ファースト・マンのネタバレレビュー・内容・結末

上映館(1館)

ファースト・マン2018年製作の映画)

First Man

上映日:2019年02月08日

製作国:

上映時間:141分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「ファースト・マン」に投稿されたネタバレ・内容・結末

悪くはないんだけど月面行きが決まってからが駆け足すぎないか
映画館で観れば良かった・・
小さいテレビ画面では、世界観に没入できず、なんとも退屈に感じ、正当な評価がくだせず・・
娘の名前の入ったブレスレットを月に置いてったの、本当の話なら1点プラスしちゃうけど、迷宮入りかな。
ゼログラビティでも感じたけど、やっぱ宇宙怖いわ。宇宙飛行士になりたいって子どもがこれ観たら、やめよってなるレベルの過酷さでしょ。
盛り上がりは、冒頭の娘の死。
私自身も2歳の娘がいるので、そこでスゲー泣けた。号泣。
あとは惰性的に見た。
淡々と進んでいきます。
2019099
監督、主演が好きで見たけど、淡々と進みすぎで少し眠くなった。
宇宙飛行士の裏側、苦悩を描く展開は斬新かもしれないが、宇宙飛行という特殊性ゆえに、ボヤけてしまったかも。
引き続き監督の作品は見続けます
SF映画を観続けているとマヒしがちな「宇宙へ行くことのハードルの高さ」を思い出させてくれます。
文明の進化には多くの優秀な人たちの知識や経験、犠牲があるのだなと。

船内火災の後、次に乗ったクルーの人たちが扉を閉めることに怯えるシーンなど、あんな事故の後なんだから当たり前のことなんですが、ニュースや日頃生きている時には実感できない「現場の緊張感」を感じて鼓動が早くなりました。
※あとでまとめる。

悲劇
セッションも、ララランドもそうだけど、この監督の作品を観てると映画の中に自分も入っているような感覚になる
ひと時も目が離せないし、感情移入する

心情が丁寧に描かれていて、時間としては長いかもしれないけれど一切無駄を感じない

死と隣り合わせ、宇宙飛行士の家族は不安しかない。妻や息子の目線になって、泣いてしまう
月面着陸バンザーイしか想像してなかった
帰還後も当事者はそんなテンションじゃない
ラストシーンが印象深く重みが増す

映画館で観たかった…
『ファースト・マン』
100点
んー、参った‼
劇場で観るべきだった😭
宇宙開発モノにハズレなし!
静かだけど熱い映画。
そして、普通の実話映画より主人公のパーソナルな面をより深く掘り下げた描き方に驚く。
時代考証した感じの少し粗い映像が60年代の雰囲気を醸し出してて、より世界観に埋没出来る!
印象的なのはコクピットで操縦シーンが多いこと。
ジェミニ8号やアポロ11号もああいう描写を敢えてすることで観客に、より臨場感や過酷さを伝えられたのではないかと。
必要に応じた実際の映像を使う的確さにも感嘆。実話映画にありがちな、お涙頂戴映画になってない!
ゴズリング演ずるニール・アームストロングに心揺さぶられっぱなしでした。
娘の死は彼にとって、とてつもなく大きかったというのが痛いほど伝わり、月のクレーターにブレスレットを投げるシーンには思わず(TT)
中盤の『その質問は遅すぎる』とか、彼の人となりに尊敬の念を込めずには居られない。
妻の、旦那の異変にすぐに気付きそれにそっと対応する洞察力と機転の早さ、優しさも素晴らしい。
最後、検疫で隔離中の所へ妻が…夫婦の再開…。
会話は野暮になる、言葉は要らない、二人で見つめ合いそっとガラス越しに手を触れ合う…完璧なラストカット🤔
デイミアン・チャゼル天晴☀
単に歴史的な出来事を映画にした所謂ドキュメンタリードラマな映画ではない。

ニール・アームストロングという実在したひとりの男を描いた完全なるヒューマンドラマで主観的な映画。

冒頭がその象徴。

飛行機?に乗ったニールのシーンから始まるが、引きで飛行機を撮ってるシーンは無い。全てコックピットからか翼の部分から撮っている。
ノーラン師匠がダンケルクで敵の姿を一切映さなかった手法に似ていて、観客を登場人物と同じであるかのように思わせる撮り方。

だから所々史実とは異なる描写があっても、それを「事実と違う」と指摘するのはお門違い。

なんならラスト。
月から帰ってきたニールが奥さんと再会するシーンで終わってる。
一見すると感動するシーンのように思えるけど、あの後本物の二人は離婚している。

デイミアン・チャゼルの好みなのか、セッションもララランドもラストシーンは二人のシーンで終わってたけど、どちらもハッピーエンドに見せかけたアンハッピーエンド(バットエンドまではいってないと思う)今作も同じだ。

あの薄いガラス一枚隔てて向き合う二人の距離は見かけよりも遥かに遠いということなのか。
それはつまり、地球と月も見かけより遠くて辿り着くにはいくつもの困難が伴うということなのか……。

若き天才チャゼル様に是非聞いてみたい。
内容は面白いのだけど、見せ方がいまいちで淡々としすぎていて話に引き付けられなかった。
『ドリーム』を見て時間が経っていなかったからか、映画としての面白さを比べてしまって物足りなさを感じた。
月面に降り立った時の有名なセリフのシーンは、感動した。
終わらせ方も、何も言わないからこそ言葉で言い尽くせないものが伝わってきて良かった。
>|