エリオット

ファースト・マンのエリオットのレビュー・感想・評価

ファースト・マン(2018年製作の映画)
4.0
「セッション」「ラ・ラ・ランド」と同じく自分のやりたいことに異様な執着を見せる主人公の話

(以下、少しネタバレぎみか?)
娘を亡くし、同僚の宇宙飛行士が月面にたどり着く前に次々と失われても、泣き叫ぶわけでもなく静かに自分の番を待つ
不安で死にそうな妻にも月に行くためには冷淡な対応を辞さない
今回は実在の人物なので主人公が実際にとんでもない行動を取るわけではないが静かな狂気といったものがそこここに漂っている

我々の世代でアームストロング船長というと月面にアメリカ国旗を立てる場面が思い浮かぶが、本作でそういう華々しいシーンがないのは主人公の内面と家族の葛藤にしか監督の興味がないからだと思う