みうさん

ファースト・マンのみうさんのレビュー・感想・評価

ファースト・マン(2018年製作の映画)
-
デミアンチャゼルなので、何かやってくれると期待しすぎて観ましたが、思った通り、普通ではなかった。ものすごくパーソナルなところまで落とし込んだ月面着陸。ざらついたフイルムのような地上の映像と月面のクリアな映像。閉所恐怖がある人は結構辛いです(辛かった)実際の長さよりすごく長く感じた。でも、実際の時間の長さが結構長いので、これは正しいのかも。クロースアップがものすごく近くて圧迫感すごい。配偶者とコミュニケートできなくて辛い思い出のある人にはかなり辛い映画かもしれん。チャゼルであっても、こういうところは普通に描くんだーっていうところがあったのが、へーってなった(フッテージ素材なのかもしれんけど)クレアフォイは蜘蛛の巣とは一転とてもハマってたと思う。
字幕翻訳/松浦美奈
字幕監修/毛利衛
2019.2.8
IMAX N列
品川、最後列でもかなりの没入感得られる。今のところ都内ではここが好き。