5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生の作品情報・感想・評価 - 5ページ目

5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生2017年製作の映画)

Mein Blind Date mit dem Leben/My Blind Date with Life

上映日:2018年01月13日

製作国:

上映時間:111分

ジャンル:

3.9

あらすじ

先天性の病気で95%の視覚を失った青年が、「5つ星ホテルで働きたい!」という夢を叶えるために一世一代の“大芝居”を打つ!なんと目が見えないということを隠して、一流ホテルで見習いを始めるのだ。持ち前の明るさと機転を利かせ、周囲からの助けも借りながら、ホテルの研修課題を次々とクリアしていく。ところが、ある女性との出会いにより、完璧だった偽装計画が徐々に綻び始めてしまう。果たして、無謀とも呼べる夢は叶…

先天性の病気で95%の視覚を失った青年が、「5つ星ホテルで働きたい!」という夢を叶えるために一世一代の“大芝居”を打つ!なんと目が見えないということを隠して、一流ホテルで見習いを始めるのだ。持ち前の明るさと機転を利かせ、周囲からの助けも借りながら、ホテルの研修課題を次々とクリアしていく。ところが、ある女性との出会いにより、完璧だった偽装計画が徐々に綻び始めてしまう。果たして、無謀とも呼べる夢は叶うのか、そして恋の行方はー?本作は驚くべきことに、10代の時にほぼ全盲に近くなってしまった将来有望な学生サリヤ・カハヴァッテの実話に基づく物語。

「5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生」に投稿された感想・評価

Himawari

Himawariの感想・評価

4.0
実話だなんて信じられない( ゚д゚)
ハンデを乗り越えて夢を叶えようとする姿は、
私からしたら理解しがたいくらいで、
尊敬しかない。
私ももっと努力しないとと思った。
Mana

Manaの感想・評価

4.0
ミュンヘンの一流ホテル、バイリッシュホーフが舞台のなっていたのでホテルの様子が知れるというだけでも楽しめた。
はっきりと物事をいうドイツ人女性の強さも垣間見れた。
chan

chanの感想・評価

3.9
なるほどテンポは良くて観やすいし、夢友情恋挫折盛りだくさんで上手くまとまってて面白かった。

まずマックスがナイスキャラ。女好きのだらしない奴かと思えば要領良くて友達想いの本当に良い奴。
ラウラも可愛くて魅力的で。
父親以外良い人しかいなかった。

自力で努力して頑張ることも大切だけど、上手く周りを頼ることも、1人じゃ生きてけないから大切なんだなと実感。頑張ってたら、思ってるより周りは力になってくれる。
ろー

ろーの感想・評価

4.5
面白かったー。

次々やってくるミッションを工夫と努力で乗り越えて行く王道ストーリー。
ところどころ昔の映画を思い起こす様なシーンがあって、あー、お好きな方が作ってるんでしょうねえ〜と楽しくなった。

試験管と人事部長がめっちゃ熟年夫婦感出してくる(笑)職場なのに(笑)
ryo

ryoの感想・評価

3.9
実話ベースなのもあって、ひねりがあるとかではないけど、単純にすきな映画だった〜

主人公がなんでそんなに頑張れるの??て思うくらい努力家で応援せずにはおれない…。そして顔も良い。

周囲がいいひとばかりで教官のツンデレにもやられた。容量よくってチャラい友達の手助け具合もいいやつだなーと好感触。

パパはなんであんな感じ悪い?と思ったら感じ悪いままで終了したのはビックリしたよ…

強度近視だから、コンタクトレンズしなかったら、私もあのレベルかもしれん…という感じだけど、視力が足りない恐怖と困難は実際もっとだろうな〜
ragii

ragiiの感想・評価

4.3
久々のドイツ映画

95%の視力を失うと、5つ星ホテルで働きたいと願う主人公が障害を隠しホテルでの研修に挑む…

荒唐無稽なエンタメかと思ったら実在の人物がモデルだってゆうからまた違った見方になってくる

出てくる人みんな良い人

序盤から涙腺壊しにかかってきます

主人公と面接で知り合ったちょっとチャラいマックスとの友情しかり、恋愛模様しかり、職場の人たちとのやりとりしかり、もうたまりません!

視覚障害をイジるシニカルな笑いが嫌味じゃなくて、信頼関係があるからこそ笑えるシーンになってるのも素晴らしいし、
移民問題も取り入れることで、障害者差別、人種差別など色々な要素が多重構造になってることで、
障害まではいかないまでも、誰にでもある小さな欠点や違いなにかをシンクロさせることで、誰もが共感したり考えさせられるつくりになってるのも見事!

何気に音楽の使い方も巧くてラスストシーンの曲もバツグン

主人公もポスターよりも5割り増しぐらいで男前ww

心温まるハートフルムービー
こうゆうのベタだけど大好き
諦めない主人公の姿だけではなく何度もダメだと思う出来事を乗り越える力と周りのサポートに感動した!
『絶対にあきらめない』

『ママに好かれるためなら僕だって嘘をつく』

『私の目が二つある、大丈夫』

障害を不幸と思わず。
夢を諦めず。
ひたむきな努力と熱意が人の心を動かす。
良い嘘と悪い嘘。
優しい嘘。
yakko

yakkoの感想・評価

3.9
2018劇場#9

前途洋々な青年が視力をほとんど失ってしまった。
劇中彼の視界が何度も挿入されるのだが、はっきり言ってほとんど認識できない。
しかし彼は残された5%の視力で5つ星ホテルで働きたいという夢を叶えるため、障害を隠して研修をはじめるのだが…。

母や妹の助けで最低限のところはクリアできたが、いざ研修が始まってみるとわりとすぐに見えてないことがバレる。そりゃそうだ。
しかし、回りの人達の温かいこと。皆彼が上手くやれるように協力してくれる。

特に面接が一緒だったマックスは一見チャラいのだけど、彼のために何度も協力しすっかりイイヤツに。

恋もあり。シングルマザーのラウラと良い関係に。でも障害のことを言い出せないうちにある事件が!

家庭でも大問題が発生しサリーは窮地に追い込まれていくのだが…。


でも安心してください。
最後はハッピーに。
正直、鑑賞しながら嘘でしょ?って何度も思ったんだけど、無理でしょって。
でも実話ベースだし…彼は私のできる努力の何百倍も努力してやりとげたんだろうね。

もうちょっと重い話かなと思ったけどユーモラスで最後はホロッときて良い作品でした。

(親父はサイテーだよ、まったく!)
やあメタルマンだ、まーたいい映画と出会ってしまった。

本作は視力がわずか5%しか機能していない、ほぼ全盲の青年が一流ホテルマンを目指して奮闘する物語。
初めてあらすじを読んだ時、「なかなか面白い設定を思いつくなあ。やるなドイツ!」
とか思っていたのだが、なんと本作はノンフィクション。
実在の人物サリヤ・カハヴァッテの体験をベースにした話だというのだからまあ面食らいましたわ😲

茨の道どころか、もはや進むことは不可能としか思えないような道を切り拓き、夢を叶えた人物の戦いの記録。

もちろん様々な試練が降りかかるのだが、ハンディキャップを弾き返して夢へ突き進むサリー自身の執念と、それを支える周囲の人々の心優しさに、清々しい余韻を感じることのできる傑作でした。

ベッドメイクを学ぶ。
でも、視界がぼやけているためシーツがきちんと折れているのか見えない。

カクテル作りを学ぶ。
でも、手に取った瓶の銘柄も判別できない。

何より、相手の顔も表情も分からない。

この状況で、私はくじけずにいられるか。
きっと、家に引きこもって大きすぎるハンデに絶望し、何事にも挑戦しないまま時間が過ぎていくのだろう。

でも、私は幸運にもこの映画に出会えたことで、月並みな表現ではあるが諦めないことの大切さを知った。
結果がどうなるかは分からなくても、挑むことで可能性が生まれるなら挑むべきだ、と肝に銘じた。

5年後や10年後、人生を振り返った時に、この映画に出会えて良かったとまた言えるように頑張りたい。

と、感傷に浸るのはこれくらいにして、ドイツ映画は「ピエロがお前を嘲笑う」といい、ハリウッドから吸収した要素をうまくオリジナルに昇華して世界に送り出しているのが素晴らしいですね。
今後はドイツ映画界により注目していきたいところです。