ファースト・マンの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

ファースト・マン2018年製作の映画)

First Man

上映日:2019年02月08日

製作国:

上映時間:141分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「ファースト・マン」に投稿された感想・評価

「セッション」「ラ・ラ・ランド」と同じく自分のやりたいことに異様な執着を見せる主人公の話

(以下、少しネタバレぎみか?)
娘を亡くし、同僚の宇宙飛行士が月面にたどり着く前に次々と失われても、泣き叫ぶわけでもなく静かに自分の番を待つ
不安で死にそうな妻にも月に行くためには冷淡な対応を辞さない
今回は実在の人物なので主人公が実際にとんでもない行動を取るわけではないが静かな狂気といったものがそこここに漂っている

我々の世代でアームストロング船長というと月面にアメリカ国旗を立てる場面が思い浮かぶが、本作でそういう華々しいシーンがないのは主人公の内面と家族の葛藤にしか監督の興味がないからだと思う
jumo

jumoの感想・評価

3.6
無音も含めて音にこだわっているのが伝わってきた
あと失敗してた時はめちゃめちゃ批判してたのに、月面着陸した瞬間に熱狂してるの人間らしくていいよなあ

子供の頃に車の中やホームセンターにいるのがすごく苦痛で、きっと無機質で飾り気のない空間に居続けるのが苦手だったのだけども、この映画を見ている間そういう逃げ出したいような気持ちがずっとしてて、ジェミニやアポロの緊迫した空気や狭さが怖かった〜
MK

MKの感想・評価

3.9
Memory

アポロ11号
世界初の月面着陸
宇宙飛行士ニール・アームストロングの半生をライアン・ゴズリングが演じている。

死と常に隣り合わせという緊張感が漂う。

月面に行くまでの、男の想いを描いたヒューマンドラマ。

誰も成し遂げてなかった月面に行くって、どれだけ怖いことなのか、本当に偉大な事を成し遂げたんだなと感じる。


『宇宙』『地球』『生と死』『父』『母』
『緊迫』『孤独』『喪失感』『疑』『答』
『轟音』『静寂』『有と無』『静』『動』
『勤勉』『仲間』『ロマン』『涙』『月』

『宇宙飛行士』『宇宙飛行士の妻』『役』
『ブレスレット』『数字』『振動』『男』
『決意』『転機』『覚悟』『仲間』『息』
『偉業』『歴史』『未知』『月面着陸』

『行く人』『待つ人』『信じる人』
『壮大なスケール』『ミュージック』
『無重力』『無力』『冷静』『美』『美』


『解放』


笑顔が恋しくなる



成し遂げる前にどれだけの犠牲があったのか。
成し遂げるために、どれだけの犠牲を払ったのか。

なぜ、
彼は『死』と隣合わせの事業にのめり込んでいたのか。

何を求めていたのか
何を見たかったのか


とても感慨深い作品。

頑張ろう。


ライアン・ゴズリングはかっこいい
えー好き
しんどいからあんま繰り返し観られなそうだけど
映画の製作スタッフが「今、自分たちのポケットに入っているコンピューターの方が、月面着陸に使用されたコンピューターよりも強力」だと感じるほどに頼りない技術の中、人類ではじめて月面着陸を成し遂げた宇宙飛行士ニール・アームストロングの半生を描いた映画。それは決して華やかなものなんかではなく、彼の苦悩と孤独がありありと描かれている。
歴史をつくるためにあくまでファースト・マンにこだわったアメリカ国家。たくさんの失敗と犠牲と悲しみの中、この寡黙な人は月に立ったのだなと思った。
ジョー

ジョーの感想・評価

4.1
 ファーストマンがゆえの苦悩。
 ライアン・ゴズリングよ、君だからこそ演じれる領域だよ。
 その領域を見ることができて、僕は本当に幸せだ。
 君は僕に、月面に降り立ったアームストロングのことを思い起こしてくれた。
 僕はその降り立つ瞬間を、両親とテレビの前で食い入るように見ていたよ。

 月へ向かう直前の家族のひととき。息子2人と話してくれって、奥さんに言われたんだね。
 君は言葉少なげに、うつむき加減で、月から戻れないかもしれないとぼそっと言ってたね。
 奥さんは終始無言だったね。父親って所詮こんなものだよね。

 月面に足を踏み入れた最初で最後の男。
 永遠のファーストマンってとこかな。
 君は、一番下の娘に先立たれ、宇宙飛行士の同僚と死に別れて・・・
 テレビの前の僕ら家族は、君と家族が交わした月への想い等つゆも知らなかった。
 君の偉大な一歩に、ただただ歓声を上げていた。
 
 いつのまにか、君とアームストロングがごっちゃになってきた。
 それはおそらくいいことに違いない。
MarkAKG

MarkAKGの感想・評価

3.7
''人類は月に行ってない''という説を耳にした事があるでしょう?

月面着陸の動画が本物か偽物かを置いといて、まず地球で起きた事実から言うならば…

月面着陸という目的の為に、
想像を絶する開発と試練と訓練と
事故と犠牲(亡くなった方々)がいて父親を失った妻と子供達がいました。

それでも月に行ってないと言いますか? いいでしょう。

アポロ計画で月面に行ったのは1回じゃあません。 6回です。
6回の気がおかしくなりそうな試練がありました。

6回もわざわざアメリカが巨額の予算で、ドッキリ動画を作り世界を欺いたと思いますか?

ま、いいでしょう。

2010年代(現在)アポロが着陸したとされる月の位置には…
白色化した旗が今も衛星から確認できます。

月面を夢見て散った方々の魂のように、静寂の中にそっと
''そこに''留まっているのです。
何も知らずに見たが、アポロ11号で人類初の月面着陸をしたアームストロング船長の話だったのね。

冒頭の大気圏外からの地球の映像で一気に引き込まれた。
あえての古びた映像やBGMがほとんどない演出もすごい雰囲気に合ってた。
激しい喜びや、深い悲しみの描写はないけど、いろんなものを背負った一人の男の静かな情熱が淡々と描かれる様は素晴らしかった。
最後はじんわりと涙が出そうになった。

宇宙空間で音無くなる演出って本当好きだなあ。
あと宇宙空間とクラシック音楽は本当に合う。

追記

何も知らずに見てたけど今日2019.7.19はアポロ11号月面着陸50周年らしい!なんて偶然!エモい!
近年の映画らしく、とことんリアリティを追求したのかな?という感じ。
特に月面の雰囲気は本物か?と思わせるほど、虚無的かつ神秘的な音と映像だった。
一見地味な進行の映画だけど、宇宙への挑戦がリアルに描かれている感じで、自分的には高評価でした。
もう一回観たい!🌖
薦められつつも劇場観賞を逃したが、ようやく!
ニール・アームストロングをライアン・ゴズリングが演じた史上初めての月面到着の伝記作品。
妻ジャネット役をクレア・フォイ(先日観た「蜘蛛の巣を払う女」でリスベットを演じていた)
>|