ファースト・マンの作品情報・感想・評価

ファースト・マン2018年製作の映画)

First Man

上映日:2019年02月08日

製作国:

上映時間:141分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「ファースト・マン」に投稿された感想・評価

Danny

Dannyの感想・評価

3.6
息苦しさが伝わる
moo

mooの感想・評価

3.4
無音空間でバイブ鳴らしたやつしばいたろかと思った
tomo

tomoの感想・評価

3.3
ライアンゴスリングは抑えぎみでいいんだけど、監督の興味が時代考証や描写/撮影に向かっているようです。そのためシーンの長さにところどころ不自然さあり。
乗り込んでからの描写がリアル。
ネジのところが気になったり。。どきどき。

大きなスクリーンで観て良かった、映画と言うよりは宇宙飛行の疑似体験を楽しむ映像。
木木木

木木木の感想・評価

3.6
セッションの方が好きだった
Ryo

Ryoの感想・評価

3.8
人類史上、初めて月に降りたニール・アームストロングのロマンある映画。

セッション、ラ・ラ・ランドどきて今作はあんまり衝撃とか新しい要素なかった。

初期のロケットのネジむき出し仕様が怖すぎる。そしてやっぱり月に降り立った直後の名言はアツい。
かーん

かーんの感想・評価

3.0
2月某日。
宇宙といったらやはりIMAXで、ということでIMAXで鑑賞。
淡々とした、正直言えばつまらない展開で少々眠たくなったと思えば、トラウマ級の映像と音楽でめちゃくちゃハラハラした記憶。
伝記モノなので、宇宙を限りなく現実として描いた今作ですが、やはりインターステラーのような不思議で夢のある宇宙モノが好きですわ
宇宙実録ものは、チームと技術と国家の勝利という図式になりがちだが、本作ではタイトル通り個人に寄り添った。「アポロ13」より「インターステラー」や「メッセージ」に近い。
常に仲間もしくは自らの死と隣り合わせで歩んできたパイロットの仕事。最愛の娘を失いながら冷静沈着にミッションをこなしている。しかしその心中はいかなるものだろう?
今までニール・アームストロングに抱いていた超越したスーパーマンという印象がぼろぼろ剥がれてくる。月に到着した時の、喜びではない、複雑な感情は何だろう?ライアンゴズリングはいい役者だな。
打ち上げ時の迫力とか、アポロ1号のシーンとか、緊迫感は半端ない。宇宙ものに関心があるなら、断然観るべし。ああ、IMAXで観ておけば良かったと何度も後悔した。
>|