるために一世一代の“大芝居”を打つ!なんと目が見えないということを隠して、一流ホテルで見習いを始めるのだ。持ち前の明るさと機転を利かせ、周囲からの助けも借りながら、ホテルの研修課題を次々とクリアしていく。ところが、ある女性との出会いにより、完璧だった偽装計画が徐々に綻び始めてしまう。果たして、無謀とも呼べる夢は叶うのか、そして恋の行方はー?本作は驚くべきことに、10代の時にほぼ全盲に近くなってしまった将来有望な学生サリヤ・カハヴァッテの実話に基づく物語。

「5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生」に投稿された感想・評価

ステキな人の周りには、自然とステキな人が集まってきて、影響しあって幸せになっていくのだなぁ、という、悪い人が全然出てこない良作です。
多様性、ダイバーシティって言われても、表面的で通り一遍の解釈しかしてなかったかも、と、自身の内省にもつながったかな。
atsuki

atsukiの感想・評価

4.4
視力を失っても、夢は見失わない。舞台となる"ホテル"という場所に、世界の、人々の理想が集約されているからこそ、サリヤの精神を通して、そこに訪れた者のぼやけた明日を輝かせる。見えないという恐怖や見え始める未来。不安と期待、乗り越える為の"助け合い"をここまでエモーショナルに描いてしまった。まさしくサービス精神に溢れた映画。寧ろ、過剰。優しすぎて、癒される。

このレビューはネタバレを含みます

ハンデがありながらも努力する若者に感動。友人がユーモアのあるキャラでありながらも面倒見の良い兄貴分でとても良かった。

ただ、ストーリーは実話だと知らずに鑑賞したので途中からアレ?ってなってしまった。
彼が挫折する理由がハンデが補えきれなくなったわけではなく、麻薬に手を出したからということ。多忙を理由に寝坊してたことからチャラいはずの友人より仕事に熱意あるキャラに見えなくなってしまった。
あと、お父さんとの話はひっぱらないのでこの要素いるか?ってなってしまった。
鬼教官が認める理由が緩い気がした。あんなに厳しく見ると言っていた人があんなに出来ていない実技のテーブル作業に目をつぶってしまうのはいきなり過ぎてチョット…。

実話だからしょうがないかもしれないけど、多少の脚色も入れていいんじゃない…?って映画的目線で見てしまった。
こへ

こへの感想・評価

3.7
劇場で観たときはフィクションだと思った。主人公の行動があまりにも無謀すぎて、とても実話には思えなかったから。
だから観ながらあまりにも現実味がなくて少し白けてしまう場面がありました(本作が実話に基づく話であるという事前知識が無かった自分の勉強不足ではありますが)。

だけど実話だと知ってからは少し感想が変わりました。自分の人生に絶望的なほど大きな壁が立ちはだかっても、ここまでひたむきに夢を諦めずに追い続けた青年がいたのかと。驚かされました。

非常に元気をもらえる映画でした。
王道ではあるけれど、素敵なお話。
実話なのはオドロキ、

My Blind Date with Life、原題良い!
kocharo

kocharoの感想・評価

4.0
熱い友情と真っ直ぐな愛情。
家族愛まで描かれていて
冒頭から思い切り泣かせに来る。

露骨なほどに泣くシーンだらけやけど
そのまま素直に泣きました。

良い映画。
oto

otoの感想・評価

4.0
サリーの頑張りと周りの人びとの暖かさに胸が熱くなった。マックス最高☆
サリーの思いとガッツを知ったから皆支えたんだと思う。頑張っていればいいことがあるんだなと思えて元気をもらえた。
ミッチ

ミッチの感想・評価

4.0
 序盤は5%の視力しか残っていない主人公サリーが、嘘をつきながらも夢に果敢に挑んでいく姿が描かれる。困難にぶつかる度に、持ち前のガッツと周囲のサポートで乗り越えていく様は痛快ですらあった。特に同僚であるマックスとの掛け合いは見ていて心地よく、笑える。彼にサリーは幾度となく救われ、サリーもまたマックスをサポートし、友情を確かなものにしていく。
 中盤からは本人の努力や周りの助けだけではどうにもできない壁にぶち当たり、サリーは徐々に落ちぶれていく。その姿は序盤の夢溢れるサリーと大きく違ってしまっていて、見ている側は心が痛む。
 ここでサリーの再起を後押しするのがマックスだ。彼の言葉に救われたサリーはもう一度夢へと歩きだしていく。おいおい、マックス最高かよ。

 弱視という障害を抱え、時に悩み、苦しみながらも、自身とひたむきに向き合うサリーには頭が上がらない。そんな彼だからこそ、マックスをはじめとする周りの人々を巻き込み味方にしてしまうのだろう。
 人生をひたむきに歩むことの大切さと、家族や友人への感謝を改めて思い出させてくれる良い作品だった。
学生時代に視力の95%を失い弱視になってしまった主人公。ホテルマンになりたい夢を叶える為に障害を隠し5つ星ホテルでの研修、修了検定を目指すお話。
急に弱視になってしまったけど、主人公が夢に対して前向きに諦めない姿勢で挑む姿があったので、そんなに悲壮感は感じず。青春を謳歌している姿を見ていると、こちらも楽しい気分になれました。
その反面、目が見えない事のハンデが、こんなにも危険で大変な事なのかと思うシーンが際立ってました。
主人公が進む道に色んな出会いが。
陽気なお調子者の相棒。
皿洗いしか仕事が無い難民。
厳しいながらも気遣いながら教えてくれる料理長。
みんな目が見えない主人公を排除するのではなく、受け入れて助けてくれる。
主人公も一生懸命に働いて、他人に優しく接していたから、みんなも心動かされたんだと思います。
助け合う気持ちって大切。どんなに困難な道でも諦めずに向き合えば幸せな道になる。
とても良い映画でした。
Yusuke

Yusukeの感想・評価

4.7
良すぎちゃう!良すぎちゃう!良すぎちゃう!
2018年ベストムービーの一本!
推しどころをバンバン書いていきます。

まずスタート!「なんかいい曲掛かってるじゃん。」って思ったら、もう最後。挿入されてる曲がこれまた良すぎちゃう。かけるタイミングなんかもう最高。

ストーリーはもうね。言わずもがな、最高。"障害者が夢を見て、一流ホテルマンを目指す"なんて、どっかで聞いたあらすじとは裏腹に2時間弱もうずっと引き込まれっぱなし。起承転結の"転"の部分なんかもう我が子をみるような気持ちで見てましたね。くどくないちょうどいい部分で、不純物が入ってきたのが、個人的によきでした。笑いどころも普通に笑えました。笑

作中に"障害者は夢も見れない。"なんてスクリプトがでるけど、もうこっちからみたら、あなたのやってることがドリームストーリーよ!って言いたいくらい!そして単なるサクセスストーリーかと思ったら、恋愛要素もきちんとある!そんなに盛り込まれてないけど、質が巨大。数シーンでお腹いっぱいですわ。(推シーンはレストランでの会話ね。あんなこと言われたら、本人でなくてもこっちまでニヤニヤするわ!笑)誠実な主人公×軟派な友人のコンビもありがちだけどそこがいい!!!

視力なくなった主人公が突然なにかに目覚めたかのように他の感覚が鋭くなったり、何かとうまくいきすぎな場面が多いけど、それが気にならなくなるほど、すべての要素がバランスよく、ちょーどえぇ具合に入ってました。