5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生の作品情報・感想・評価 - 3ページ目

5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生2017年製作の映画)

Mein Blind Date mit dem Leben/My Blind Date with Life

上映日:2018年01月13日

製作国:

上映時間:111分

ジャンル:

あらすじ

先天性の病気で95%の視覚を失った青年が、「5つ星ホテルで働きたい!」という夢を叶えるために一世一代の“大芝居”を打つ!なんと目が見えないということを隠して、一流ホテルで見習いを始めるのだ。持ち前の明るさと機転を利かせ、周囲からの助けも借りながら、ホテルの研修課題を次々とクリアしていく。ところが、ある女性との出会いにより、完璧だった偽装計画が徐々に綻び始めてしまう。果たして、無謀とも呼べる夢は叶…

先天性の病気で95%の視覚を失った青年が、「5つ星ホテルで働きたい!」という夢を叶えるために一世一代の“大芝居”を打つ!なんと目が見えないということを隠して、一流ホテルで見習いを始めるのだ。持ち前の明るさと機転を利かせ、周囲からの助けも借りながら、ホテルの研修課題を次々とクリアしていく。ところが、ある女性との出会いにより、完璧だった偽装計画が徐々に綻び始めてしまう。果たして、無謀とも呼べる夢は叶うのか、そして恋の行方はー?本作は驚くべきことに、10代の時にほぼ全盲に近くなってしまった将来有望な学生サリヤ・カハヴァッテの実話に基づく物語。

「5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生」に投稿された感想・評価

Hiroe

Hiroeの感想・評価

3.0
きっとサリーの挑戦はこの映画に描かれているよりもずっと大変だっただろうと思います。父親のエピソードや仕事の掛け持ち、クスリに依存したりといったエピソードはさらりと描かれているけれど、心折れそうになることもたくさんあっただろうとも思ったのでした。映画では、心優しいサリーを助けてくれる人もたくさんいて、とても良い気分になれる映画です。疲れたときに。
実話ベースとなってるが、どこまで実話でどこからが脚色なのか。全盲に近い状態でホテルマンに挑戦すること自体が凄過ぎて。
親父の話は呆気に取られた。あの状況であんな行動取るやつが居るなんて信じられない(笑)
いい映画でした。
障がいを乗り越えて夢を叶えようとする青年。
友達がいいやつすぎ。
ホテルで働いてみたいと思った。
「私の目がふたつあるよ」っていう最後のセリフで泣きました。
がんばろうって思える映画!

主人公普通にイケメンです。いい体です。
きむら

きむらの感想・評価

4.3
マックスめっちゃいいやつだしバーテンダーの仕事かっけえしただただ面白かった。

障害のせいにすることなく夢を叶えようと努力し続ける上に周りの人を惹きつけられるサリーが人として素晴らしすぎて、同じ大学生として自分も見習っていかなきゃと思わされる。
ゆき

ゆきの感想・評価

3.8
5%の世界に夢を捧げて。

「5つ星ホテルで働きたい」という夢の実現を目前に先天性の網膜剥離を発症してしまった青年。夢をあきらめきれない彼は、病気を隠したまま一流ホテルで見習いの研修に合格するが。

笑顔の多い作品でした。
主人公の第一印象は「誠実」以外の何物でもない。
ただ彼が向かうべき「現実」はとても壁が厚い。
人一倍の努力家ですが周囲の人を味方につけられる人望はなにより彼の持ち合わせた才能。最高の相棒となるマックスを呼び寄せるのも本当に恵まれている…!

これが実話ベースなんて驚きの一作でした。
中盤のはらはらも突っ込みどころですが、ご愛敬。

BGMはドイツの音楽ではなさそうですが、とっても素敵な楽曲ばかり。
コスティア・ウルマン…初めての作品ですが素敵な俳優さんです!

にしてもお父さん。ひどすぎる!!!
ya

yaの感想・評価

4.2
夢みさせてくれてありがとう、
でも自分だったら無理、
君みたいには頑張れない
ゆっこ

ゆっこの感想・評価

3.7
障害をかかえながら夢を叶えるため、相当な努力をする。
その姿に何度も泣きそうになり、まだまだ私は努力が足りないな。と、気付かされた。
でも、親友マックスくんが側に居たし、職場の同僚や上司が優しかったから随分助けられた感じ。
ドイツ映画、連チャンで見たけど、言葉や街の雰囲気、よかったなぁ。
どんなことがあろうとがむしゃらに頑張っていく姿に感動した。
他人の結婚式を踏みにじろうとも挑戦し続けるだけの気持ちがやはり必要なのかな。
よかたです!泣きそうになる顔3.4回しました。そんくらいなんかくるものがある。
頑張ろうって思えます!いろんなこと!わたしもやりたいこと諦めずに挑戦したい!でも人生そんな甘くないよってのは突っ込みたくなった(笑)マックスすき!最高!
m

mの感想・評価

4.0
ドイツ語に、見慣れない街の雰囲気、テレビドラマっぽい演出の仕方。
ドイツ映画ってなんだか新鮮でした!

目が見え難くなる主人公サリーの視点に観ている方もハラハラドキドキ。苦しくなる場面もあったけど、同僚との青春や恋愛なんかも盛り込まれていて、出て来る人の殆どが善人であったことで救われる。
特に底抜けに明るくてチャラい親友のマックスがいることで映画自体がポップに!

障害を乗り越える努力に、純粋に胸打たれる良い作品。