awo

ファースト・マンのawoのレビュー・感想・評価

ファースト・マン(2018年製作の映画)
4.8
終わった後しばらく放心してた
こういう映画で泣くと思っていなかったから、自分が泣いてると認識した時少し驚いた

序盤の緊迫した訓練シーンからずっと手にぎゅっとこもった力が抜けなかった
月面との隔たりがなくなった瞬間の時が止まったかのような静けさ、気付けば自分もハッと息をのんだまま暫く呼吸が止まっていた
月に降り立ってもなお、ニールの心に思い浮かぶのは亡き娘のことなのだ、こんな歴史的な人類の偉業をなし得た瞬間にでさえ、感動や達成感ではなく喪ったかけがえのない存在を憶っている、
宇宙に行ったって、月に行ったって、人間は人間なんだなあと思った
なんて哀しくて愛しい生き物なんだろう

ニールの心の深層を感じた後では、帰還した彼等への世界中からの圧倒的な称賛が何故だか何の意味も持たないすごくちっぽけなもののように思えた
しかし同時にあの歴史的瞬間がまた、世界中のある誰かのかけがえのない記憶になったであろうことも尊い事実だと感じた