ファースト・マンの作品情報・感想・評価

上映館(2館)

ファースト・マン2018年製作の映画)

First Man

上映日:2019年02月08日

製作国:

上映時間:141分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「ファースト・マン」に投稿された感想・評価

Takk

Takkの感想・評価

3.8
前人未到のことを成し遂げるには、多くの犠牲が必要であり、
今ではヒーローと呼ばれるものも、必ずしも必要とされていたわけではなかった
それでも最初の男として歩んでいく姿は本当に感動させられました!!

"白人が月に行くからだ"
"パパは月へ行くのよ"
まずまず
奥さんの役者さんがいい!
しゅー

しゅーの感想・評価

3.4
ファースト・マン観ました。ルイアームストロングをライアンゴズリングが演じるチャゼル最新作。いい映画なんだけど、淡々と140分あるのでラストの打ち上げから月着陸までがちょー眠かったです。観た設備に影響受けがちなのは宇宙映画ではよくあるので、IMAXとかの方が良かったんだろう。
yukke

yukkeの感想・評価

4.0
特別音響上映で。映画館の音響と映像を体感してこそ楽しめる作品。涙や笑いはないが、私は好きだった。

伝記に基づいて構成されたストーリーは、史実に忠実。教科書で習った月面着陸に至るまでどれだけの犠牲があり、アポロ計画を世間や当事者、その家族がどんな気持ちで見守っていたのか、妙な脚色がない分、真っ直ぐに受け取ることができ面白かった。
観客がたったの3組だったので、無音効果も存分に味わえ、臨場感があった。

ニール・アームストロングは本当に冷静で自分の内面を周りにさらけ出さなかった人だったようだが、多くを語らずして、彼の孤独感や突き動かされる熱い想いを、ライアン・ゴズリングが熱演していた。

新しい道を切り拓くことがどれだけ大変か。それでも諦めず歴史をつくってきたのはどんな人たちか。進路を考え始める高校生ぐらいの若者に是非観て欲しいなぁと思った。
ライアン・ゴズリングという人を初めて知ったのはダッチワイフを妻にしてしまう「ラースとその彼女」という映画だったので、率直に言って最近のご活躍は半分信じられない。本当にラースの役は衝撃的だったしなんなら体型からして違うやん! と未だに思ってしまう。まさか「ブレードランナー」や「ララランド」のような映画に出るような人とは……
今作も抱えたブラックな想い、という意味ではちょっとラースに似ているけど、ベースがそもそもカッコいいからな。やっぱりあのライアン・ゴズリングが、という思いを感じながら鑑賞した。

史実なので当たり前だけど、「アポロ13」と同様にやはり人がたくさん亡くなって、うーん宇宙計画って……と思わずにはいられないけど、「アポロ13」同様に、ラースはじめ宇宙飛行士はみんななにかに突き動かされているような描かれ方をしている気がした。オルドリン以外は。あの人なんであんなかんじなのかな……人柄とかよく知らないけどご家族とかちょっと嫌かもね……

「アポロ13」と比べてCGなのかなんなのか、もう実写にしか見えない。15年くらい? の技術力の向上はハンパない。911を生中継で見ていた時は映画みたい……と思ったものだけど、いまもしあのシーンを映画で作るなら現実よりも現実のようなシーンになるんじゃないか。ここまで深化を深める必要があるのかな。映画は映画らしく魅せる、ていうのもアリなのかもしれない。ウディアレンとかはもしかしてそんなふうに思ってたりするのだろうか。

ネジのアップとかやたら入るのも怖い。なんもないんかい! で何度もなった。あとは音。ジェミニ8号が制御力を失って回転するシーンの効果音と、アポロ11号の無音の対比が特に印象的だった。無音は出し惜しみしたくなる。わかる。

最後はバタバタだったけど、心象的には時間の長さはこんなかんじだったろうなぁ。前半がやっぱり辛すぎる。ブレスレットのシーンもそのぶんグッときた。

余談ですが、昨日夜中に「宇宙兄弟」のアニメをBGMにかけて仕事をしていたら、ヒビトが「俺が宇宙飛行士になりたいと素直に思えたのは、アポロの飛行士たちがみんな生きて帰ってきたからだ!」ていうてたけど、いっぱいなくなってるやーん、と思ったりしました……野暮ですね。あ
DamKeeper

DamKeeperの感想・評価

4.0
チャゼルは嫌いだし、チャゼル映画の主人公に共感できないんだけど、映画は良く出来ていて面白いんだよ。ホント複雑な気分だよ。
アポロ11号の船長のインタビューに基づいたお話。
私は非常に楽しめた。が、
「宇宙船マニア」か「あらすじを見て予習した上」で
「映画館」に行かなきゃこの映画は楽しめない。
と思ったので少し点数を低くした。
評価に関わるぐらいそれらは必要。

私は岡田斗司夫さんの生放送で少し予習してから見た。
そしてこの映画を観て心からよかったと思った。
時間を忘れて視聴出来た。
正確な上映時間を把握してなかったから映画館を出てから驚いた。

雰囲気はホラー映画に近く、怖い。
この映画に笑う部分は何一つなく、
ただただ悲壮で不気味な緊張感が終始流れている。
英雄譚のお供である根性や愛や勇気や友情は強く主張しない。
主人公の心踊る武勇伝やNASAのトンデモ実験のシーンに
対する説明は一切なく淡々と進んでいく。

アポロ計画の構想自体は身の回りの事と置き換えられるかもしれない。
言うならばメッセージ性がある不思議なホラー映画。面白い。
Fox

Foxの感想・評価

3.9
チャゼル!!!
yoko

yokoの感想・評価

3.7
宇宙映画は寡黙で静かで眠くなりがちなのだが、ファーストマンは没入感が半端なくて映画館で観て良かったと思える1本だった🌎

チャゼル監督だから、そんな宇宙映画のイメージを打開するために奇抜な音楽演出やカメラ切り替えがあるのかなと思っていたが、とてもシンプルに描いていて偉業を成し遂げることの孤独さや、男たちの内に秘めたロマンがじわじわと時間をかけて伝わってきた。
商業ベースではなく、伝記を見ているような本を読んでいるような感覚だった。

令和になったら、私たちも宇宙旅行できる日が来るのかな…?
ふ

ふの感想・評価

3.0
映画館で見るべき
>|