ファースト・マンの作品情報・感想・評価

上映館(6館)

ファースト・マン2018年製作の映画)

First Man

上映日:2019年02月08日

製作国:

上映時間:141分

ジャンル:

あらすじ

「ファースト・マン」に投稿された感想・評価

(映画館鑑賞)一言でいうと「人類初の月面着陸まで色々あったよ」って話。
地味。長い。飽きる。全く感動できない。宇宙系もライアンゴズリングも大好きなのに残念。
なつみ

なつみの感想・評価

2.5
寝てしまいました
エンターテイメントではなく史劇です、アームストロングという宇宙飛行士が長女の死を乗り越え、月に着くまでを描いています、すさまじ訓練風景と宇宙体験。映画として面白いかと言われると、時系列に沿って割と淡々と描かれていて、構成の面白さとか大きな盛り上がりは無いです。「アルマゲドン」的な分かりやすい感動を期待するとガッカリする。人類で初めて月面着陸した男なのに、家庭はうまく着地できない。向き合えない。とても人間らしくて印象的。
わい

わいの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

ライアンゴズリングの上質な鼻筋がたくさん拝める
最後のガラス越しの触れ合い、なんかよかったなぁ……
QRP

QRPの感想・評価

3.5
チャゼル監督のこれまでのエモーショナルな作品とは打って変わって、全く感情が表に出ない映画だった。戦後アメリカの象徴、歴史となった一大プロジェクトの実情は決して華やかなものでは無かった。
俯瞰的なショットがほとんどなく、終始クロースアップ映像を多用することで、生きて帰ることが出来ないのではという不安や宇宙船の物理的な狭さを見るものにも感じさせる。
火災事故で仲間を無くした後に全く同じ構図で宇宙船に乗り組む場面が死刑台へと向かう姿に、コクピットが棺桶にしか見えない。
一見何を考えているかわからないし、家族をないがしろにしているようにも見えるので、みんながみんな彼の生き方を肯定しないとは思うけど、あのただ淡々と仕事をこなす姿はカッコいいと思った。息子もきっと誇りに思っているだろう。
久しぶりに静かなるゴズリングを見られて満足した。

2019年9本目
yuko

yukoの感想・評価

3.0
2019.2.21 ユナイテッド・シネマ札幌
IMAX

ドラマチックなものを期待しすぎていたのか、意外にあっさりした印象。
ラストは奥さんだけじゃなく子供達にもいてほしかったな。
静かに進む物語。そこに何があるのかわからない中で期待と不安を感じていた当時の人たちの思いがそのまま映画になったイメージ。
sara

saraの感想・評価

3.8
臨場感とその場に自分もいるような感覚。
月に行くまでの犠牲や時間、
そこに当時の人類の夢を感じた。
Asaka

Asakaの感想・評価

4.3
映画化するにあたって、監督がデイミアン・チャゼルで良かったと心から思う。

ジェミニ計画のロケットが飛び立つ時がピーク。
おかも

おかもの感想・評価

4.2
心臓が痛かった。
何号で成功したのかポルノのアポロのサビ思い出しながら見てた。
これ見た後、宇宙行く映画どれもすんなり行きすぎじゃない?って思えてきた…
>|