5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生の作品情報・感想・評価 - 10ページ目

5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生2017年製作の映画)

Mein Blind Date mit dem Leben/My Blind Date with Life

上映日:2018年01月13日

製作国:

上映時間:111分

ジャンル:

3.9

あらすじ

先天性の病気で95%の視覚を失った青年が、「5つ星ホテルで働きたい!」という夢を叶えるために一世一代の“大芝居”を打つ!なんと目が見えないということを隠して、一流ホテルで見習いを始めるのだ。持ち前の明るさと機転を利かせ、周囲からの助けも借りながら、ホテルの研修課題を次々とクリアしていく。ところが、ある女性との出会いにより、完璧だった偽装計画が徐々に綻び始めてしまう。果たして、無謀とも呼べる夢は叶…

先天性の病気で95%の視覚を失った青年が、「5つ星ホテルで働きたい!」という夢を叶えるために一世一代の“大芝居”を打つ!なんと目が見えないということを隠して、一流ホテルで見習いを始めるのだ。持ち前の明るさと機転を利かせ、周囲からの助けも借りながら、ホテルの研修課題を次々とクリアしていく。ところが、ある女性との出会いにより、完璧だった偽装計画が徐々に綻び始めてしまう。果たして、無謀とも呼べる夢は叶うのか、そして恋の行方はー?本作は驚くべきことに、10代の時にほぼ全盲に近くなってしまった将来有望な学生サリヤ・カハヴァッテの実話に基づく物語。

「5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生」に投稿された感想・評価

chihiro

chihiroの感想・評価

3.8
どうしたって自分の気持ちは自分にしか分からないし、頑張るのは自分でしかないけど

誰がそのとき一緒に居てくれるかで、こんなにも人生は変わるんだと、改めて感じさせてくれる映画でした。
a

aの感想・評価

4.0
ひさびさにたのしめた映画
5%ってなんか1点だけはっきりみえてるのかなあと
何も知らなくてそう思ってたけどあれは全く見えてない、、

主人公は天才基質ではあるけどやっぱり努力家で
それでも補えない部分はマックスというバディやみんながいる
マックスや周りのみんながいるおかげで”普通”とかわらない
いろんな障害があるだろうけどやっぱり何事もなくそこにいて
あたりまえにサポートできるマックスって人格者だなあ
nana

nanaの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

一般の人の5パーセントしか視力がない状態で一流ホテルで働くことを夢見る青年の実話を元にした物語。


合間に挟まるサリー目線のショットは明暗や物のぼんやりした形くらいしかわからなくて「これは無理なのでは…」と思うけど、徹底した努力プラスまわりの人の協力でクリアしていける。自分は1人でどうにかしようと思い過ぎなのかもと反省しました。


皆書かれてますがマックスが最高。何でも楽しむところ、言葉だけでなく行動でサリーを起動修正させるところ、人間の善性に溢れて、でも欲望に忠実なところも良かったです。
豊劇にて鑑賞。ゆったり観られるので、とても良い映画館。この映画で気に入ったのはミュンヘンの街並み。やはりドイツの街は美しいと思った。しかしその中では、移民も含めていろんな競争が活発で、それが活気を生んでるように感じた。それぞれが自分の居場所を確保するために頑張らないといけない社会はしんどいけれど、それが活気を生むのは事実。
皆がそれぞれ余裕があって、周りに手を差し伸べる余裕があって、という社会を維持し続けること。今の西欧や日本に足りなくなっている現実を感じながら、やはりそんな社会がいいなと感じた1日でした。
RIKU

RIKUの感想・評価

3.9
視覚障害者向けデバイスのインターンをしているので,興味があり鑑賞.

気持ちは人一倍のものを持っていても,ハード面に問題があるがために可能性が狭まってしまうのは辛い.世の中,大なり小なりそのようなことは皆あるので(どこからが障害なのか?という問題もある),この映画の主人公のようにそれを乗り越えようと努力する姿には勇気をもらえる.
まあハード面の障害というのは今後テクノロジーや医療の発展により無くなっていくんだろうし,そうしたい.

だけど,障害とは身体にあるのではなく,社会が作り出しているものでもあるから,テクノロジーが障害をなくしても受け入れる社会ができていないと障害は残り続けると思う.そして,その社会を作るのはみんなの心であるが,今は1つの尺度で世の中を見ることで自分の心の中に相手にとっての障害を生み出しているケースが多いように思う.この映画に出てくる友人のマックスの「彼の長けてる部分から学び,補うべきとこを補う」という対等な姿勢はすごくいいなと思った.自分はマックスのように接することはできるかなぁと考えることがみなが生きやすい社会を作る第一歩になると思う.
海

海の感想・評価

4.7

このレビューはネタバレを含みます

主人公はもちろん、周りの人達が素敵な人ばかり。
この映画が実話だなんて本当にすごい。
目が見えなくなったら、聴覚が優れたり感覚で覚えたり、並大抵の努力ではできない。普通の人間なら挑戦しようとも思わないだろう。目が普通の人の5%しか見えないとシェフに言えなくてスライサーで指を切ってしまった時は本当にハラハラして目を瞑りたくなった。
この映画を観て、夢はそう簡単に諦めるものではないと思った。
親友と作ったお店、いつか行ってみたい。
鑑賞回数:1
物語:★★★★☆ 4.5
配役:★★★★☆ 4.5
演出:★★★★☆ 4.0
映像:★★★☆☆ 3.0
音楽:★★★☆☆ 3.5
再見:★★★☆☆ 3.0

親友と2人のシーンはどのカットも良かった
心打たれる
花心

花心の感想・評価

3.6
人生の良し悪しは、自分の周囲にいる人間によって決まるような気がしました。 
もちろん、自分の才能や努力も重要ですけれどね。 

2018年 劇場鑑賞 40本目(通算131本目)
さち

さちの感想・評価

4.1
サリーとマックスの足りないを補い合うバディ感、良かったです!いや、マックス最高かよ、マックスいなかったらあの練習も出来なかったしお店もあれじゃん?(笑)やっぱり財力は大事ですね…
最後のほうでパンを捏ねるサリーがあまりに病みすぎの闇すぎて黒すぎて「新しいバイト入ったけどヤル気ないなぁ」なのかと本気で思いましたww

スライサーは泣けるぜ😂
Kaoric747

Kaoric747の感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

先天性の病気で、日常生活もままならないほどの弱視になったサリーが、弱視であることを隠しホテルに就職。周りの協力を得て仕事を続けるも、やはり綻びが生じてしまう。面接時にいきなり遅刻してきた女好きで酒飲みなマックスを助けたことから、マックスが最後までサリーに対して親身になって助けたり一緒に騒いだり、時には怒ったりする姿がとてもよかった。厨房で出会ったアフガニスタン人のハミールや厨房のボスも、サリーが弱視であることに気づくと協力してくれて、冷酷なレストラン長ですらサリーの熱意で応援してくれるという、出てくる人が、みんな本当に暖かい素敵な映画。サリーが恋するラウラも、サリーの無責任な行動に怒って離れてしまうが、「そりゃあ誰でも怒るわ」だし、ラウラの息子のオスカーのフォローも粋だった。ドイツ映画はこれ見よがしな感動というより、辛いこともあるし、悲しいこともあるけど、悪いことばかりでもないよねという暖かさがあるのが好きだ。俳優はイギリス、映画はドイツが最高である。(2018/3/7 KBCシネマ)